徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その5分前 或る夜の出来事

タ、タカシ------------------------

今日はその5分前の再々放送でしたね。
本放送は間違えてSPで録画してしまい涙をのみ
再放送はばっちりXP録画
今日はHD/SDで録画しました!
ありがとうNHK!
受信料ちゃんと払ってるよ!

にしても…
ハァ~、タカシ
なんでそんなにロックテイストなんだ。
なんでそんなに罪作りなんだ。
落としたビデオを拾って渡すまでの表情。
あれ偶然?計算?
とにかくズキュンですよ。
あとあと
「じゃ、店閉めちゃいますね」
って、ズキューン

話も面白い上に5分というコンパクトさ故
もう何回見たかわかりません。
わからないけど、いつ見てもズキュン

原田知世さんもかわいいですしね~。
松ケン作品の中でもかなりのお気に入りです。
このお話を作ったマギーに感謝。

マギーと言えばジョビジョバ。
昔やってたジョビジョバの深夜番組のコントで
工事現場のおじさん達が休憩時間に訛りまじりで映画談議をする
っていうのがあったんですけど、それが超面白かった。
マギー等が演じるドカジャン着たおっさん達が
「ハーヴェイ・カイテルがよ」
「スモークな」
とか言ってるんですよ。もうギャップに爆笑。
マギーって凄い映画好きなんだろうな~って思ったのを
その5分前の、映画のタイトルと心情をリンクさせる手法で思い出したんですよね。
DEATH NOTEじゃ出目川ですけどね。
松ケンに、「本当はコレくらいでした」って身長ネタにされてますけどね(笑
今でも舞台やドラマでジョビジョバの人を発見すると
「あっ!」って思います。

あ~、も1回『その5分前』見てから出かけよっと。
ルルルン♪
スポンサーサイト

しんちゃん

以前に松フリさんのところで紹介されて知った清塚信也さんのブログ。
最初は松ケンの話が載ってるよってことで拝見しにいったんですが
なんだかとっても好きになってしまいました。
ブックマークしてチョコチョコ通ってます。
文章がうまいだけでなく
音楽家として、人間として、色んなことが綴られていて興味深いです。

こんなに素敵な人と松ケンは親友なのですね。


2007年4月23日の きせき~神童より~
 

を読んで、また強烈に『神童』を見に行きたくなりました。

二人は、馴れ合いで一緒にいるのではなく
お互いにとって本当によい刺激を与える関係なんでしょうね。
…素敵。

これからもしんちゃんのブログは通ってしまいそう。


清塚信也さんのブログはこちら → 清塚信也 OFFICIAL BLOG


ブログを改善

29日のアクセス数がいつもより多い!
これはGWでみなさんうかれているのでしょうか?
ありがとうございます(ペコリ

ということで、少しでも快適にしようと
右側にカレンダーとメール送信フォームをつけてみました。
是非ご活用くださいませ♪

あと、プロフィールに画像を載せたいのですが
‘プロフィールに画像を使用しない’という文字が出てしまい
悪戦苦闘中。
なぜだ…。
写真を載せられないテンプレートなんだろうか…。

いつか忘れた頃に画像が載るかもデス。

あいさん・いちごさん・かをりさん・まゆさん・ゆずこさん・emさん

【渉のモエ休み】の渉さんよりバトンを頂きました♪
かなり前にもらったのに、
毎日発生する松ケン情報をついつい語りたくなってしまうため
バトンのアップが遅くなっちゃいました。
私って、こんなに松ケンが好きだたのね…イタイわ…
という結果になりました。モケッ。
20000HITしたことだし、自己紹介も兼ねて続きへアップします!

タイトルの意味はそこに!


...続きを読む

TVぴあ No.494

20000HITしました。
ワキャ!
ご覧頂いているみなさま、ありがとうございマ------------ッッックス!!!

さてさて、TVぴあ。
巻頭グラビアはロボなのに物憂げなケンイチさんです。
好き
インタビューも短いけど良かったです。
セクシーボイスアンドロボの記事では
あのへっぴり腰での全身モモヒキ姿がっ!
アップリケもしっかり写ってます!
キュキューーン
待ち時間にナゾの体操したとか、ウロウロ歩き回ってたてたとか…
普段TV誌はあまり買わないのですが
も~ぅ、こいつは購入してしまいましたよ!

しかも、ニュータイプな衣装というロボの衣装解説では
ロボの通勤スーツがコムデギャルソンと判明!
だから金ないのか~、ロボ。
さらに、あのおしゃれだかダサいんだかわからないベストのコーディネートも
アンティークやヴィンテージものばかりらしい!
だから道端の草食うのか~、ロボ。
そういえば記者会見のとき松ケンが
「靴下はギャルソンやヴィヴィアンです」
って言ってた(笑
あのロボの衣装はチャップリンを意識しているそうで。
‘おどけた強烈なキャラでありながらシックでおしゃれ’
という松ケンの着眼点に衣装さんも感心したそうです。
そういえば一時期チャップリンの話いろんなことろでしてましたね、松ケン。
なるほど~。

あと、筋トレはその鍛えた肉体を披露するためではなく
ロボと同じ気持ちになるために続けているそうです。
…えっと…
ロボが筋肉自慢という設定すらドラマ本編ではまだ出てきませんけれども…。
いや、私は知ってますけどね、ロボが筋肉自慢だっていう裏設定。
松ケン中毒ですから。
でもドラマしか見てない人は知らない訳で。
それなのに筋トレし続けてるって
松ケンはいつだって真剣なんですね。
あのへっぴり腰ポーズも細かく確認して本番に望んだそうで。

好き

妄想@舞台

某劇団の舞台を見に行きました。
差し入れにデカダンス・ドュ・ショコラのチョコレートインデックスを買いに
マークシティーに行ったらば
なんと、その日に限ってデカダンス・ドュ・ショコラが臨時休業じゃないですか…
おぉぉ~~~~い…_| ̄|○

でもいいです。
マークシティーからFoodshowに行く途中でコレみつけたから!

20070426155541.jpg

見たことある画でも、不意打ちで発見すると本当に嬉しいもんです。
ホクホク。

更に、その舞台がめちゃくちゃ相当かなり面白かった上に
「ままま、松ケン?」
と目を疑うくらい松ケンに似ているミラクルな役者さんがいらっしゃったのですよ。
ウホッ☆
もともと面白い舞台な上に、そんな人がいたらテンションマックスですよ。
見終わったあとに妹に
「○○さんてかっこよくない?」って言ったら
「いや、お姉ちゃん好きそうな顔だな~と思って観てた。
 っていうか、L? 
 Lに似てたよね」
やっぱりーーーーーーー!!
ちょっとそれは言いすぎかと思って控えてたんですが
松ケンファンでもない妹が言うなら間違いない。
その役者さんは役柄上アイメイクを施していたんですが、
アイメイクしたからって誰でもLになれる訳じゃないですから。
いやはやびっくり。かっこいい。

でもね、アイメイク取った通常の顔はLにも松ケンにも似てないんですよ。
なんという不思議。

そして思った。

松ケンもいつか舞台に出てくれたらいいな、と。

前々から出て欲しいと思ってはいたんですが、
松ケンはやっぱり映画俳優であって舞台はちょっと違うかも、って思ったり、
まずは映画という世界で松山ケンイチを確立してほしいと思ったり。
でも今回舞台の上でダイナミックに生き生きとお芝居をする松ケン似の役者さんを観て
‘松ケン@舞台’への思いが募ってしまいました。
ロボのテンションは結構舞台向きなんじゃないかと思うし。

やっぱり生の迫力って凄いです。
すぐ目の前で繰り広げられる躍動感あふれる動きを観るとオワーッってなります。
感情が、ブワーって!
蜷川幸雄の『天保12年のシェイクスピア』を観た時に
舞台ってこんなに面白いものか!と、もの凄い衝撃が走りました。
大人計画の舞台を初めて観た時も、蜷川幸雄とは違う衝撃がありました。
映画と舞台のお芝居は少し違うものだとは思います。
映画にはないものが舞台にはあるし、舞台にはないものが映画にあると思います。

だからこそいつか、
舞台の上でお芝居する役者・松山ケンイチを観てみたい。


…できれば蜷川幸雄で。



セクシーボイスアンドロボ Voice3お歯黒女

サッッ

ッッサッッッ


わは~


ハァ~
ひゃ~くま~んえ~ん



ひゃ~

ロボ可愛すぎるぜっ!!!!!

