徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWITCH SEP.2008

SWITCHのポスターが
予想してないデカさだった



+。:.゜=□○0゜.:。+


大きい上に
あの表情と
生えかけの胸毛をさらけだす自然体。

+。:.゜=□○0゜.:。+

好きすぎて本気でポスター貼りたいと思った。
Lのポスターすら貼ったことないっつうのに。


松山ケンイチ
光跡


表紙のクオリティーから期待はしていたけども
全てが期待以上であるSWITCH。
本誌のあの笑顔は演技なのか本物なのかわからないけど
好きすぎた。
目を細めている表情が
クラウザーさんが入ってるからなのか眩しいだけなのかわからないけど
好きすぎた。
あんまり見たことない表情がたくさん。

+。:.゜=□○0゜.:。+


松山ケンイチ
幸せな役者


インタビューも長くて良かったです。
初めて聞く話も多かったし
松ケンの言葉が多くて充実。
それと

意味は求めない。
自分は介在させない。
その上で役に徹し、しかし自分の納得いくまで創意工夫を凝らす。
松山の姿勢は一貫している。

っていう文章に凄く納得しました。

以前に読んだCutのインタビューで松ケンが
「その役を借りて自分のメッセージを伝えようなんてしたら
何も上手くいかないっていうことがわかったというか。」
って言ってたことがあって。
それを読んだ時はLについて色々考えていた時だったから
はたして本当にそうだろうかとモヤモヤしていたんですが
それが進化した結果が上記の姿勢になったんじゃないかな
と、1人納得したわけです。

あ~良かった~、SWITCH。
松ケンパートもよかったし
クラウザーさんも根岸も若杉先生もよかった。
松ケンファンであり、DMCファンであり
マンガというカルチャーが大好きな自分。
大満足な1冊。

ホラエSWITCH+。:.゜゜.:。++。:.゜゜.:。+
スポンサーサイト

COOLTRANSRollingStoneSPURspoon.

COOLでTRANSなケンイチさんがやばすぎた。
プロフィール画像変えたわ!!!

それからRollingStoneが今までの雑誌をぶっちぎってしまったかもしれない。
買ってからだいぶ時間は経過してるのにRollingStone熱が全く下がらない。
超好き。
ヤバい。
ヤバすぎる。
好きすぎる。
好き過ぎて。
たまに眺めたまま眠ってしまうので危険。
危機管理でついに2冊目を買った。←

SPURも開いた瞬間ドキドキしてしまったし
spoon.の写真もインタビューも良かった。

もう7月の雑誌は豊作さんで
どうせ迷ったって、買わなかったらあとで後悔するから全部買ってる。

で、上記4冊に共通してるのが
写真もインタビュー(記事)も良いということ。
どっちも良いってなかなかないのに
invitationから始まって
良すぎるのが多くて全く追いつかない書くのが〓■●

あああああ、松山ケンイチ好き過ぎる。
雑誌さんたちありがとう。

Cut No.230 新装刊号

わっ

わあああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああっ!!


〓■●コロン


かっこよかった。
かっこよすぎた。

松山ケンイチ

って感じがした。
ううううううううう。
これが今の松山ケンイチなんだって気がした。
全てつまってるみたいな写真だった。

ほくろはもちろんのこと
毛穴までハッキリ見える。
胸のモヘモヘしたものも見える。
しかしそれがいい。

ただかっこいいっていうんじゃなくて
内面も外見も

松山ケンイチありのまま

まっすぐみ見据えられて
動けなくなりそうです。

非常~~~にヤバかった。
インタビューもよかったです。

Men's JOKER 2008.5  訂正アリ

ちょこっと旅行に出掛けておりました。
更新できずにすみませんでした!
しかし、旅先のコンビニで
しっかりMen's JOKERは購入しましたとも!


