徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMC雑記 其の弐

今日はレディースデイなんで
『SEX AND THE CITY』を観てきました~。
超楽しかったです!!!
20代前半で友達に薦められてドラマを観たときは
いまいち面白さがわからなくて全くもってハマらなかったんですが
今この歳になってかなりシンクロしてどハマりで観ちゃってます。
ファッションもインテリアも人間模様も大満喫大満足!!!
公開3週目なのに超満員。凄いぜ。
そしてそんな大盛況のSATCをも上回り続けるDMCの順位!!!
さすがクラウザーさん!!!
NYをも征したのだー!!!

で、帰宅して何気なくWOWOWつけたら
SATCのサマンサとスミスのインタビューやってて
続きはWOWOWのHPで見れるってことだったんでHP見てみたら
サマンサのインタビューは発見できませんでしたが
こんなの発見しました。

→ WOWOW インタビュー

わいが知らなかっただけでしょうか?
ずいぶん前にアップされていたらしいのですが、このDMC合同インタビュー。
インタビュー内容がかなり充実してるのはさることながら
なにこれ
なにこの1枚目の写真。

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

好きすぎるこの表情。

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

っつか細い

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

うわ~~~~~~~~~~~~

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+





好きっ

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+





本日のドエム公式動画に次いで悶絶でした

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

ドエム動画も相~当~やばかった

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

キラキラケンさん

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

キラッキラケンさん

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+





好きっ

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+






あと、先週母と妹とDMC観てきました。
妹はもともと原作が好きなんで観たいってのわかるんですが
何を思ったか母が観たいと言い出したので。←
ちょっと心配でしたが、母大爆笑。
「観客の人達おとなしかったわよね~!
 お母さんもっと笑いたかったのに笑い堪えちゃったわ!」
+。:.゚ヽ(*゜∞゜*)ノ゚.:。+

たしかに試写会の時の大爆笑に比べるとおとなしい感はありましたが
「映画館であれだけ笑い声があがるっていうのは凄い」
と初見の妹が言っておりました。
そしてエンドロールが終わった瞬間後ろの方から
「やば~い!超面白かった~!」
という女子の声が聞こえてきたので
超~嬉しかったです。
+。:.゚ヽ(*゜∞゜*)ノ゚.:。+

もちろん原作好きの妹にも大好評で
「超笑った~。
 松ケンひどい。松ケンやばい」
と言っておりました。
DMC鑑賞以降は姉妹の間でなにかというとべえべえ言ってました。
妹はもう帰京しましたが、別れ際の妹の言葉がこちら。
「じゃあねぇ、べえべえ」
+。:.゚ヽ(*゜∞゜*)ノ゚.:。+

あ~、早く4回目のDMCを観に行きたいべえ。

スポンサーサイト

DMC雑記  

わいが遅い夏休みと称し、家族旅行で
東洋のナイアガラ(in群馬・吹割の滝)を見ながら
「ケンさんは本物のナイアガラの滝写メれたのかな~♪」と
(810タワレコで、モントリオールとトロント行きが決まった時
 ケンさんが「ナイアガラの滝を写メってブログにアップしたい
 みんなに見せてあげたい」
 などと言って会場を沸かせていたから)
のんびりカナダに想いを馳せている間に
何やらDMCがスゴイことになってたんですね!
トロント国際映画祭で爆笑と喝采をさらっただけに留まらず
ハリウッドリメイク!?
マジか~!!
スゲ~な!!
ボックスオフィス世界16位に続き
クラウザーさんはカナダ、アメリカ、そして世界を蹂躙されたのだ!