しかもキモ過ぎる。
コーヒーの匂いをかぎながらのくだり
キモ~!
(* ̄m ̄)ブプッ
うま過ぎでしょ、演技。

ハッ!…逆にそこまでやるから視聴率が伸びないのか?
…3話も視聴率が芳しくなかったようで…。

ロボ、可愛さとおかしさとキモさのスペシャルミックスで
私はとっても好きだし
ロボというキャラはそれで確立されてると思うんだけど
なにしろ‘かっこいい’部分が少ない。
毎回一瞬だけ‘かっこいい’時があるんだけど
それっぽっちじゃ女子のハートはつかめないのか?
ちなみに今週だったら香椎由宇さんを追っかけて転んだ時の表情と
「もし良かったらですけd…
もしよかったらですけど、僕とアイスミルク飲みに行きませんか」
の前後の表情がかっこいい。
(かっこよさと状況のギャップがおかしいんですが)
やっぱりかわいいだけじゃなくてかっこいい部分も必要なのか?
視聴率確保のために
松ケンの本来のかっこよさを!!
全国のお茶の間に!!

昨日、妹のお友達の男子が
『セクシーボイスアンドロボ』を毎週楽しみにしているという
とっても嬉しい情報を耳にしてウキウキだったんですが。
その男子は映画マニアで
洋画も邦画も半端ない数を観ている人なのです。
やっぱりそういうコアな層には人気があるのね、セクロボ。
「でも、ああいうドラマってやっぱり人気出にくいのかな。
 ちょっと暗いとこあるし。
 凄い面白いのになんで鬼嫁に負けてるのかさっぱりわからない」
とのこと。
ホントだよっ!
やっぱり松ケンがキモ…(自粛)

あ~、こんなにオチャメで可愛いロボが満載で
こんなに面白いお話なのに!
ニコだってあんなに可愛い!
今週も浅丘ルリ子の台詞にやられました。
林家がいい味です。

どうか打ち切りになりませんように!!(切実





神童 レビュー ちょこっと改稿

うぅ~
レビュー書いてみたんですが、言葉にするとなんか違う…。
いいシーンも好きなシーンもいっぱいあります。
でも私の言葉では表現しきれない…
いや、言葉で表現できたら映画はいらないわけで…
是非観てほしいと思います!



【ネタバレなしレビュー】

うたとワオの関係がとてもいいです。
うたとワオの間に流れている空気がとてもいいです。
こういう関係って実際あるのかな…。
わからないけど、ありそうでいてあんまりないと思う。
ありそうでないことを
ありそうだと思わせる芝居って凄いと思う。

『神童』について「空白が多い」と常々松山さんは語っていましたが
本当にその通りで
その空白と、空白の間に流れる音楽がいいです。
空白によって生まれる流れがいいです。
感動シーンで音楽がバーーーーン!とか
ドーーーーーーーーン!とかっていうのは無い映画です。
静かです。
そして映像が綺麗です。
演技も大げさな感じはなくて、自然です。
映画全体の佇まいが静かでゆったりです。
それが好きです。
観終わったあとに、幸せといえばいいのか…
なんともいえないいい空気が自分の中にも流れます。

連弾のシーンがとても好きです。
二人の表情とそこに流れている空気。
この映画の肝です。
そこにうたとワオの全てが詰まっています。

松ケンは珍しく本当に普通の人の役で、しかも自然な感じの演技で
言葉がぞんざいな感じとか、凄く良かったです。
もちろん熱情を弾いてる演技とかもすごくて、
改めて松山ケンイチの役者としての魅力にヤラました…。
自分の指を見つめるところ、凄く好きです。

余談ですが、清塚信ちゃんの演技がうますぎてびっくりしました。
超嫌味なヤツ~!(笑
そして信ちゃんがかっこよくてびっくりしました。
写真で拝見していた時はポヨっとしたイメージだったんですが、
動く信ちゃんはシャープでした。


【ネタバレあり、っていうか松ケンLOVEポイント】は続きにおいておきます♪


...続きを読む

神童 初日舞台挨拶@シネマライズ レポ 追記アリ

舞台挨拶レポです!!
速さ命なので、ところどころおかしなところは目を瞑ってくんちぇ。

9:10~上演後舞台挨拶の回
1Fの真ん中


向かって右から
イーゼルにのったポスター、西島さん、松ケン、成海璃子さん、萩生田監督、司会の順で登場。

もうこの時点で私は1回死亡です 〓■●
そして凝視。

登壇後の松ケンは目を右に左に2Fにとキョロキョロさせて会場をすみずみまで見渡している様子。
いい人だな~。 

松ケン、マイクのスイッチを入れ忘れて笑いを誘う。
そのあとも喋るたびに音量が小さくてマイクを気にしていたけど
多分マイクと口の距離が遠いだけだと思う(笑
他の人は普通に喋ってたから。

お互いの印象とか映画については雑誌で読んだことある内容だったと思います。
すみません、詳細が思い出せません。
成海璃子さんが異常に可愛いということと
西島秀俊さんがめちゃくちゃかっこいいということと
萩生田監督の雰囲気が素敵だな~、ということと
松ケン、やっぱりロボの髪型なんだ(笑
と思ったことは確かです。

撮影中にしんどかったことは?という質問に対して
「ポスター撮影をしたんですよね」
と、松ケンが言うと、監督が凄い笑ったんです。
「ポスター撮影を、わざわざホールを借りてやって」
と松ケンが言うと、成海さんも思い出したように
「やったやった!」と笑っていました。
「クランクアップの何ヵ月後かにやったので、一生懸命ワオのイメージをひねり出してやったのに
 このポスター(と西島さんの横にあるポスターを指さして)撮影中に撮ったやつなんですよね(笑
 ちゃっかり撮影中に撮ったやつ使ってて(笑」
監督が
「パンフレットで使ってます」
と言ってました。
多分パンフのプロフィールの写真がそれじゃないかと思います。
他の写真と明らかにトーンが違うから。
やっぱり違う時期に撮ったやつってわかるものですね!

監督の松山さんのイメージはGyaoでも語っていたお話。
「2.3回くらい会ったある日、とってもダサいチェックのシャツを着てきて(笑
 おしゃれなのに、どうしたの?って聞くと
 マネージャーさんに浪人生らしい格好でと言われたので着てきましたと言っていて
 とても素直なんだな~、と思いました(笑」
司会の方が
「松山さん、覚えてらっしゃいますか?」と聞くと
「覚えてます。チェックのシャツが半袖で、(この辺よく聞き取れなくてうろ覚えです)
 長かったらいいのにと思いながら行ったら
 ドン引きされました(笑」
 
で、フォトセッションがあり、最前列の左右のスチールのカメラに視線を送り
その後、客席後方のムービーのカメラへの視線になった時、司会の方が
「すみません、手を振って頂けるとわかりやすいです」
というような事を言ったんです。
多分カメラ位置がわからないので、カメラマンに対して言ったんだと思うのですが
しばらく普通にカメラに視線を送っていた松ケンがいきなりキョロキョロしたかと思うと
自分を指さして、俺?見たいな感じで司会を見たんです。
会場も登壇者の皆さんもそんな松ケンに笑いを隠せません(笑
司会の方も面白くて
「あ、じゃあ皆さんも手を振って頂くといいかも」みたいな感じで
松ケンだけカメラに向かってゆる~く手を振ってました(笑
可愛いぃぃぃぃぃ
蒼き狼みたに「ホラエ~」とかなかったですけど
それはそれでかわいい松ケンでした

マイクが1本しかなくて、みんなでリレーみたいに回してるのも
マヌケな感じで可愛かったです。

西島さんが
「人を描いているんじゃなくて、人と人の間を描いている」
と言っていたのが印象的でした。



11:45~ 上映前舞台挨拶
4列目・左側 登場するドアの真ん前!!!


