徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY HAPPY BIRTHDAY ☆☆☆  追記アリ

L ☆ お誕生日おめでとう


私、携帯にはとってもお気に入りのストラップをつけています。
ず~っと同じのつけてます。
変える気は全くありません。
ですから『L change the WorLd』の前売券の特典がいくら可愛くても
特に集めようとか思ってませんでした。
つけないもん買ってもしょうがなくね?
とすら思ってました。
でも、今日いきなり

Lのお菓子(とひょっとこ)のストラップ
全部欲しい!!!!!

と思いました。
なんだこの気持ちは。
全部揃えたって絶対に一つもつけませんよ私は。
それはガチです。
でもLの誕生日の今日
Lに対する抑えきれない愛情が
フツフツ沸々ふつふつフツフツ湧いてきました。

おそらく私は前売券を5枚買うでしょう。

HAPPY HAPPY BIRTHDAY 竜崎 ☆☆☆
HAPPY HAPPY BIRTHDAY  L ☆☆☆ 






200710312347 追記 

前売券
ばっちり4枚買ってきました!!!!!
もうL大好きな気持ちがお誕生日で高まり過ぎて大変!!!!!
TSUTAYA on lineの串刺しも絶対買います☆
 
前売券のLが素敵すぎて…。
大変…。

この写真は今日、Lのお誕生日が解禁だったんですね。
公式のTOPもこの写真だし。

もう一度言おう。
L大好きです。
お誕生日おめでとう L ☆



スポンサーサイト

BARFOUT!と+actとピクトアップ 今さら…

風邪完治!!!

優しいお言葉をかけて下さったみなさま、本当にありがとうございました☆
更新できてないのに、みなさん優しくてホロリです。
で、松ケンファンブロガーさんも同じ時期に風邪ひいてる方が多くてびっくりしました。
流行ってたんですね。
みなさんお大事に!!!

そして松フリさん情報によると
次号のGyaoでは、松ケンがLへの想いを語ってるらしいじゃないですか!!!!!!!

ぎゃーーーーーーーーーーーーーーぼーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

11月は雑誌ラッシュ前哨戦っぽいし。
あああ、次から次へと新しい松ケンが出てくる。
その前に、もう発売からだいぶと時間がたってしまったアレらの感想を書こうと思う。
今さら何を書いているのかと怒られそうです。
4冊分あって腰を抜かすほど長い上に
自分の備忘録的な感も否めないので
ササッと続きに隠しときます。

ササッ

...続きを読む

Lビジュアルフォトブック と イルカのオマケ写真集

どうやら風邪をひいてしまったようで
頭がぼ~っとしてピクトアップとバアフの感想が書けないまま次の週末を迎えてしまいそう。
予告したのにすみません。
でもこれだけは朦朧とした頭でも書いておきたい…
 
L ビジュアルフォトブック発売決定

ヤフ~♪ヤフ~♪

知っててもきちんとした情報になって写真が見れると嬉しいですね。
スポニチばんざ~い!!!
写真がでかい!!!
発売までこれ見てニヤニヤしてます。
ズームインは見れなかったです。
もうあれですか。
なんにもなくても毎日録画だけはしておいた方がいいんですかね。
だってだって、交差点の信号待ちでLが笑ってたらしいんですよ、松友emさん情報によると。
見たかった…。

それから、蜷川実花さんがLにラブコールを送り続けたっていう
あれは設定ですか?
それとも実際にそうだったんですか?
実際にそうだったとしたら嬉しいですね。

というのも、私は
蜷川さんの作品のカラーとLの世界観が果たして合うのだろうか?
ということを不安に思っていて
Lの写真集が蜷川実花になるであろうことを手放しでは喜べなかったのですが
この組み合わせが第3者による提案ではなく蜷川さん本人による希望だとしたら
Lのことを理解した上での作品になるんだろうと思ったからです。

以前MOREに掲載された蜷川妄想劇場で蜷川さんは
もんの凄いかっこいい将校の松ケンの写真を撮り下ろすとともに
松山ケンイチの魅力を本当にわかってるな~
と思う対談を芳麗さんと繰り広げていたので
Lのイメージを保ちつつも
今までに見たことのないLのビジュアルを見せてくれることを期待しています。
松ケンもソロモン流で蜷川さんのこと
「何を言われても微動だにしない強さを持ってるっていうか
 ちゃんと人間を写してるっていうのは思います」
って言っていますし。
そんな2人で創ったLのビジュアルブック。
楽しみになってきた~♪