“ああいう人がいるから希望が持てる”

と思われる人間になりたいです、

自分は


また名言が出ました。
名言っていうか、
本当に、そういう人間だと思います
ケンイチさんは。
ケンイチさんを好きでいて
ケンイチさんの言葉やメッセージに触れると
自分もちゃんと生きなきゃって思うし
ケンイチさんが
グルグルしたり
面白かったり
文章を書いたり
日々感じたことや
対談や映画で吸収したことを反映して
意見が変わったり、と
葛藤しながら前に進んでいく姿は、
こういう人がちゃんといるんだ、と思える姿は、
すでに私の希望です。

葛藤を重ね、
自己をみつめ直す“松ケン”の進化は
まだまだ止まりそうにない

と言う文章で締めくくられているインタビュー
すっごく良かったです。
これ書いてる人、ケンさんのファンですか?
っていうくらい他誌からの言葉を引用しておられてまして
真剣にケンさんを追ってくれているんだな~
と思いました。
DMTって書いてるけど(笑)
誤字(笑)
でも、それでも凄く良い記事でした。

写真も良すぎた。
コンビニで表紙見て倒れそうになりました。
さらに、中開いて寝そべってる写真見てて
腰の肌が見えてるのに気付いた時は
フスーーーーーーーーーッ!!!
となりました。
ドキドキドキドキ。
あと、右手の手首になにやら跡がついてるのにも
謎のドキドキ感が生じました。

白いベストの全身ショットは
ケンイチさんの腕の逞しさや
憂いを帯びた表情の素敵さよりも
まず
「服、若けぇっ!」
と思ってしまった自分のファッション感覚の衰えが
残念でなりません。
しかもケンさんは本当に若いのだから
全くもっておかしいことはないというのに
「松ケンがすげ~若い服着てる~」
と何故か思った自分、かなりひょっとこ。

がしかし
その全身ショットも含め、
写真もインタビューも本当に良かったです。
映画誌やカルチャー誌とかじゃなく
メンズのファッション誌なのに凄く内容が濃かった。

1年くらい前のCOOL TRANS3月号で表紙になった時も
ファッション誌なのに凄く濃いインタビューで
メンズファッション誌侮りがたし!!!
と思ったのを思い出しました。
ちなみにその時ズギャーンと私の心を打ったのは

「悲しみがあって喜びを感じる、
 喜びがあるから本当の苦しみを知っている。 
 そいういうふうに、どっちもちゃんと感じながら生きていたい。
 中間の立ち位置でバランス良く、
 ということではなくて、
 両極端な感情の中で常に翻弄されながら生きていたいんです」

というケンイチさんの言葉です。
あれから1年か~。
あああ、COOL TRANS久しぶりに読んだけど
やっぱり凄いな~、ケンイチさんは。

好きだ~。

 

...続きを読む

T. 創刊号

〓■●〜〜〜+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●〜〜〜+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●〜〜〜+。:.゜=□○0゜.:。+

本日12回目か13回目の『L change the WorLd』を観に行き(←)
その帰りに丸の内の日劇でT.を購入しました。
まだあるか心配でしたが、売りきれてたのは松潤Ver.で
松ケンVer.と加瀬亮Ver.はまだ大丈夫でした。
で、夕飯に入ったカフェで開いてびっくり

「ぷす〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!」

+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+

ページめくるたびにテーブルにつっぷしてました。

+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+

手!とか
泣いてる顔が綺麗だ、とか
画面に見入ってる表情とか
陽の光の中ベッドで寝転がってる感じとか…

「ぷす〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!」

+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+

全部好き。

しかも、帰宅してから読んだインタビューが
すっごくすっごくすっごく良かった!!!!!
このインタビューほんといい。
ちょ〜いい。

撮影=平間至
取材・文=門間雄介
はい!
CUTのお二人じゃないですか!
だからか〜!
ちょ〜納得!

T. やられました!
お見事!

+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+
+。:.゜=□○0゜.:。+


...続きを読む

jnude 2008 1/24 vol.41

ジェ、ジェイヌード…
好き。


確か配布日は明日だと思うのですが
本日なにげに入ったカフェで思いがけず入手!!!