近-------------------い!!!!!!
凄い!
肉感がわかる!
今同じ空間にいる!
確実に同じ空気吸ってる--------!
松ケンが吐いた息を吸ってるかもしれない!
ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!

と、心の中で叫び。

登場と退場の時には何故か首ばっかり見てしまいました。
松ケンの首…。
キャーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

舞台挨拶中ずっとニヤニヤしちゃってたと思います。
グフッ。

映画に関して
「映画をご覧になる前なので、ネタバレしない様に注意しながらお願いします。
まずは出演シーンは少ないんですけれども西島さんから」
「そうですね~…(笑
 …(笑」
「難しい質問ですよね」
「…そうですね~(笑」
「西島さん、そうですね、だけになってますね(笑」
「ちょっと、これ僕なんにも喋れなくなっちゃいますね(笑」
「そうですね。とてもキーになる出演なんですが
 内容がわかってしまうので。それじゃ質問を変えましょう。
 好きな食べ物は(笑」
「そばです(笑」 

この辺のやりとり、松ケンも笑ってました。
そして松ケン。

「答えに向かっていく映画が多いと思うんですけど
 この映画はそうじゃなくて、空白が多くて、
 見ている人が、色んな解釈をできる映画だと思います。
 僕は…
 …こういうことはやっぱり映画見終わってから言いたいですね(笑」
「じゃ、質問変えましょうか、好きな食べ物は?(笑」
「僕が好きな食べ物はすき焼きです(笑」

う~ん。私はもう見た後だったので
僕は…のあとの松ケンの解釈が是非聞いてみたかったです。
でも、初めて見る人に先入観を持ってほしくないということなんでしょうね、きっと。

映画の撮影前からクラシックを聴いていたか、という質問に対しては
「前はクラシックイコール眠くなる(笑)っていう、
 そういう風に思っていたんですけど
 受験のときに弾く「熱情」という曲はクラシックに聴こえなかったんですよね」
 そして、そのクラシックというカテゴリーのイメージに囚われすぎていて
 食わず嫌いになっていたことがもったいないという様な事と
 清塚の信ちゃんのコンサートに行ったり、信ちゃんと他の人のコンサートに行ったりして
 今は(クラシックを)普通に聴いています、と言う事を語っていました。

で、成海さんがピアノを猛特訓したという話の後に、
そんな成海さんを横で感じられていた松山さんはいかがでしたか?と聞かれ
「楽屋にキーボードがあって、成海さんはそれでずっと練習していて
 僕も練習しなきゃいけないんですけど、
 横に座って見てました(笑
 それで僕もやった気になってました(笑
 成海さんはずっと練習してて凄いです。
 熱心な方です(笑」
「でも松山さんもかなり練習されて、ドラゴンクエストが上手だということですよね」
「それは関係ないでしょ(笑」

あ、あと、何に対する質問だったかさっぱり忘れてしまったんですが
マイクなしの肉声
「はい」
と言ったのが聞こえた時は
本当に本当に倒れそうになりました。

松ケーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!

〓■●


他に、監督は自由にやらせてくれて
自由というか…そういう雰囲気は監督が作り出してくれた空気だと思います
というようなことを言っていたと思います。
しかもそれが初回の方だったか2回目の方だったか全然覚えてません。
もう、本当に舞い上がってて
言葉とか詳しく覚えてなくて ず み゛ま゛ぜ ん゛。

しかし、生ツケンの威力は凄まじく
終始 
ポ~~~~~~~~~~~~~~~~ッ
としてしまって
これが精一杯なのです…。

最近、運良く首都圏に生れ落ちたことには
本当に本当に感謝しなくちゃな
と思っています。
せめて、このつたないレポでも松ケンの様子をお伝えすることで
皆さんにお楽しみ頂く事が出来れば幸いでございますです。

今、友達から急に呼び出されたため、
本当は神童の余韻を満喫したいですが
多分恋愛相談なのでこれから緊急出動します。
『神童』良かったです。
幸せな空気。
コメントのお返事と神童の映画レビューはまた明日書くつもりです!

できるだけたくさんの人が
できるだけいっぱい生ツケンを拝めることを祈りつつ!

アデュ~☆


追記:
思い出した!
2回目の舞台挨拶は11:45~だったんですが
「今日はランチタイムに来て頂いてありがとうございます(笑」
って言ってたんだった!
こんな大切なこと忘れてましたよ!
すみません。
笑える~。

あと、フォトセッションの時、左側のカメラマン用に
右向きのポスターを左向きにして
更にカメラの為に舞台左側へ移動するのに
西島さん自らが移動していて、笑いがおきました。
松ケンも途中でちょこっと手伝おうとしてました。

とてもいい雰囲気の舞台挨拶でした♪

ピクトアップ #46 と Cut NO.213

ピクトアップは澤野大地さんとの『松ケントーク』。
いいですね。
やっぱり澤野さんは松ケンより5年長く生きてるだけありますね。
それに、アスリートで極めてる人って本当に凄いですよね。
言葉に重みがあります。
わたくし、ロッキング・オンの2万字インタビューと同じくらい
スポーツ誌のNUMBERが好きなのです、実は。
松ケンも感じるところがあったみたいだし。
私も感じるところがありました。

松ケン、グレーのニット、いいですね。
黒のジャケットもいいですね。
澤野さんのほうが顔が小さいですね(笑

松ケンのロボに関する考察がちょこっとのっていて面白かったです。

いろんな人と出逢って、いろんなことを吸収してほしいから
今後の『松ケントーク』も大いに期待です!

それにしても松ケンの連載は
『松ケントーク』も
『不思議の国の人間万歳』も
『愛と平和と憎しみと戦争』も
どれも全部充実してるな~。
松ケンが松山ケンイチという人間の部分を出してくれて嬉しいです。

前に松ケンがSoup.で
「インタビューで面白いことを言っている人の映画は見たくなる」
っていうようなことを言ってたけど
(立ち読みなので言葉は完全じゃないかも)
松ケンもそういう意味では凄く魅力的ですよね。
それキミもあてはまってるよ!って思いました。
松山ケンイチから発せられる言葉が、
松山ケンイチという個人が、
映画を見せる力を持っていると思います。

松ケンてば、クールトランスのムックで
おしゃれだと思う芸能人というアンケートの1位になってて
読者の意見で
「インタビュー読んで好きになった」
「単におしゃれなだけじゃなくて深い」
みたいなこと言われてて
男子のハートまでゲットしてるんですよ!
同性から好かれるってのはいいことですね。
なんか嬉しいよ。

あ~、Cutが楽しみでしょうがないです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここまで書いてCutを買いにいったのですが
…。

もう、ロックスターとかズルイ…。
インタビューがヤバイ…。
さすが株式会社ロッキング・オン。

2万字とまではいかなくても、深く濃い内容のインタビューでした。
10代半ばにロッキング・オン ジャパンを愛読していた私には
たまらないインタビューでした。
ライターの方もうまいんでしょうね。
最近の松ケンの葛藤や芯の部分をうまく表しているインタビューだと思いました。

良すぎてまだ多くを語れません。

ちなみに、表紙+16ページもある。(うちインタビュー2ページ)

Cutホラエッ!!!!!





セクシーボイスアンドロボ Voice2ごぼ蔵

第2話も面白かった~!!
1時間て短いですね!!