大場つぐみ×小畑健の部分も超気になる~!!!
しかし、1月末発売って。
映画より先にビジュアルブックを見たいような見たくないような…。
でも結局見ちゃいそうだな。



あと、ついでに
ドルフィンブルー限定版DVDの特典オマケ写真集の表紙が出ましたね。
松ケンかっこいい~♪
でもまだ油断してませんよ。
沖縄1週間とTOKYOI1週間と『起』はかぶってる写真多かったので
オマケ写真集も中身の写真がかぶってるという可能性大。
なんなら待受として配信された画像の可能性もあるんじゃないかと疑ってます。
こっちはLビジュアルブックと違って迂闊に喜ばないんだい!
でもはっきり言って映画だけだったらDVD買ってなかったと思うので(言っちゃった☆)
写真集とメイキングと松ケン秘蔵映像が本当の意味で秘蔵であることを願っています。



あと、10/3以降まつけんマネージャー日記が配信されませんね。
ショボ~ン。
来月初旬が誕生日なんです。
誕生日に松ケンからメッセージがくるまでは松ケンメール会員退会しないつもり。
でも、ちゃんと月額¥315分、つまり週1くらいで更新してくれると嬉しいんだけどな。
あと、ジャンプだとLvs.蜷川実花+大場つぐみ×小畑健なのに
ホリプロ公式はL×蜷川実花×大場つぐみ×小畑健なんだよね。
表記は統一しなくていいのか?
そういうの凄い気になるのね。



頭ぼ~っとしてるので思ったことをそのまま書いてしまった。
いつもよりきついですか?
そんな気がしますがこういう日もあっていいかなって思ってくれたら嬉しい。
おやすみなさい☆

Lすぎ

ピクトアップ、次号#50松山ケンイチ特集の予告…


LがLすぎる!!!

Lの中のLだあああああ!!!



凄いLだ。
最もLらしいL。

指をくわえてるポーズがそもそも超Lだし
白い肌と首から肩にかけてのラインがすごいL。
下のしゃがんでるのなんて
背中のまるまり具合とか
振り向き具合とか…Lすぎる…。
もう好きすぎるよ

〓■●
〓■●
〓■●

しかも何あの壁紙。
素敵…。
何部屋なんだろう。
ワタリの執務室の別アングル?二階堂家?
とにかくあんな素敵な壁のお部屋でしゃがんでるL。
好きすぎーーー

〓■●
〓■●
〓■●

次号の松山ケンイチ特集、#44の特集もよかっただけにかなり楽しみですが
まずこの予告のLだけでも相当なインパクトでした。
凄すぎた。


松ケントークもかなり読み応えがあったので
バアフと合わせて週末に感想をアップしようと思います。
(法事があるのでちょっと時間がかかるかも)


スゲ~よピクトアップ。



Lの目

公式のPhoto GallerlyでアップされたLのクランクアップの写真。

超怖かったですよね。
目が光ってて。

私、Lが
お菓子大好き、クマのある目が鋭い猫背の世界の切り札、名探偵L
ではなく
目からレーザービームを放つ世界の秘密兵器、戦闘型サイバノイドL
になってしまったのかと思いました。
縮み上がりました。

写真をアップしてくれるのは嬉しいんです!
でも、先日の舞台挨拶の後にも松友さんたちと
Lのクランクアップという大事な大事な節目に
なぜあんな怖い写真をアップしたのか
どうしてあんな赤目写真を?
他にもっといい写真はなかったのか?
と、その不思議について笑いながらも熱く語ったものです。
が、

さっき見たら目が黒くなってた。

→ 松山ケンイチ Photo Gallerly

ん???修正???

この後輩可愛すぎる!!

emさんより緊急入電!!

たまんねぇぇぇぇぇ!!

ペンションSHIRAKABA 202号室

可愛いし面白いぃぃぃぃぃ!!

キシリトール松ケンわかってるな!!
松山ケンイチさんの紹介も松山ケンイチさんからのメッセージもいい!!
わはは~!!
早くテレビで見たいよ~!!

眉毛はちょい薄め?
っていうか眉毛の濃淡などどうでもよくなる可愛さだ!!