というか、トロントのケンさんがヤバい+。:.゜=□○0゜.:。+

旅行中に松友さんからトロント国際映画祭でのケンさんの写メが届き
山荘の布団の中で
“魔典”(DMCファンブック)を読みながらまどろんでいた(←)わいは
飛び起きた。
素敵すぎ。

そうそう、8月末には
年に1度のテクノの祭典“WIRE08”に行ってきたんですが
仕事でDISCO TWINS、琉球DISCOは聴けず
CHRISTIAN SMITHからの参戦。
一気にテンション上がって
「フワァァ――――――――――――――――――ッ!!!」
って嬌声を上げながら両手をあげたら
指の形がうっかりメロイックサインになってました(゜∀゜)
いかんいかんとすぐに直しましたがかなり愉快でした。
クラウザーさんがテクノをも征した瞬間でした。
MICHEL DE HEYが渋くてかっこよかった。
あとBEROSHIMAさんは今年も良かった。
で、会場でなんと
Detroit Metal Cityのキャップを被っている人発見!!!
我が目を疑ったね!ここはサマソニじゃねえ!WIREだ!
再びクラウザーさんがテクノを征したのだ―!!!

と、心の中で一人盛り上がる。べえべえ。

それとコンビニで立ち読みしたanが良かった。
ジャギ様が表紙で手にとってみたら
ジャギ様が松ケンのことを語っておられ

「2人で白塗りのまま女の子からスマートに電話番号を聞く方法を話しあったり」

(ΦωΦ)

「白塗りのときの松山さんの唇がセクシーで
 それを松山さんに伝えたら
 『俺はそういう趣味はないからな!』と言われてしまいました」

とか(ΦωΦ)

2人が可愛すぎて死ぬかと思いました。
あと尊敬が増したとかも書いてあったような気がしますが
今日確認しようとしたら新しいanが出ていて確認出来ませんでした〓■●

810のタワレコの時も感じたんですが
ジャギ様といるときの松ケン
なんだかとってもお兄さんに見える。゚+(。゚´д`)゚+゚。
お兄さ~~~ん。゚+(。゚´д`)゚+゚。
竜也さんとの時のように
もっと細田ジャギよしひこくんとセットで何かに出てほしかった。
お兄さん松ケンがものすごく見たい〓■●
DVDに何か2人でいるところが入らないだろうか。

そして今日は今日とて
最終日のDMC展を見に行こうと張り切って仕事帰りにパルコに出向いたところ

「ただいま
展示入れ替えのため
準備中です。」

〓■●

最終日は18:00迄だった罠。

〓■●

我が社の定時は18:30。
間に合う訳なかった。

〓■●


デトロイト・メタル・シティ ドエムキャンペーン@最終地六本木

し…
死ぬかと思った〜

。゚+(。゚´д`)゚+゚。

松ケンかっこよすぎて
死ぬかと思った〜

。゚+(。゚´д`)゚+゚。


...続きを読む

『デトロイト・メタル・シティ』試写会 presented by PARCO に行っての感想

16日に行ってきました。
一ツ橋ホールで行われた、映画『デトロイト・メタル・シティ』の試写会。
731ブラッディカ―ペット不参加のわいは初DMC鑑賞。
その感想は…。















ヴオオオオオオォォォォォッォオォォォォォォォォォォォォォッォォォォォ!!!!!

超おもしれ――――――――――――――――!!!!!

GO TO DMC!!!
GO TO DMC!!!

泣いた。
笑い過ぎで。←

会場全体が爆笑してた。


手放しで面白いって言える!!!!!
笑いの中に見え隠れする葛藤ももちろんよくて
いろんな人におすすめしたいっ!!!!!

クラウザーさんをホクホク立ち読みしてた去年の今頃は
まさか松ケンとクラウザーさんが結びつく日がくるなんて思ってもみなかったわけで。
(去年のわい → 20070804 )

そんでもってまさかの松ケンデトロイト・メタル・シティ主演決定も
原作ファンとしてちょっと心配だったりした時期があったわけで。
(心配なわい → 20071115



しかし映画を見終わった今
もう、なんだろう

ありがとう李監督!!!
ありがとう大森美香!!!
ありがとうGこと元気P!!!
ありがとう全スタッフさん!!!
ありがとう松ケ――――ン!!!