素敵すぎて、思わず写メってプロフィール画像変えてました。

jnude.jpg
↑こいつ表紙。
先日の舞台挨拶に続き
松ケン×細身のスーツはやっぱり最高じゃー!!!と再々確認。
(と言いつつ足をいれてなくてごめんなさい)
本当は中の写真も物凄くいいのですが
2つ折りで積まれていたので丁度顔のところが折れて…。
でも、写真すごく綺麗です。
インタビューもすごく良くてjnude様様です。

「もういちど初恋をしました」

から始まり、
松山ケンイチがいかに永作ユリの虜かというおなじみの話ではなく
みるめの恋についてちゃんと話していてベリーグッドです。
その他、“役とぼく”についての話もよかった。
確か関東圏のフリーペーパーだと思うので下記に一部抜粋。

「とにかくまずはやってみることで、
 うまくいってもいかなくても得ることがあります。
 やってみることで、ぼくは確実に前に進んでいる。
 そう思えた瞬間にネガティブな考えはいっさいなくなります。
 そんな今の自分が好きだし、しあわせなんです」

「いただいた役は、ぼくにしかできない役にしたい。
 だから自分のすべてを使います。
 ただ人生のすべてを役に注いでしまったら、
 ぼくの人生はなんだったんだろうということになってしまう。
 だから役者であるまえに人間だっていう思いもちゃんともっていたいです」

...続きを読む

CINEMA SQUARE vol.16  とジャンプ  とシネコンウォカー

ホー!!!!!

ラー!!!!!

エー!!!!!


CINEMA SQUARE ホラエ!!!!!
薄眉伝説もそろそろ山場を迎えた様です。
松ケンめちゃめちゃかっこいい!!!!!
ヒィィィ-----ッッ!!!!!
超ツボ超ツボ。
表情が超ツボ。
視線が超ツボ。
このお洋服が超ツボ。
この椅子の張地が超ツボ。

CREAの抱きしめたい男たち!(私物の下駄で登場)
の時もこの椅子だと思うのですが。どうでしょう。
あれも下駄×クラシックな張地の組み合わせに完全KOでしたが
今回のCINEMA SQUAREもかなりきておる!!!!!
個人的に超ツボった!!!!!
ワホ~イ♪ワホ~イ♪

あと、インタビューがいいです。
私、最後の23日を描くなら、the Last nameの
最後の笑顔に繋がっていくLの変化を丁寧に描き出さないと意味が無い
って思っているのですが、
松ケンがそれをどう捉えてどう考えLを創り上げていったのか
かなり深く長く語られていたので、
今まで「松ケンとちょっとLの解釈が異なる時があるかも」
と思っていたのも
そんなことは全部置いといて
とにかく松ケンが創り上げたLを待とう!と。
とやかく言わずに松ケンのLに身を委ねよう!と思いました。
まったく良いインタビューでした。

そして満足のインタビューを読み終えると、次のページに
撮影の合間に福田麻由子ちゃんと談笑するLの姿が!!!!!

〓■●
       〓■●
               〓■●

そして、笑顔の2人に挟まれてるBOYが可愛すぎる。
いい仕事してるよCINEMA SQUARE!!!!!
ホラエ!!!!!

あとね、ジャンプを探して三千里。
何軒も本屋行ったけど売り切れてて
泣きそうになりながら最後の本屋の隣のコンビニに行ったら
あっさりあった! しかし
「あれ?この表紙のルフィさんなんか見たことあるな~」
さらにジャガーさんの裏のLを見て
「ん?これも見たことが…デジャヴ!?」
まあいいやと深く考えずに購入して帰宅すると
既に買ってありましたよ。
月曜日に速攻買ってたらしいんですがすっかり忘れてました。
大丈夫でしょうか自分。
2回応募できちゃうぜ。

あとレディースデイだったのでまたチネチッタに行ってきました。
シネコン、上映する映画の種類によって予告が異なる模様。
今日観たのは『迷子の警察音楽隊』だったのでミニシアター系の予告が多く
先週目撃したLの予告はありませんでした。
やっぱり大作の予告は大作でやるんですね。
でも無事シネコンウォーカー貰えました♪キャ~
こりゃかっこいい~!!!!!
フリーペーパーホラエ!!!!!

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。