サウスバウンド 舞台挨拶 シネカノン有楽町2丁目

眉毛が薄い…が…ま…


シネカノン有楽町ではオープン初日から多数の心臓麻痺者を出すところでした、
松山ケンイチにより。
鑑賞者各々の努力と忍耐により、なんとかパニックは免れましたが
森田監督、北川景子さんに続いて最後に登場した松ケンは
まだ眉毛が完璧には生え揃っていなかったのです

〓■●

これだけで最早今日一のビッグニュースです。
そして細くて白くて、髪の毛がちょっと伸びてロボの雰囲気が払拭されていて
松ケン、すっごーーーーーーーーーーーーーーーーーくカッコ良かったです!!!!!!

なんだろう、あのかっこいい人 
゚(ノД`゚)゚。
めっちゃカッコ良かった
゚(ノД`゚)゚。
伸びた前髪の間から見える薄い眉と目が
非常に印象的でした。

あとでお友達emさんが
「眉が薄いのがいいというより、眉が薄い時は目の鋭さが増して見えるんですよ」
と言っていて、
ナチュラル眉が好きなはずの自分が
なんでこんなにもL明けの薄眉に惹かれるのか納得できました。
松ケンの魅力の一つである目の力が強調されるからなんですね!!!

そんな最大の魅力をひっさげた松ケンの舞台挨拶の模様をお届けしたいと思います。

◇監督は椿三十郎・サウスバウンドと2回起用している松ケンと
間宮兄弟・サウスバウンドとこちらも2回起用の北川景子さんがお気に入りらしく
「この二人だとなんの映画かわかんないよね(笑)でも嬉しいんですよ、この二人と一緒で。
森田組の若きエースです。これからどんどん使います。頭(主役)もあるかも」と仰っていました。

◇松ケン、「松山ケンイチです」って、お約束の様にマイクのスイッチがOFFでした(笑)
持ちネタなのか???
森田監督が松ケンがマイクを持ってないと思ってマイクを渡そうとしたら、
素で「大丈夫です」って言ってました。

◇で、さっきの監督の話を受けて松ケンが自己紹介の時に
「あの~、さっき監督がおっしゃってたんですけども、
僕は当分仕事がなくなることはなくて良かったです(笑)」
みたいなことを言って場内を笑かしてました。お茶目さん。

◇司会の方の「松山さんと北川さんは映画の中で甘い感じでしたが、
実際に撮影以外ではそういうことはあったんですか?」という問いに
松ケンちょっと間をおいて、「そうだったら良かったんですけど、なかったですね。」
と、永作ユリさんの時とは違って、ちゃんと笑いも交えた優等生な受け答え。
司会者さんは先日の人ックスの完成披露試写会を意識されたんでしょうか。
しかし松ケンはいつでもどこでもリップサービスするわけじゃないんですね。
きっとサービス精神旺盛なんだけど、撮影での関係以上の言葉は出てこない正直者なんだと思いました。
で、なんか違う話をひとしきりして、またまた司会の人が
「撮影の合間にお二人でゲームしたり食事をしたりっていう時間は監督から貰えたんですか?」と似た様な質問をする。
監督「どうもその話にしたいみたいだね」と、会場の総意をツッコミ。
松ケンと北川景子、ん~って感じで顔を見合せて
松「…どうでした?」
北「なかったですよね?」
なかったようです。
この辺会話の順番全然覚えてないんですが
司会「監督、作ってあげなかったんですか、そういう時間」
監督「作ってあげなかったっていうより、役者は役に入ってる時は
あんまりみんなで食事とかそういうことにはならないものなんですよ」
とか言ってフォロー。
松「僕は豚しゃぶばっかり食べてました(笑)スタッフの方たちと。
僕がもっと積極的だったらよかったんですかね(笑)」
森「いや、松山くんは積極的だったよ、目が。話さないけど目で語ってた(笑)」
みたいなことを言ってて、松ケンも北川さんも笑ってました。
司「そんな松山さんの想いを北川さんは気づいてましたか?」
肝心な北川さんの答を忘れました。すみません。
が、
「松山さんと共演できるのは凄く嬉しくて、松山さんだーっていう感じで、
食事に行くとかそういう感じではなかったです」
というような事を言ってました。
私は、この話をしてる時の北川さんが可愛くて、
北川さんにとって松ケンはちょっと上の存在だったのかな~って思いました。