そして
なんなんだなんなんだこの
予想だにしなかったクラウザーさんに対する溢れる熱い想い。
止まらん〓■●


クラウザーさんが

好き

+。:.゚=□○0゚.:。+

...続きを読む

タワーレコード DMC FES'08 プレミアトーク

ちょ―――――――――――――――かっこいい

〓■●

松ケン
ちょ―――――――――――――――かっこいい

〓■●




入場してきた瞬間あまりのかっこよさに震えた。

細い〓■●

黒い〓■●

かっこいい〓■●

そして笑顔〓■●

満面の笑顔〓■●

細いのに腕が〓■●

腕が、腕が~~~~〓■●

腕の逞しさがたまらん〓■●

めったに見れない生腕〓■●

Tシャツだから、見えた〓■●

舞台挨拶の時はスーツだから見えない生腕〓■●

脚が長い〓■●

そして細い〓■●

痩せた気がする〓■●

痩せてるのにしっかりしてる胸と腕〓■●

ギャ―――――――――――――――ス〓■●




そして松ケンが椅子に座った瞬間

松ケン全く見えなくなった

。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。

前の前の人の後頭部と松ケンが丸かぶり

。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。

前の前の人が重心をずらすとたまに見えるケンさん

。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。

スタンディングで場所取りを間違えた悲劇

。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。

何メートルか先に生の松ケンがいるのに

モニターを見なければならいという悲劇

。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。

でもモニターなんて見るのやめた。

たとえちょっとしか見えなくても

たとえたまにしか見えなくても

生とモニターでは、見えてくるものが全く違ったから。

松ケンの気配を感じるだけでもいい

久々に生で拝見したケンさんは

びっくりしすぎるかっこよさだった

〓■●




頭真っ白であんまり覚えてないけれど
以下トークで覚えてること。
と言ってもメモとってないあやふやな記憶。
語尾や細かいところや順番がちょっと違うかもね~ん♪
ニュアンス勝負だよ♪←

◇タワレコは映画の撮影の時にLIVEをやって
 ちんことかレイプとかファックとか言ってたんですけど
 松山ケンイチとしてここにいることがなんか恥ずかしいです。

◇ローサちゃんに問うた松ケンの印象
 「撮影中はクラウザーさんか根岸くんのどっちかだったので
  松山くんと話した印象はなくて(笑)
  話しかけずらくて。
  このタワレコでもスカートをめくられたりとかしましたし。
  そこの楽屋でメス豚と言われたことは凄く覚えてます」
  ヴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ ←
  松ケン撮影外の楽屋でローサちゃんに「メス豚」発言!

◇それに対しての松ケンAnswer
 「前日に遊園地で撮影してたんですけど
  なんかアサトヒデタカとデートとかしてイチャイチャしてるし
  それがムカついてて
  で、ここでのパンツが見えるシーンでも、パンツを確認してたんですけど
  ひよこのついたパンツを、
  監督とかにパンツ見せてきたとか言うし、
  それで、なんだよ!誰にでも見せるのかこのアバズレが!メス豚め!
  っていう、僕の気持ちが、それまでの気持ちと一緒に
  その時に全部出ちゃったんですよね」
 “僕”の気持ちなんかい!!!

◇「それで、今だに謝れてないんですけど」
  「どうしたらいいんだべ」←
 と監督に確認するような視線をなげかける

◇今謝れば?という会場の声と司会の声におされ
 ローサちゃんと向き合って
 「メス豚とか言ってごめんなさい」と謝るも
 視線を合わせたり外したりのケンさんがとってもケンさん。
 「全然大丈夫」という寛大なローサちゃん。
 ちょーかわいい。
 すげーかわいい。
 顔ちっさ~~~い。
 松ケンは見えないがローサちゃんは丸見えの位置だったので
 ローサちゃんガン見のわい。

◇若杉先生の松ケンのクラウザーさんの印象
 「普段はクラウザーって言ってるんですけど
  思わずクラウザーさんって、さんづけしてしまいました。
  その位凄いです。
  怖いです。」
 的な。
 感無量。

◇若杉先生が着てたTシャツはカヒミカリィとDMCのコラボT。
 ちなみに若杉先生の登場はサプライズであるわ!