1話ももちろん超面白くて、大大大満足だったのですが、
2話ではロボの演技に強弱がついて、更にいい感じになったような気がします。
ニコも更に磨きがかかって。
大後寿々花、本当に可愛いわ。私、大後寿々花にやられっぱなしです。

お話も良かったです。
夫婦が手をつないだとことか、よかった。
ニコが声を活かしてごぼ蔵を救うのも良かったし。
もちろん小ネタも満載で、プププ。

あ~面白い。
私、松ケンが出てればなんでも面白いと思えるタイプじゃないんで
本当に『セクシーボイスアンドロボ』が面白くて良かったです。

なのに、視聴率がいまいちみたいですね。
ショボン…。
でも、映画2本も作ってしまったあの人気ドラマ
『木更津キャッツアイ』も視聴率はよくなかったんですよね。
一桁代の時も多くて、放送が終わったあとに火がついたらしく。
かくいう私もリアルタイムじゃ見てなくて、DVDではまった口です。

私の大好きなTVドラマベスト5

『時効警察』 リアルタイム
『TRICK』 リアルタイム半分とDVD半分
『池袋ウエストゲートパーク』 再放送とDVD
『木更津キャッツアイ』 DVD
『タイガー&ドラゴン』 リアルタイム

リアルタイムで見てるの半分だけです。
(いや、なんの慰めにもならないか…)

ロボは原作もドラマも結構ツウ好みな感じだと思うので
じわじわ~~っと人気が出るのを期待したいと思います!!

それにしても、メガネとロンゲは満足できたのだろうか…。
楽しんでくれてるといいんだけど。
気になる。 

メガネくんとロンゲくんの話はこちら →  3/31 元祖セクロボファン

BARFOUT! volume141 

マックスバァ------------------ッッフッ!!!!!

コレ、キタ!!!!!

YUIさんとの2ショット、かなりキテマスネ。

ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ。

松フリさんのところでちょこっと画像を拝見しドキドキしてましたが
雑誌サイズで見るとドキドキマックスですね…。
ああああああああああ。
YUIさんを見てる表情がたまらんです。
こっち見てる松ケンがたまらんです。
ちょっと先を歩く松ケンがたまらんです。
青いジョンローレンスサリバンもグレーの方のコーディネートもいいですね。
(シビアに言うと青い方はちょっとサイジングが…
 大きくなったのかな、松ケン)
インタビューも濃いですね。
対談かと思っていたけど単独で、でもYUIさんからいいもの感じ取ったみたいで。

正直YUIさんについてはあまり知らなかったし
好きでも嫌いでもないし
なんでYUIさんとの2ショットなんだろう?
って思ってました。
せっかくの表紙なら松ケンを堪能したいから1人の方がいいな~なんて思ってたのですが
大きな間違いでした。
感性が鋭い方とのコラボレーションは松ケンにとってもいいケミカルが生じるから
どんどんやってほしいですね。

同じ2ショットでも、Hの写真は演出されている感が強かったので
個人的には今回のバァフにはかなりやられましたッ!

あ、連載は何事も無かったかのようにタイトルが変わってましたね(笑
『不思議の国の人間万歳 第1歩目』

私自身、先日男と女の愛について面白い話を聞いたばかりだったので
楽しく読むことができました。

女は愛で全てを包んでるのに
男は全然わかんないのよね~。
女はね、ぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんぶ分かってるの。
でも何も言わないのよ。

とあるイベントで出逢ったおばあちゃんがしてくれた話。
若者(でもないけど、若く見える人種)しかいない中、
DJのお母様だというそのおばあちゃんはかなり目立っていました。
とっても雰囲気のある方で、素敵で、
私なんて吹き飛ばされちゃうくらいの存在感で。
妙に納得しちゃった。
凄く面白かったし楽しい出逢いでした。
それを思い出したんですよね、松ケンの第1歩目を読んで。


女はお返しなんてしなくていいんだよ、松ケン。


セクロボ 第2話 に向けて

明日は早くも『セクシーボイスアンドロボ 第2話』ですね!!
キャキャー!!

こちら、東條さんの素敵なブログ‘07’をご覧になって、
更にテンションを上げましょう!!! → 07 2007.4.10「YAHOO!ライブトーク」

Yahooライブトークレポで私が書き漏らしてしまっていた
かわいい松ケンの様子がアップされてますです。

先週を思い出してテンションマーーーーックス!!
東條さん、ありがとうございます☆
(4/10 セクシーボイスアンドロボ Yahooライブトーク レポ にも追記しました)

しかし、明日私はロボをリアルタイムで見れないのです。
ウギャ。
明日は最近お気に入りのダイニングバーで旧友とお食事なのです。
彼女の結婚祝い(メイン)と私のCADスクール終了祝い(オマケ)ね。
先日この店で佐野史郎さんをお見かけしました。
佐野史郎さんといえば、松ケンと同じ回の御殿に出てましたね。
…。
佐野さんから松ケンの残り香は感じられませんでした(当たり前だ


沖縄1週間

なんですか、この雑誌は~!!

若い!
松ケン若い!

沖縄ガイドのムックで
「ドルフィンブルーロケ地巡り」特集が16ページあります。
『ドルフィンブルー』の情報は『神童』や『人ックス』ほど雑誌に出ていないので
初めて見る獣医ケンがいっぱいです。
っていうか、このムックでやっとこさ植村一也という役名をインプットできました(汗

「イルカを見るとついニヤニヤしちゃいます」
って、私はそんなアンタを見るとニヤニヤしちゃうよ!!!!!
(興奮マックス!で言葉が乱れました。すみません)

豚を食べてるプライベート松ケンもいいですし
ロードバイク用のシャツを着てるのがかなりズキュンです!
その服でデッキチェアの前で佇んでるやつ、ヤバ
モニター見てるやつもいいです
ロードバイクに跨ってる後姿さえ素敵
ソファで台本読んでるやつとかもいいです。
モデルとなった植田啓一氏との対談まであります。

沖縄に行く予定なんてさらさらありませんが
うっかり購入してしまいました。
オホホ。


『ドルフィンブルー』私の中ではまだまだ影が薄かったんですが
俄然楽しみになってきました。


名護で撮影だったんですね。
名護は大学時代に友達と行ったことがあります!
それだけでちょっとテンション上がりました。
しかし私が泊まったのは
キャストのみなさんが泊まったルートイン名護ではなく
リゾネックス名護でした。
みんな島の海がキレイでプカプカ浮いてるだけで楽しかったです。
那覇まで帰る時、飛行機に乗り遅れそうになったので
焦って高速をレンタカーでとばしてたらスピード違反で捕まりました。
名護の思い出…。


あ、ポストカード付前売りケンはアミューズCQN(渋谷)でゲット済です。

20070416192741.jpg

やっぱり丸窓のケンイチが一番カワイイ

セクシーボイスアンドロボ放送直前PR特番

やっと見ました。
『セクシーボイスアンドロボ放送直前PR特番』
なにしろ当日と翌日は松ケン祭チェック&HDDの整理に追われていたし
その後もドラマ本編を見て満足しちゃってたので今更なんですが、

ちょっとちょっと、コレ!
メイキングあり、インタビューあり、カットされたシーンありで
凄いお宝映像満載じゃないですか?
現場のいい雰囲気が伝わってきますよ~。
こだわりもガシガシ伝わってきますよ~。
はぁ、しかしもう、ロボの時のインタビューの松ケンったら本当に可愛いな~
しめじ頭が好きじゃない、とか言ってたのに、最近完全にやられてます(笑

しかも、獅童氏が松ケンについて
「最近は執筆活動もしているようで」なんて言っていて
そうそう
‘愛と平和と憎しみと戦争’とか
‘屁理屈は世界を救う 改め 不思議の国の人間万歳’とかあるからね~
なんて余裕ぶっこいてたら

「時代劇を書いているらしくて」

って、松ケン!何書いてるんすか!
井坂伊織、ここにきて松ケンの中で幅きかせてるのか?
もうびっくりですよ。

あとね、ドラマ本編見てて、地蔵堂の音楽いいね~、シタールだね~
地蔵堂と浅丘ルリ子にぴったりだね~
とか思っていたら、なんとそのシタール、
このあいだLIVEを見に行ったばかりの
かとうていじゅさんの演奏だということがわかりましたよ!
もうびっくり!ていジー!
マイク一切なしで、本当の意味での生演奏だったので凄く良かったんですよ!
思い出す~。
良かった~。
和んだ~。
こんなところでセクロボに繋がっていたなんて!
フォ~~~~~~~イ!

しかしこの特番、ドラマ見終わったあとに見てよかったですよ。
ネタバレしすぎです。
私、ドラマとか映画とか、新鮮に見たいんです。
でも、本編見終わったあとに見るとこんなに面白い番組はないですね!
保存版です!