◇監督が言うことに反応して松ケンがたまに凄い笑顔になる時があって
「キャーーーーッ」と、声にならない声が…。

◇沖縄の方言について司会の方が松ケンに尋ねると
「僕も方言を持っているので、普段から訛っているので、方言で演じられることは嬉しいです」
「方言指導の方がいたので会話しているうちに自然と慣れました」等々話していました。
また「完璧だったそうで」との問いにも「台詞以外はダメです」と言ってました。
司会の方曰く、方言指導の先生はあまりに松ケンが熱心で完璧で色々質問してくるので、
つい自分達もどういうイントネーションだったっけ?って本当の訛りがわからなくなっっちゃった、
と話してましたよとのこと。
松ケンは「そうなんですか?僕それは始めて聞きました」って言ってました。
「今でも完璧ですか?」との問いに
「今はダメですね。もとの訛りにもどっちゃいました」

◇最後に3人から一言づつ映画へのコメントを、の時に松ケンは
「この映画のお父さんっていうのはどこにでもいるヒーローだと思っています。
親は子供に間違ったことを植え付けてしまうこともあるけど
それを子供と親が闘って、常識みたいなものを壊していければいいと思う。
僕は闘うことが生きることだ、と思ってるんですけど、
僕も家族を持った時に、一郎の様なヒーローになれたら、と思います」
と、何かが抜けているかもしれませんが、
意味合いとしてはこういう感じのことを言っていたと記憶しています。。

◇監督はそれを受けて、松山君は映画の言いたいことをよくわかっている。
若い人でこういう風に考えらる人は少ない。凄いというようなことを言っていたと思います。

◇で、監督が「北川景子ちゃんのモップガールがいいんですよ。
昨日も見て、さっき細かい表情が良かったって言ってたところです。金曜夜、テレ朝!」
とか言って会場を笑わせていて、北川さんが「ありがとうございます」って照れた様に言ってました。可愛い~。
(私、このドラマ見ようと思ってたのにすっかり忘れていて、しまった!って心の中で思いました)

◇そんな訳で森田監督が急にモップガールの宣伝マンになったので、
司会の方が「松山さんは?何かプロモーションはありませんか?」と聞いたら
「僕、昨日Lの打ち上げだったんですけど、朝まで飲んでました」と!!!!!
監督が「甘いもの好きなんじゃないの?」と言うと「昨日はお酒だけです」と言ってました。
あの、あっさり言いましたけど、Lの打ち上げって…
L…
まさかサウスバウンドの舞台挨拶でLという言葉が聞けるとは 
しかも松ケンの口から…

〓■●

一瞬超テンション高くなってドキドキしましたが
そのあと、「打ち上げってことは本当にLは終わったんだな…」とちょっと寂しくなりました。

◇しかし松ケンは朝まで飲んでいたとは思えないくらい綺麗な顔をしていました。
肌が凄く白~い!と思ったのは東北育ちの元来の白さなのか寝不足のせいなのか…。
でも、どっちでもいいのです。
白い肌と涼しげな目に少しかかる前髪、そして高い鼻筋にあるホクロ…。
全てがとにかくかっこよかったから。

◇トークのあとにお決まりのフォトセッション。
わたくし、ホクロが肉眼で見える位前の席だったのですが
通路の隣の席で前方と右方に思いっきりカメラマンさん達がいて、
真ん前のカメラマンさんがちょっと立ち上がったもんだから全然松ケンが見えなくなってしまい、
隣に居合わせた初対面のかわいこちゃんと「見えないですよねー!!!」と憤慨しつつも、
なんとかカメラマンの脇の下の間から松ケンを必死に見ました。

◇カメラ1台1台に細かくと視線を送るお三方。
そこで松ケンがマイクを通さずに何ごとか呟いた!!!
そしたら真ん中の前から3列目くらいまでの人達が笑ってました。
私は何か言ったのは聞こえたのですが内容まではわかりませんでした。
後でお友達に聞いたところによると
「ほっぺたひきつっちゃった」か「ほっぺた痙攣しちゃった」
というような内容だったとのこと☆

◇ムービー撮影では司会の方が
「続きまして、いつも登壇者の方を困らせてしまうムービーですが」と言った時に、あのいつも所在なげに手を振っている松ケンと巻き起こる微笑を思い出してすんごく頷きました。
それで松ケンが「手を振っても使われたことないんですよね(笑)」って、
そう言ったかと思うといきなり、

中腰になって
シュピッ!と右手で敬礼をした!!!!!


超かわいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
絶対あの映像使ってください!!!!!!!!!!!!!
眉毛薄くてかっちりしたスーツで
全然お巡りさんじゃないのに敬礼してたーーー!!!!!!!!!!

あああああ、凄く面白い上に激可愛かったです!!!!!!!!!!!!!