◇若杉先生以外の人はみんな根岸T。
 なんとそのTシャツは
 松ケンがみんなにプレゼントしたものだと李監督が教えてくれた!
 制作はなんとLTシャツに続き牛田ホラエ氏〓■●

◇しかし若杉先生はそれを着ず、あえてのカヒミ。

◇なんで若杉先生はプレゼントのTシャツを着ないんですか
 という司会伊藤さとりさんのつっこみに
 「やっぱりここはカヒミさんも大事じゃないかと」みたいなことを言う若杉先生。
 松ケン「カヒミは根岸君の憧れですし」のフォロー。

◇松ケン曰くの根岸T
 僕のスタイリストさんが勝手に作ってきて
 これ着ろっていうから着たら、なんか評判良くて。
 パクリなんですけどね。←
 この他にも何種類かあるんですけど全部パクリですからね。←
 オリジナリティねえな~と思ってましたけど。←

◇愛ある牛田氏いじり〓■●
 
◇そういえば友達が会場で牛田元さんを発見していた!
 なんか嬉しいぞ!

◇李監督
 「松山君これ、くれたのは嬉しいんだけどさ
  生地が薄くて乳首が透けるんだよね。←
  触ってみてよ」←

◇触るかな~、つまむかな~、
 と思って見ていたけど
 やっぱり触らなかった。
 うん。だよね。
 DMCの撮影中なら触り倒してたかもしれないけど
 今カムイだから。

◇クラウザーさんとか根岸君とか言ってくれても
 今自分の気持ちがそこまでいけなくて
 答えられなくてごめんなさい
 的なことを言っていた。
 会場にはクラウザーさんが公開処刑したあの信者さんも
 エキストラ常連のDMCファンの方々もたくさんいて
 明かにその存在を確認できている松ケンは
 クラウザーとしてそこにいられない自分に
 彼らに応えてあげることが出来ない自分に
 きっとジレンマを感じたのではないかな~
 と思った。
 勝手な想像だけど。
 カムイの撮影中であることを知っているが故に
 そういうときは他の役に入れないということを知っているが故に
 胸がギュウギュウギュウギュウした瞬間。

◇若杉先生がボソボソといろいろ面白すぎた。

◇大抽選会タイム
 松ケンが立った!
 松ケン見えた!
 ちょ―――――――――――――――かっこいい〓■●
 スラ――――――――――――――――――ッ!

 スラ――――――――――――――――――ッ!としてる松ケン〓■●

◇まさかのジャギ様登場〓■●

◇ジャギ様、というか細田よしひこ君は沢井スペルマン李監督が
 「ご飯食べよう」とか言って誘いだしたらしい。
 待ち合わせはタワレコ、とか言って。
 完全にサプライズ。

◇完全にサプライズのジャギ様の登場はケンさんも知らなかったらしく
 笑っていた、そして檀上のマイクのないところで普通に話し始める2人〓■●
 自由すぎる〓■●

◇自らドンキで買ってきたというクラウザーさんのお面で
 顔を隠しながら抽選会の賞品を手にして登場した細田君。
 お面を取ったら顔と髪の毛が汗だくだった。
 いい奴~!!!