L×松ケン×中田秀夫

昨日、松フリさんのところで驚愕のニュースがっ!!!

DEATH NOTEスピンオフは中田秀夫監督!!!

中田秀夫監督の『女優霊』は超絶怖いですよ。
もう、すっごーーーーーーーーーーーい怖いですよ。
てっきりスピンオフもオチャメなお召し物で素敵な映画を撮る金子監督だとばかり思っていたので
ホラーの監督でどんな映画になるんだ?
と思ったのも束の間、
「派手なアクションも見せます」という1文を読んだ途端
もももも、もしかして

カポエラ?
きちゃう?
カポ松きちゃうの?


キャー!と興奮。
で!
今日改めてDEATH NOTEの公式サイトの中田監督と佐藤Pのコメントを読んで、更に絶叫ですよ!
みなさんも読みましたよね?
全文をここに載せたいくらいですが、それは差し障りありまくりだと思うので
私を絶叫させた文章を抜粋します。
まずは中田秀夫監督から。

私にとって、この企画で挑戦したいこととして、胸のすく、派手なアクションシーンを、十全に見せることです。ただ、単にハリウッドの真似をするよりも、日本的工夫に満ちた、知的かつ、興奮度満点のアクションにしたいと思います。

ハリウッドとは違う手法でジャパニーズホラーをアメリカに定着させた中田監督ですから
カポエラだろうがカポエラじゃなかろうが、
日本的工夫に満ちた、知的かつ、興奮度満点のアクション
これは期待大です!
(でも、できればカポエラで)

しかも中田監督と佐藤Pのコメントから、監督が相当松ケンに惚れ込んでいるご様子がわかって、

Lおよび松山ケンイチの魅力を全開に見ぜるというのが、主眼の一つです。

という監督の言葉に凄い説得力があるんです!!
ヒィーーーーーーーーーーーーーーーッ!!
Lだけでなく、松ケンの魅力まで全開に!!
しかもしかも、

Lのワイミーズ時代も含め、一見クール極まりない変人、しかし実は・・・という前作で描いてない側面を存分に見せたいと思います。

Lのワイミーズ時代なんて、原作にもBBにもないよっ!?
L-----------------------!!

続いて佐藤Pのコメントより抜粋。

中田監督も、スタイリッシュな映像の中で飄々と動きまわるL/竜崎を描きたいとおっしゃってくれました。

キタッ!!
中田監督わかってるよ!!
スタイリッシュ大事だよ!!
今でこそ金子監督の作り上げたデスノートの世界と金子監督が大好きな私ですけど
初めて映画館でデスノート前編を見たときは
「画がドラマっぽいな~。もっと映画らしい質感の画にしてほしかった…」
と、ちょっと…
いや、結構ガックリしたんですよ。
TVサイズで見るとあんまりわからないけど、映画館で見ると質感が凄い気になったんです。
後編『The Last Name』は質感なんて気にならないほど面白かったですが、
月イチゴローで吾郎ちゃんも同じようなこと言ってたので
やっぱり私だけじゃなかったんだ、と思ったものです。
だから

ハリウッドとはまた違う、日本ならではの緻密な構成と演出によるアクションと、スタイリッシュな映像の中で、コミカルにして色気のある「L」という特異な存在が活躍する、新時代の活劇を魅せてくれると確信しています。

に、もう絶叫です。
コミカルにして色気のある「L」
それだよ!!
色気だよ!!
しかもスタイリッリュな映像の中で…

そんなの見たら死んでしまうかも…私。
更に、

このスピンオフLについては、中田秀夫監督という世界的な才能に参加してもらえたので、中田&松ケンのタッグそのままで、全米公開大ヒットを目指します。

ヒィーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
松ケン、Lでハリウッドデビューなの!?
マ、マジで!?
凄いよ佐藤P!!がんばれ佐藤P!!
あと

ハリウッドからのオファーもある中、松山ケンイチに惚れて引き受けてくれた中田監督のモチベーションは、『L』を凄い映画にするためには最高だと思っています。

って、タイトルは

『L』

で決まりなんですか?
だとしたら、凄い嬉しいんですけど。
ってか監督、ハリウッドのオファーより松ケンなんですか?
凄い凄い嬉しいんですけど。

すみません、興奮しまくりで。

しかし、今冷静に思ったんだけど
中田監督の映画って、そんなにスタイリッシュだったっけな?
とりあえず映画館で見たリングが怖くて
貞子のシーンで「ギャッ!」と腕にしがみついたよ。
一緒に見に行った男子が私の腕に(笑
ということだけはしっかり覚えています。

とにもかくにも、
新しい『DEATH NOTE』の世界についての中田監督・佐藤Pお二方のコメントは
私の期待を軽く上回る期待感を煽る発表でしたとさ☆


セクシーボイスアンドロボ Voice1三日坊主

オヒャーーーーーー!!

超ーーーーー面白いじゃないですか、セクロボ!!
毎週こんなに面白いものが見れるなんて
そんなに幸せでいいんですか?

いいんですか~いいんですか~♪

コメディーいけますね、松ケン!!
しかもシリアスシーンではちゃんとかっこいいですよ!!
話も面白いし、キャストの皆さんも期待以上です!!
ウヒュヒャーーー!!

とりあえず今から今日の日テレジャックでパンパンのHDD整理します。
明日家族に怒られちゃうんで。
コメントのお返事はその後に書きますね!

あ~、テンションアゲアゲです

セクシーボイスアンドロボ Yahooライブトーク

19:20に家に着きました!
今日に限ってPCの調子が悪く、Yahooトークライブに繋がったは19:35!

インタビューは既に始まっていて
「ロボとニコは現代を象徴してる二人だと思う」
って言ってました!!

見ながらメモとりましたが
言葉の語尾や内容もちょっと違うところがあるかもしれません。
ご容赦下さいませ。
また、とにかくPCの調子が悪くメモも全部はとれなかったので
抜けてるところいっぱいあると思います。
更にスピード重視のため乱文です。
更に更に覚書風で私の感想も入っちゃってます。
こんなレポというか、感想レポ?ですが
下記にお届け致します。
どぞ。

原作は読みましたか?
という質問に対し、
「読みました。最初テレクラがわからなくて」という大後さんに対し
「僕は小学校6年生くらいからテレクラっていう言葉は知ってましたけどね」
と真面目顔で話す松ケン。
そこで負けず嫌いになる必要は無いと思うんですけどね、と司会の方につっこまれてました。
可愛い

松山さんの原作に対してのお話は
「原作ではロボはニコの足でしかなかったんですけど
 ドラマでは足だけではなくてニコと対等な立場。
 ニコもロボから学ぶことこがあるしロボもニコから教えられる部分があって
 原作とは違うロボになっていると思います」

そして、話が大後さんになった途端、松ケンお茶を飲み始めたらしく
「もの凄い勢いでお茶をごくごくとのんでますが」と、またも司会の方につっこまれ
ごくごく姿が映りました。
本当にモノスゴイ勢いでごくごく飲んでて、超可愛い

で、話がお互いの印象についてに変わり、松ケンが
「寿々花さんは」と言うのに対し、司会の方
「え、寿々花さんて呼んでるですか?」と驚き。
松ケン
「ほんとは二人きりのときは寿々花と呼んでいますけども(笑
 今日はたくさんの方が見ているので寿々花さんと呼んでます」
…可愛いウケル
で、寿々花さんの印象は、
「つい惹きこまれてしまう目をしているので、それがすごく印象的でした」
と語っておられました。
(管理人もそう思います。『SAYURI』で凄く惹き込まれました)

大後さんが松ケンの印象を話している時は、
松ケン、大後さんが引くんじゃなかろうかってくらい
じーーーーーーーーーーーーーーっと大後さんを見てました。
可愛い
大後さんの松ケンの印象は
親指さがしとデスノートを見たんですけどどんな役もその役になりきって凄い
というような感じだったと思います。