以上、忘れないうちにと一気にダーーッと書いたので読みにくい部分もあったかもしれませんが
本日の舞台挨拶でした!

松ケン、かっこよすぎる、可愛すぎる、好きすぎる!!!!!!!!!!!!!!!!



以下余談。

◇可愛いといえば北川景子がとっても可愛かったです。顔小さい!

◇私の隣の席の子も凄く可愛かった。
ちょっと松ケン!あんたこんな可愛い子に好かれているよ!と教えてあげたくなりました。

◇私のすぐ隣にいたカメラマンさんが松ケンばっかり撮ってました。
(デジカメの一眼だったので液晶で撮った画像が見えた)
監督が喋ってるときも北川景子が喋っている時も、常に松ケンばっかり撮ってました。
たまにチェックして下向いて顔が見えない松ケンは削除されてました。
「あなたどこのカメラマンですかーーー???」と聞きたくなりました。
あんなに松ケンばっかり撮ってるんだから超いい写真が撮れてるに違いないと思うのです。
それを見たい。

◇座席について舞台挨拶を待っている時、ものすごい近くにフムフムさんが来ました!
「あっフムフム!」と敬称をつけるのを忘れるくらい驚いて2度見してガン見。
「フムフムさんですか?まつけん日記最高です!」って言いたかったけど色んな意味で無理でした。初めて生で見たフムフムさんは思ってた以上に爽やかで若々しかったです(゜∞゜)b☆

◇最後に、2度目の新垣巡査ももちろんとってもとっても可愛かったです♪♪♪
凄くほんわかします、沖縄弁の新垣巡査見てると。

お巡りさんからも、お願いします♪♪♪

100000 HIT ☆

お!

100095HITしてた!!!

みなさん、ありがとうございマーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーックス!!!!!
久々にロボが飛び出すくらい感謝の気持ちで一杯です!

松ケンが好き過ぎて、好きな想いが胸からはみ出しちゃったがために
関東の片隅で細々と始めたこのブログも
コツコツと続けたら
10万HIT♪

ブログを始めた頃は、10万HITしてる松ケンファンブログ様を見て
凄いな~ってただひたすら感心していたのですが
よもや自分にこんな日が訪れようとは。

それもこれも、
話題にことかかない超絶素敵な我らが松山ケンイチさんと
私の拙い徒然を読んで下さるみなさんのおかげです。

実際にお会いした方
お会いしたことがなくてもコメントやメールを下さる方
コメントがなくても読んで下さっている方
みなさんとの素敵な出会いに感謝しています☆

また、ブログを通して知りあった松ケンファンの方々は
本当に素敵な方ばかりで
松ケンはこんなに素敵な人達に愛されてるんだな~、と
いつも嬉しくなります。
本当にみんないい人ばっかりなんですよ。
なんでこんなにいい人ばっかりなんだろ~って思います。
松ケンがいい人だからに違いない…
という結果にいつも辿り着きます。
松ケンが素敵な人達に好かれてるって分かって
本当にブログをやって良かったな~と思っています。

これからも松ケンが話題をたくさん提供してくれると思うので
私はそんな松ケンを静かに見守りつつ……
というのは俄然無理そうなので(笑
壊れたり叫んだり倒れたりしながら
大好きな松ケンのあれこれを徒然に書き綴っていきたいと思います。

10万HIT記念☆素敵画像とかなくてごめんなさい。
こんなんですが、今後ともtmcをよろしくお願い致します★

松ケン 大好きだ!!!

+act VOL.13

ナーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!
モーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!

+act

また美しい。

松ケン 〓■●


私が松ケンの出ている雑誌を買うようになったのは
ピクトアップ#44、松ケンが表紙のやつからなので
それ以前の雑誌は私にとっては全てバックナンバー。
今日のワイドショーにしてもそうですが、
DEATH NOTE撮影中とおぼしき薄眉姿の松ケンを捕らえた雑誌を
過去の松ケンとして見た事はあっても
眉毛が薄い松ケンをリアルタイムで見るのは初めてなわけで…

かなりの衝撃でした、リアルタイム薄眉…。
骨抜き。

グレーのニットの写真、なんであんなに美しいの?
全ショットが美しいよ?