◇というかそのお面はジャギ様自らが取ったのではなく、
 ローサちゃんがひっぱって取ったんだが
 監督が「加藤、お面とれ」と命令していた。
 李監督が「加藤」とか「松山」って呼んでるのがなんかよかった。

◇李監督が物凄く面白い人だった。

◇李監督は物凄く面白い上に、物凄くいいことを言う。

◇李監督の最後の言葉が印象的。
 確か、スタッフもキャストも楽しんでいる現場だった
 っていう話をしていたと思う。
 その流れの中で
 「あまりこういうことは言わないんだけど
  エキストラの人は知ってると思うんだけど
  信者と走るシーンでクラウザー吐いてるんだよね。苦しくて。
  それでも楽しいっていう
  そういう現場だった」
 それをうつむきがちにはにかんだ様子で笑いながら聞いているケンさん。
 ぐわあぁぁぁぁぁぁぁっ

◇そういうことを自分から言わない松ケンが好きすぎると思った。

◇そして楽しかったんだな、と思ったら凄く嬉しくなった。

◇松ケン最後の言葉
 「自分にとって凄く大事な作品になりましたし
  ちんこカットとかもしましたし」
 本日2回目のちんこ発言に異常にウケてしまい、
 詳細を忘れてしまった残念なわいの脳。

◇監督、キャスト、スタッフ、エキストラのみなさんのおかげでできた映画
 というようなことを言っていたと思う。
 
◇帰りぎわにさりげなくメロイックサインを掲げて帰っていった松ケン




ちょ――――――――――――――――――かっこよかった〓■●


あとで前の方の座席に座ってたお友達とお喋りしたところ
他の人が喋っている時に
ちょっとうつむいて座っているケンさんの
横顔
鼻筋
が見えた時がもの凄く驚異的に素敵だったらしいんだが
わいには全くもって見えなかった。
しかし見えなくてもそれがどれだけかっこいいのか想像することはできた。
だってすっごくかっこよかったんだもの、正面のケンさんも〓■●


伝わっただろうか

ケンさんのかっこよさ〓■●

ケンさんの素敵な様〓■●


...続きを読む

デトロイト・メタル・シティ ドキュメントDVD 松山ケンイチ×クラウザーⅡ世×根岸宗一 

ぐわ――――――――――
―――――――――――
―――――――――――
―――――――――――
―――――――――――
っっっっっっっっっっっっっ!




もうダメこの人

好き過ぎる。


ダメだこりゃ本当に。

なんだこれはこのDVDは。


淡々と面白いケンさんとか
すごい面白い撮影風景とか
可愛すぎるいろいろとか
超――格好いいクラウザーさんとか
そんなのがいっぱいいっぱいいっぱいあって
感想は奇声だらけになりそうだぜ

とか思ってたのに。
そしたら。

監督と役をどうつくっていくか話てるところとか
メイキングカメラのせいで集中が途切れてしまったところとか


もうそういうの見たら

もう好き過ぎて無理。

大好きすぎる。

ダメだ。

こんな風に役に入っていくところ見せられたら

胸が大変にギュウギュウである。

非常に大変なドキュメントDVDであった。


そして最後に

シークレット(?)LIVEで

クラウザーさんが

非常にクラウザーさんを楽しんでおられる姿が

とても輝いて見えた。

素敵だ。



家宝決定。



好き過ぎる松山ケンイチ。






...続きを読む

Rolling Stone 日本版 NO.16

ププ~~~~~ッ!!!

ちょ~笑った!!!

即買い!!!


前に恥ブログで「笑える」って煽られてた『ぴあ』が
何故か自分的にはそれほどでもなかったことを今告白します。←
なので、同じく恥ブログに「結構笑える」
と書いてあった今回のローリングストーン、
あまり期待しないようにしておりました。
が!

やべーーーべぇべぇべぇ!!!
こりゃ笑ったわい!!!
結構どころじゃなく
心の底から!!!

こんな仕掛けをするDMCスタッフのセンスに
メルシーボークゥ(°∞°)b♪

あえて詳細は書きません。
自分でめくってみることをおすすめします。
つか、ローリングストーン日本版て初めて手にしたんですが
ウォシャレ雑誌なんすね。
そんな雑誌に載っちゃうなんて、‘彼’大出世じゃないですか。
Ψ(`∀´)Ψウケケケッ

外園誠の声といい
最高すぎるなDMC!!!
早くDMCが観たーい!!!
観たすぎるーーーーー!!!


...続きを読む

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。