それを受けて松ケン、
「どの役が一番好き?」と、超大後さんに寄ってました。
大後さんが笑いながら
「ロボ゙です」
と答えると、デッカイ声で
「よっ!」と満足げな松ケン。
可愛い

で、年の差について
「(自分が接する中学生は)
中学生でも大人っぽい子が多くてちょっと距離を置いてしまうことがあったんですが
大後さんは飾らないところがよくて
自然に年の差を感じず話せますね」
という松ケンに対し、司会の方ちょっと笑いながら
「大後さんはいかがですか?」
不服そうな小芝居の松ケン(笑
大後さんの答えは
「年の差ですか?あまり感じません」ニコニコ
松ケン
「ほらみろ!」とデッカイ声(笑
可愛いな~

獅童さんに対しては
我らが兄貴、と、現場の緊張をぶっこわしてくれた、と言ってました。

とにかく話の最中、大後さんを
ものすごいジーッと見る松ケンがかわいくてかわいくて

NGはどちらが多い?の質問には
「ぼくですね~」
「わたしですよ~」
「ぼくだよ!」
「わたしですよ」
「ぼくだよ!」デカイ声
またしても「そこは競わなくても」と司会のつっこみ(笑
ほんと可愛いわ~

大後さんが転んでNGを出してしまったことに対して松ケンが
「かわいかったですよ」と言ってました。

あとは車のシーン、運転してるのは、実は松ケンじゃなくて
運転のプロの方だったらしいんですが
その車のシーンが大後さんは凄く恐かったらしく
そんな大後さんを松ケンがこう説明してました。
「車から降りてきたら
 ぅあ~~~~~~~~~~~~(口を大きく開けて変顔披露)ってなってて
 凄いかわいかったですね」
変顔

第2話のゲスト、ムラジュンについては
「また渋い役者さんで。
 一度是非一緒にやってみたかった。
 凄いきさくな方で
 獅童さんと一緒で兄貴みたいな方でしたね。
 お芝居に対して独特の世界観を持っていて
 それがドラマに合っていて、いい化学反応が起きてると思います。」

監督については
「監督がロボットアニメが好きで
 必殺技を言い合えるのがいいですね」
笑える。

必殺技ってなんですか?の問いには
「マックスビーーーーーームッ!」
などなど3,4個の必殺技を大声で披露。
そして自分が披露し終わったあと
寿々花さんに顔を寄せて
「やる?」(笑

浅丘ルリ子さんに対しては
「最初すごくビクビクしてたんですよね僕。
 でもモンゴルどうだったのとか凄く聞いてくれて
 癒されました」
大後さんも麻丘さんは緊張したけどいっぱい話しかけてくれた、
というようなことを言ってました。

リアルタイムでやってくる視聴者のメッセージを司会が読み上げると
松ケンがPCを超覗き込むのが可愛いです

そして、ドラマ『セクシーボイスアンドロボ』については
「人間が生きていく上で忘れちゃいけないメッセージを発信しています。
 僕もそれで学ぶところがありますので
 そういうところが見ている方々に伝わってくれたらいいなと思います。」

好きなセリフは
『おまえにはふいに明日が見える』
「自分が今ナニをしているかでお前の未来は見えているという意味なんですが
それがズシンときたんですよね。」
と。
確かにいい言葉ですね…。フムフム。

CMはコメディーやアクションがフューチャーされてますが
そうじゃない部分も多いですよね、という問いにも
「人間ドラマになってます」
と答えてました。

エンディングでは
「ありがとうございました
 よろしくおねがいしま~す!」
と言って
最後にマックスロボフィギュアを頭上高くかかげておりました!!
可愛い

とにかくとにかく可愛いロボ山さん(byあいさん)でした。
髪もまったくのしめじヘアーじゃなくなってて、ちょと痩せたのかな?
首から上は超かっこいいのに、なんだかとっても可愛いロボ山という不思議。
ますますロボが楽しみだわ~


『セクシーボイスアンドロボ』まであと30分だ!!
キャキャーーーーーッ!!


っていうか、さんま御殿て、松ケンいつ出るの?
さっき夫婦終わって、今20代女子タレントVS50代おじさんタレントなんですが。
もう終わった?
Yahooライブトークとかぶってたの?
まぁ、あとで録画見ますが…。
そうなの?(小林賢太郎風で)


追記:
東條さんの知的で素敵なブログ‘07’に
Yahooライブトークの私が書きもらした部分のレポがあります!
こちらにもかわいい松ケンの様子が満載です。VIVA東條さん!
是非ご覧下さいませ☆ → 07 2007.4.10「YAHOO!ライブトーク」



メレンゲの気持ち & ロボ関係のPRTV

メレンゲの気持ち、面白かったっす。
マチャミ面白すぎ。
とんかつ食べる前の松ケンの「いただきま~す」に対して
「お前、今日イチのでかい声じゃねぇか」
に大爆笑でした。
あとゴキブリでの話の「生まれて初めて飛びました」の松ケン発言とか。
え?ゴキブリが飛んだんじゃなくて松ケンが飛んじゃった?って感じでかなり面白かったです。
あとね、高畑さんのキャラがかなり面白かったですね。
高畑さん、面白いとは思ってましたが、こんなに面白い人だとは(笑
高畑さんが松ケンに寄ると松ケンがちょっとよけるのが面白かった(笑
その他、松ケンの発言に、松山くんは哲学系ね、とか、
バクバクとんかつを頬張る松ケンに、いっぱい食べる男の人ってセクシーよね
とか、ツボな発言をしておりました。
プライベート映像では(っていうか、撮影風景なんでプライベートじゃないですけど
物凄いかっこいい写真を撮ってて
「なんじゃ、こりゃー!
 この雑誌は絶対買い!」
と思ったら韓国の雑誌でしたよ(泣 ホロホロ

ただ、ちょっと出番が少なかったのではないかと…。
私、関根勉さんも石ちゃんも大好きなので番組としては楽しかったんですが、
もう少し松ケンを…。
松ケンファンではない妹も「それはそうかもね、少なかったね」
って言ってました。
関根勉とのりピーメインの番組前半はあまり映らなかったですね~。

で、他のロボ関係のPRのインタビューの時を見てると弾けまくってるので
インタビューのテンションやオモシロ度は
松ケンの性格が関係しているのではないかと。
私、松ケンは

内弁慶なオモシロさん

空気を読むオモシロさん


なんじゃないかと思っています。
ロボ関係がテンション高めなのは、
自分が主演だから自分のペースでやりやすいのかな、と思います。
大後さんも松ケンの笑いのツボ入ってるみたいだし。
DEATH NOTEのプロモーションは年齢も近く仲も良い竜也さんと一緒だったので
おもしろキャラが全開に出てましたよね。
ほぼW主演のような形なのも良かったんではないかと。
蒼き狼のプロモーションでは、やはり反町ハーンをたてていたんじゃないかと思います。
ハーン真面目だし。
先輩を立てる、と。
神童は成海さんとの息もばっちりで主演ですから
ラジオも記者会見も面白かったですよね。
イマジンではロボのインタビューに加えて昔のインタビューが出てましたが
単独インタビューなのでオモシロ感が存分に出てました。
(イマジンの過去インタビュー、Yun Tubeで見てて凄い好きだったので
 TVサイズで捕獲できてかなり嬉しいです
 細くて服も素敵で髪型もツボでオモシロで最高です
メレンゲは松ケンメインの時はオモシロが出てたので
関根さんとのりピーがメインの時はお二人をたてていたんではないかと。

総括。

自分がメインの時は面白く
他の人がメインの時は控え目に。


が松ケンのオモシロなんじゃないかと思いました。
さんま御殿はどうなるんでしょうか~。
ドラマは主役だけど、大物ゲストいっぱいいそうですからね。
やべっちとちっさいおっさん並にさんまさんがいじってくれることを期待します。

っていうか、ドラマもう明日ですねーーーーーーーーーーー!!!
ロボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

あ、そうそう、昨日『SAYURI』を見たら大後寿々花さんがめちゃくちゃ可愛くて
そんでもってお芝居うまくて、松ケンやルリ子が言うとおり目に惹きこまれて
更に期待度UPしました!!!

ロボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!







河本先輩@1リットルの涙・スペシャル

昨日の夜中に妹が『1リットルの涙・スペシャル』を見始めたのに便乗して
結局最後まで一緒に見てしまいました。
放映当日に続き2度目。(アホ

河本先輩は回想でちょっこしの出演でしたね。
でも【短髪・黒髪・松ケン】な河本先輩はやはり素敵なのでした。
うまいこと繋がってましたな。

でもでもでも!
一番好きな河本ケンはカットでした。
この間DVD借りて見たばっかりなので鮮明に思い出せるんですが
お揃いのバッシュの紐を買ったあと、ショッピングセンターの外で
河本先輩と亜也が歩きながら話してるシーン。
河本先輩がジュースを飲みながら

「これって、初デートってやつ?
 …なんつって

って言うところがあるんですよ。

なんつって って!!

と普段の私ならつっこみたくなるところですが
河本ケンが照れながら上目遣いになるのがとっても可愛くて
青春~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!って感じで
思わずつっこむのも忘れてニヤニヤしちゃうのですよ!!
ハァ~、可愛い~。
ちょこっと映ってるバス停を目を凝らして見てみたら
‘海浜幕張’の文字。
思わず海浜幕張に行ってしまいたくなる可愛さです。
鼻血です。

あと、花火大会の時にバスケ部の仲間から
「よ、バスケ部カップル、お似合い」
とかなんとか言われてひやかされ、
照れて耳をかく河本先輩がまたなんとも
可愛いというかかっこいいというか可愛いというか。。。
鼻血ですよ。

亜也の教室に来て
「キャ、河本先輩?カッコイイ~」
とか女子に騒がれている中、デートのお誘いをする河本先輩とか。
松ケンがカッコイ~とか騒がれてる時点で鼻血ですけど。

その他にも
バスケ部の練習中に目が合うと小さくガッツポーズする河本先輩とか、
バスケ部の中で誰よりも背が高い河本先輩とか、
バスケ部の練習後に実は同じ高校に入ってきて嬉しかったと話す河本先輩とか
バスケ部でサッとシュートを決める河本先輩とか
バスケ部のユニフォームのパンツがダボダボの河本先輩とか
素敵な河本先輩がいっぱいなのですよ~。

少年期と青年期の間の河本松ケンがとってもとっても素敵なのです~。

で、河本先輩が素敵であればあるほど切なくなるんですよね。
DVD借りて思ったのは
河本先輩は、友達に流されてしまったんじゃないかな、ということ。
スペシャルではカットでしたけど
友達に
「ヤバイ病気だったりしてな。
 お前、デートに誘った責任とれよ」
といわれて複雑な顔を見せるんですよね、河本先輩。
河本先輩の誕生日に動物園に行く約束も
「お前どうすんだよ、俺なら絶対いかね~な」
と言われて
「そうだよな」
と返事をしてしまうし。
河本先輩より友達がひどいんでないか、と。
河本先輩のお友達は亜也のクラスメイトでもないし
実際に接する機会が少ないから無責任に発言します。
でもそれに動かされてしまう河本先輩は少し弱いんですね。
ビビッたんだと思います。
誰もが麻生くんのようにはなれない。
それがリアルなのかな、と。

私は映画『ラブアクチュアリー』のロドリゴを思い出しました。
ついでに『ジョゼと虎とさかなたち』も思い出しました。
みんな弱かったりずるかったりする部分を持っているんだと思います。

と、ここまで河本先輩を語ってきましたがスペシャルではちょっこし出演だったので、
今なら河本先輩と同じくらい熱く、麻生くんについて語れそうです(笑
「俺、お前のこと、好き。
 …
 … なの?」ニコッ

なの?って~~~~~~~~~!
ニコッって~~~~~~~~~!

と、うっかり麻生爆弾にやられるところでした。
いかんいかん。
『1リットルの涙』はリアルタイムで見ていたので
スペシャルではひとつのシーンで色んなことを思い出してしまって
とにかく泣きっぱなしでした。
もう『3月9日』が流れただけで涙ですから。
『粉雪』が流れたら涙涙で
Kの『Only Human』が流れたら涙涙涙ですから。
1回泣いてしまったら
お父さんとお母さんの葛藤を思い出しては泣き
河本先輩との幸せな時を思い出しては泣き
成海璃子さんが病気のことを知らず冷たくあたってしまっていたことを思い出しては泣き、
クラスメイトが優しかったことを思い出しては泣き
元気だったころの麻生くんとのやりとりを思い出しては泣き
3時間弱泣きっぱなしで翌日目が腫れて大変な状態でした。

という訳で、随分長くなってしまいましたが
『1リットルの涙』
皆さんもお時間あるときに、
是非DVDでご鑑賞してみてはいかがでしょうか。



デカロボの前で

もうすぐ29:00です。

…それは何時なのか?

新宿のアルポルトに行って、そのあと渋谷のショットバーに行って
そこが凄く良い店だったので気分よくなって
富ヶ谷のレストランバーに行って
今29:00、みたいな。

つい9時間前の出来事。
今日も新宿に来れたということで、
デカロボポスター見れる、ルンルン♪
と思ってね。いたんですよ。
ロボのポスターが見えてきて、かなりテンション高めで眺めていたところ
「あ、松山」
って聞こえたんですよ。
隣の女の子二人組。おそらく高校生くらいだと思われます。
またしても耳がダンボ。

「私、松山ケンイチって全然かっこいいと思わないんだよね~」
「私も~。キャハハハ」
「でもさ~、バイト先に超かっこいいって言ってる人がいて~」
「え~!!」
「わかんないよね~」
「全然わかんない」


コラコラコラコラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

隣におもいっきり驚異的な松山ケンイチファンがいますがな!!

悪魔のような会話をしている2人のことは
恐ろしくて見れませんでした。

しかし、こんな状況で隣あわせになってしまったという事実に
かなり笑えました。

とりあえず松ケンについて
「まぁ○○なのはかわいいと思うけど」(聞き取れなかった)
とかわいさは認めて頂いている様子でした。

松ケ~ン!!
ロボでみんなをギャフンと言わせてやって!!
私はもうテレビジョンとGyaoとシオドメディアでロボの虜だよ!!

明日はお世話になった人の結婚式の2次会で
14:00にお台場に行かなきゃいけないから
メレンゲがリアルタイムで見れません(T_T)
その後も飲みが続くので、何時にメレンゲの松ケン見れるか不明です…。
絶対絶対、キャーーーーー!ってなること間違いないのに。

眠いんだけど、面白かったからどうしても書きたかったので書いてしまいました。
今からメレンゲとロボ特番予約して寝ます。
おやすみなさい。
zzz。

デカロボ

はわわわ~!!
すみません。PC、二日くらい開けなかったもので。
その間にもコメントは増えていくわけで、
とってもありがたいことです。
いつもありがとうございます!
コメント下さった皆様、今お返事書きましたので!

そしてこの2日の間に、こんな衝撃的なものに遭遇したわけで


20070405201325.jpg


どうですか!これ!
JR新宿駅の西口と東口の間の通路です!
クリックして大きくしてみてください!
いきなり前触れもなくこんなものに遭遇して
私は倒れるかと思いました。
まぁ、実際には倒れることなく、そそくさと冷静に写真を撮ったわけですが。
とりあえず、このデカさは犯罪ですよ。
近くで見ると、巨大な松ケンが見つめ返してくれます。
ウヒャ~!!
凄いデカさとインパクトなので、男女ともかなりの人が歩きながらジーッっと見てました。
中には立ち止まって見てる人もいました。
いいぞ松ケン!
このかっこいいロボ姿で世の女子を騙すがいい!
かっこいいのはポスターだけだなんて知らないあまたの女子たちが
この松ケンに惹かれて第1回目を見る。
そしてドラマの面白さに虜になって視聴率跳ね上がる、
という流れでどうでしょうか。
実は田園都市線渋谷駅にもセクシーボイスアンドロボのポスターがあり
それを発見した時もかなりドキドキしたんですが
サイズも扱いもデスノートDVDの時より小さく、
渋谷駅で一番デカイJR山手線のナイスポジションは『プロポーズ大作戦』だったので、
チッ、と思ってたのです。

新宿だったか!ロボ!