松ケンがこんなに美しいのは
松ケンの中身が美しいからに違いない。

インタビューは
“自己防衛”とか“計算”とか、ちょっとクルクルしだしました。
今回ちょっとまだ噛み砕けてないです、私の中で。
難しい。
というか、今は美しさにあてれらて
思考回路がちょっと止まってるというのが正直なところかも…。


『愛と平和と憎しみと戦争と…』第三回 も
へいわと未来の会話かな、と思って
素敵だな、と思うんだけど
この言葉ひとつひとつにどんな意味が隠されてるんだろうと思うと
いろんな解釈ができて
もっともっと読み込んでみたいと思う。

そして全身白の松ケンと白い揺りかごと
背景の茶色いノスタルジックな雰囲気が文章と相まって
とても素敵。
やられた。
こういうタッチの映画に出てくれたら嬉しいな~、と思ったり。

そしてそして
『L change the WorLd』撮影現場レポート。
レポート内容は他誌と似ていますが
Lの全身姿がとっても綺麗に1ページ 〓■●

+act 超盛りだくさん 〓■●

ありがとう+act!!!
¥980の価値があるよ!!!


私信ですが
emさん、ジャンプの全身Lのリベンジは
早くも+actで達成されてたんですねっ!!!

『人のセックスを笑うな』 完成披露試写と映画館の予告

す、すごくカッコイイ!!!!!

なんだーーーあのカッコイイ人は!!!!!

『人のセックスを笑うな』完成披露試写会の松ケン。
ダメ。
かっこよすぎる。
みるめのセツナカワイイ感じとはまた違って、本気でカッコイイ。

〓■●

カッコイイってすごくありきたりな言葉かもしれないけど
カッコイイしか出てこない。
リアルな感想です。
超カッコイイ。
まじでカッコイイ。

カッコ良すぎて見た瞬間本当に胸がドキンッてなりましたよ。

瀕死。
助けて~。
膝まづいて花束渡してる姿、手足が長すぎる~。
永作の魅力について語っている姿も
髪型もスーツもちょっとヒゲが生えてるのも眉毛が薄いのも
全てがカッコイイーーー

〓■● 

ズームインとスッキリで見ましたが、
ところどころ見たことのないシーンも出てきて
映画への期待は膨らむわ
舞台挨拶での松ケンのカッコ良さに目が眩むわで
てんやわんやです。

あんなにカッコいい人がいていいのかっ!!!???

フゥ。

先日映画館で予告編を見たんですが、PCで見るのとは全然違いました。
その時のことを書いてはいたんですが、アップするタイミングを失っていたので
ここぞとばかりに下記に続けます。
テンションが違うのはご愛嬌ということで許してくだされ。
ではどうぞ。


゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜


友人と渋谷でお茶をして別れたら18:45でした。
『めがね』を見ようと思いたち、18:50上映だから
予告は見れないかもしれないけど本編には間に合うな…
と小走りで映画館に向かおうとして
「いやいやいやいや、待てよ!予告超大事じゃん!」
と自分に突っ込みを入れました。
あぶねぇ。
そして日を改めて観に行ったのでした。

前の回が終わり、場内の掃除が終わるのをロビーで待っていると
こんなアナウンスが

「16:25から上映のめがねをご鑑賞のお客様にご連絡です。 
 めがねの忘れものがございます」

(*´∀`*)
笑いの神降臨。
ロビーが笑いで満たされる。

『めがね』は面白いとかつまらないとかいう尺度では測れない映画でした。
ストーリーがほぼ無い。
ただ、本当に癒されました。月並な言い方だけど。
映画の中では登場人物の背景とか人間関係とか説明されないことが多くて
そのほとんどが観終わっても分からないままなんだけど、
この映画ではそんなの大して重要なことじゃないのかも。
誰もが現実にはああいう風にはなれないから
見るだけで癒されるのかな。
不思議な映画でした。

そして『めがね』の上映前に、『人のセックスを笑うな』の予告編を見ました。

映画館の大きなスクリーンで見ると
セツナサが100%ではなく
200%でした。

みるめが一人カブに乗って走っているところ
PCで見てる時はなんてことなかったんですけど
スクリーンの大きな画面だと
みるめがぽつ~んと映ってる様に見えてなんだかセツナかったです。

「電話に出たくなっちゃうんだよ、出たら逢いたくなっちゃう」
と机の上のものを落とすシーンも
観覧車でえんちゃんがみるめに「ばっかじゃないの」と言うシーンも
言われてるみるめも

スクリーンサイズだとPCで見る以上にセツナイ。
はだかとかきすとか言って倒れている場合ではない。
前にミドリカワさんから頂いたコメントのお返事でも書いたんですが
この映画には、可愛さ、切なさ、愛しさ、
そういった“恋”の全てが詰まっている予感がしています。
そして、恋にまつわるそういったパーツが
スクリーンではもっともっと鮮明に見えてしまった。