しかも新宿のロボポジションは山手線だけでなく
JR各線を降りた人が交わる巨大通路なので、
かなりの人数が目撃すること間違いなしです。
目立ってます!
渋谷よりベスポジです!
新宿の街に、マックスパーーーーーーーーーーーンッティ!

今日のスッキリも良かったですね~!インタビュー長くて。
ロボ以外の松ケンのお話も多くて、
ヤンキー先生の義家先生も出てらっしゃって、お得な感じでした。
義家先生曰く、松ケンのご両親がとてもきちんとされた方で
そういう家庭に育ったからこそこんなに真面目でいいヤツだ、みたいなことを言ってました。
役者だから何者にも染まれるんだけど、芯がある!って。
極楽の加藤さんにも真面目で真摯な姿が好印象だったみたいで、
よかったよかった。

スッキリのあとに、初めてTVでロボのCM見ました。
動いてるロボはやっぱり期待感煽りますね!
わたくし的に、しめじ頭で不思議なお召し物のロボケンは
静止画だとちょこっと自分の好みから外れてるんですが、
ドラマとしてはとってもとっても期待してます。
凄く面白そうです。
音楽が躍動的で更に期待!

GYAOのシャツ着て窓から顔出してるロボ、なんか可愛いし
大後さんとの対談も良かったし
セクシーボイスアンドロボ、超楽しみ~!!

でも今から『1リットルの涙・スペシャル』を見ます!
LOVE河本先輩 (ね!夏さん!)

みるめに夢中

+act、連載に気をとられてましたが、
みるめも相当きてますよ!!
P.53から『人のセックスを笑うな』の現場レポートがあります。

あの~、P.54の写真、
あれは確信犯ですか????
小さくしゃがんで、人差し指を自分が履いてるスニーカーにひっかけている…。
人差し指…

トキメクじゃないかっ!!

私、自分の可愛さを売りにする男って嫌いなんですけど
もしこれが松ケンの確信犯的な行動だとしても…
可愛いすぎるので許します!(何様
その他にも机にモフッと顔をうずめているみるめとか
満面の笑みのみるめとか
物思いに耽るみるめとか
忍成修吾とか(あ、みるめ関係なかった)
今までに見たことない『人のセックスを笑うな』がいっぱいです~。
モキャー!

インタビューで「普通にナマってます」って言ってます。
ムービーぴあでも
「ユリから感じたことをそのまま演技しているので訛ってます。
 僕としてはそれが残念です。
 でも監督は訛ってることを指摘しないのでびっくりしました(笑)」
って言ってました。
BSfanでも
「監督は何もしないことを求めるけど
 僕は何もしない勇気がないのでつい喋ってしまって
 訛りが出てしまいます」
ってな感じのこと言ってました。
(2誌とも立ち読みなのでちょっとちがうところがあるかも)

松ケン、セリフにないことを言おうとすると訛るらしいです。

ってことは、


映画館の大スクリーンで
下北弁(南部弁?)が聞ける!



全然残念なんかじゃないですよ!松ケンさん!
むしろ楽しみですよ!
素松ケン。

その他にもいろんな雑誌からの情報をかき集めると
口で服を脱がされたり
誰もいない教室にユリをひっぱりこんでイチャイチャしたり
全身で切なさを表現していたり、と
みるめの松ケンは鼻血な出来事が多そうです。

みるめに夢中です




神童が楽しみなんですよ!

私は凄く『神童』が楽しみなんですが、
毎日毎日松ケンニュースや衝撃雑誌があるため
『神童』への期待を書く機会がいまいちなく。
この前だって+actさえ発見しなければ、
シネマライズが神童の看板になってました!!
という記事を書くつもりだったんです。

よく見えませんが、コレ↓ 

20070402164353.jpg


クリックしたら少し大きくなります。
いつもみなさんが目にしているあの写真ですが
PARCO前、ドーム型の屋根の特徴的な映画館です。
雰囲気だけでも伝わればいいんですが。
それにしてもこんな看板ですらドキドキできる私って一体…。
とりあえずかなり嬉しかったので、思わずチケット売り場のお姉さんに
「神童の初日舞台挨拶はありますか?」
と聞いてしまいました。
「多分あると思うのですが今のところ未定です」
とのこと。
初日舞台挨拶のチケット販売方法については映画によって違って
公開1週間くらい前にならないと決まらない時もあるらしいです。
ムムム、どうなるのでしょうか…?

あと、TSUTAYA渋谷店で売り切れていたはずの
『神童』プレスセット付前売りケンが売ってたので購入しました。

20070402164607.jpg


ご覧のとおり、前売券、ポストカード、チラシは全部同じ写真ですし
もしかしたらプレス用のパンフレットも
公開時のパンフレットとほとんどかわらないかもしれない
…と思っても買ってしまうファン心理!
ここまで松ケン中毒に侵されていたいたとは…。

空白の多い、日常を切り取った様な映画

と松ケンが言っていたのでとても楽しみです。
ラジオで聴いた主題歌のリプルソングも素敵でした。
早く『神童』の空気を感じたいのです。
ウズウズ。

シンちゃんとマッキーと河本先輩

今週は松ケン祭りですね!

まずは今日
なんとWOWOW192chで18:00~
『NANA』を放送するっていうじゃありませんか。
地上波で放送した時、録画し忘れるという今世紀最大の失態を犯したので
これは嬉しすぎます。
わたくし、CSは一切加入しておりませんが
以前『天保12年のシェイクスピア』をどうしても録画したくてWOWOWに加入したので、
WOWOWだけは3chとも見れるのです。
シンちゃん捕獲!
LIVEシーン
ストローシーン
麻雀シーン
繰り返し再生間違いなしです
ニヤ。


さらに今日はもう1本
BSジャパンで20:55~
『リンダ リンダ リンダ』放送。
マッキー捕獲!
サランヘヨ
繰り返し再生です
ニヤニヤ。
そういえばピクトアップで知ったんですが
音楽がジェームズ・イハなんですね。
イハ好きです。
昨年の来日時にはUNITに行ってしまいましたので、こちらも楽しみです。


そして今週一番気になるのは
『1リットルの涙』スペシャルでしょう!
ドラマ感動したので、純粋にドラマとしても楽しみですが、
果たして河本先輩はどれだけ出るのか!?
回想なのか?
それとも…?
新しい河本先輩が見れると嬉しいですね~。
いや、むしろ回想でもいいですけどね。
河本先輩、超かっこいいですから(私だけ?
スペシャルのおかげで、TSUTAYAでは『1リットルの涙』が借りられまくっていて
私の河本先輩祭りが4話で止まってしまっているんですが
とにかく改めて見ると、河本先輩の松ケンかっこよすぎ(再度、私だけ??
合格発表とかデートとかバスケとか、思わずリピートしてしまいました。
ちょっと力説しますが
河本先輩の髪型は単なる坊主じゃなく
後頭部がちょっと長いオシャレ坊主なんですよ!
ソフモヒまでいかないかもしれないけど、明らかにオシャレ意識してるんです。
それがかなりツボなんですねぇ。
短髪の黒髪、凄い好きなんです。(聞いてない?
それから、普通にデートとかしちゃってる青春な松ケンも珍しいですし。
ただ、花火大会まではとってもかっこいい河本先輩なんですが
花火大会以降は酷い人になっちゃうので
(酷いのは河本先輩の友達、という気もしますが)
酷い先輩になってからは亜也が可愛そうでリピートできません。
…やっぱりスペシャルで河本先輩が回想の嫌なとこだけだったら悲しいかも。
ここはひとつ、過去の自分を悔い改めて生きている
新しい河本先輩でも撮りおろして頂きたいです。
どちらにしろ河本先輩も捕獲!
ニヤニヤニヤ。


CS見れないので明日の『茶の味』が録画できないのが残念ですが
その他ロボ系のTV出演多しで、春の動く松ケン祭り、ニヤニヤは止まりませんね☆

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。