これは、
まさかの『ジョゼ虎』越えをしてしまうかもしれないかもしれない…。


松フリさん情報によると来月のCREAは
衝撃作『人のセックスを笑うな』対談  松山ケンイチ×永作博美の年の差愛
だそうで!!!
CREAは松ケンに関して常にいい仕事してますので
異常に楽しみになっております。
ただ、私個人的には『人のセックスを笑うな』におけるみるめとユリの年の差は
あまり重要ではないと思っています。
『ジョゼと虎と魚たち』も
あれは足の悪い女の子のお話ではなく
一人の女の子と一人の男の子の恋の話であって
ジョゼが“足が悪くて歩けない女の子”だという事が特別重要だとは思っていません。
ユリの年齢もそれと同じ様に捉えています。
“年の差愛”を描いたのではなく、ただの恋の物語。

妻夫木くんが恒夫を「俺かと思った」り
松ケンが「全部自分の気持ち」だと思ってしまうくらい
“恋”そのものを描いているんじゃないかと
そう思うのです。
だからこそ
恋の可愛さ、切なさ、愛しさ、ドキドキ
そして滑稽さと残酷な様、
そんなものを演じ手も観る側も感じて「自分」をダブらせてしまうんだと思う。



…と、こんなに熱く語ってますが
『人のセックスを笑うな』はまだ予告しか見れてないわけで(笑
映画館で予告を見て
本編への期待が高まっていく一方なんです!



小ネタ。
前売り買った時は入ってすぐ左のポスターしか目に入らなかったんですが
トイレの横にもっとでっかいポスターありました!
それが丁度、顔やら手やら実物大なんじゃないかという大きさで…
松ケンの手ってこんな感じなんだ…とか思いながら、
トイレに並んでる間ずっと実物大のセツナカワイ松山みるめと一緒でドキドキしました。

さらに映画鑑賞後、階段を使って帰ったところ、
6階から5階へ下る階段にもありました、でっかいポスター。
ここはチケットなくても入れるところだと思うので
シネセゾン渋谷の階段、おすすめです!

キシリトーーーーール!!!!!

松ケン、キシリトールガムのCM~!!! 


( ゚∀゚)ピギャッ


わ~い!!!
わ~い!!!
わ~い!!!

キシリトールのCMっていつも面白いですよね☆
どんな感じなんだろ~。
面白いのかな、かっこいいのかな、キャー、ドキドキ☆
そしていつ撮影したんだろ~。
場合によってはちょっと眉が薄かったり…しちゃったりなんかする?

( ゚∀゚)

( ゚∀゚)

( ゚∀゚)

笑顔のままフリーズ

Lがいっぱい☆ Gyao 日経エンターテイメント ジャンプ 

ここ最近帰宅が遅く
Gyao購入時のテンションやら何やら報告できないでおりましたが
今、枕もとにはしっかりと

Gyao Magazine
日経エンターテイメント
ジャンプ

の3誌が積まれています。


Lーーー゚(ノД`゚)゚。゚(ノД`゚)゚。゚(ノД`゚)゚。


Gyao、松ケンのファンじゃなかったら絶対に買わない雑誌の最高峰。
しかし松ケンのファンになった今、感謝せずにはいられない。
松ケンと中田監督の対談、凄くいいですね。
松ケンも監督も凄く真剣にLのこと考えてるんだということが伝わってきて
なんというか
脳内がエライことになりました。
カーッとなりました。
二人が真剣にぶつかり合って出来あがったLなんだ…。
凄い…。
とても楽しみです。
そして松ケンが最後の23日間のLについてどう考えているのか
どんな想いを込めてLを生きたのか知りたい。
ぶつかるっていうことは
強い想いがあるという事。
あ~、でもそれを知るのは映画を観た後でいいな。
まずは映画を観たい。
そこに現れてるはずだから。

なんでそう思ったかっつうと。
ワタリのお供えのアドリブのくだり、
Lっぽいし、すごく良さそうなんですけど
だからこそ文章じゃなくて映画で知りたかった…。
そのLを新鮮に感じたかった。
…と贅沢を言う。
…いいの。
言ってみただけ。
Gyao Magazine様にはいつもいつも素晴らしい松ケンを掲載して頂き
感謝しています、本当に。


ジャンプは、Lのあの全身姿か映ってるのを確認した時点で迷うことなく即購入。
あの写真、顔だけ金曜ロードショーで映ったときに
すっごく“L”な1枚だと思ってとっても大好きだったので、
全身なんて見せられたら買わないわけにいきませんでした。
単行本派なのでね、
大好きなONE PIECEもNARUTOも
今号の目玉HUNTER HUNTERも現時点では読みません。
Lのためだけに買いました(゜∞゜)b☆

 、
ドキドキが止まらない。
今宵も枕もとにLを置いて眠りにつきます。゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜
おやすみなさい。



愛称

松ケンマネージャー日記 (改め、まつけんマネージャ日記?)
フムフムさんになって内容的にかなりの満足度をマーク!
超テンション上がりました。
需要をわかってらっさる。
あの短い文章の中に映画情報、松ケン小噺、ファンへの感謝
と、さすがの3段構え。
こういう私達が知り得ない松ケンのお話が知りたかったっす!
ありがとうございまっす!
L の部分をフムフムさんが書いてくれてよかったです!
松ケンがタイで頑張ってる様子が浮かんできました!
ホネロックさんもがんばれ~。
(ホネロックというあだ名をサラリと書くあたりもさすがのフムフム)
ホネロックさん、カムイのアクション練習始めてますの回はなかなか良かったと思います。
ただ、メールのタイトルが
松山ケン・マネージャー日記
だったのが気になりました。
松山ケンイチと書こうとしてイチが抜けたのか
松ケンと書こうとして山が入ってしまったのか…(笑
愛称には気をつけよう!

そういえばこのあいだ女の子2人組が
「松山ケンイチって松ケンって言うんだって」
「へぇ~そうなんだ~、そういえばこないだ、まつけん見たよ」
「え?どっちの?」
「こっちじゃない方」
と、
人セクポスターの前で話してました。
まつけんみたよ
の時点で私は松ケンだと思い、女の子達に不自然に近寄ってしまいましたが
どうやらサンバの方だった様です。
しかし、松ケンの話してるのにもかかわらず
どっちの?って聞くんですね。

早く松ケンの愛称がサンバ越えするといいな~。

『天然コケッコー』

『天然コケッコー』を見ました。

私ものすごく好きですこの映画。

映画冒頭に主人公の女の子、そよの中学校に、イケメンさんの転校生がやってくる。
それ以降、何か事件が起きるわけでも劇的な展開があるわけでもない。
ただ日常の愛おしさに溢れている。
だけど
今愛しいこの日常の何気ない全ては否応なく変わっていくもので。
そしてまた変わっていく日常の中で
そよは生きていくのだな。

そんな風に思いました。
すごく好き。

くらもちふさこの原作は読んだことないです。
なので、原作と比べてどうこうという話はできないのですが
映画としてとても好きです。


くらもちふさこが凄いのか
渡辺あやが凄いのか
山下敦弘が凄いのか。

きっと3人とも凄いんだろう。


そしてあまり松ケンと関係ない
その3人を結びつけた人のとてつもなく長い話が続くので
続きは続きを読むに置いておきます。



...続きを読む

サウスバウンド ブロガー試写会

『サウスバウンド』のブロガー試写会に行ってきました。
35組なのでどうせ当たらないだろうと思っていたら
当選してびっくりしました。
そして永田町から迷いようがない程簡単な道に迷った私が角川春樹事務所に電話をすると
応対してくれたお姉さんが丁寧に道を教えて下さいました。
なので、感謝の意を表すためにも
一所懸命レビューという名の感想文を書きたいと思います!!!

<松ケン巡査の感想>
しょうがないんですよ、松ケンファンなので。
出てくるだけで嬉しくなってしまうのは。
小さすぎるミニパトが画面に出てきただけで「あっ!」てニコニコ。
私は沖縄には詳しくないけれど、沖縄の方言で喋る新垣巡査はとっても自然に感じたし
その沖縄訛りの新垣巡査が可笑しくて可愛くて。
新垣巡査のほんわかした人柄がうまいこと出ていたと思います。
登場シーンは短いけど非常に良かったです。
笑える。
だけど可愛い。
そして、制服姿の手足が長い。
主人公の二郎に「先生だったら女子生徒に人気が出るのにな」
と描写されている原作のイメージも面白さも
ちゃんと引き継がれてると思いました。

さらに、松ケンのBARFOUT!の連載
「正義という名の下のぼやき 第一ぼやき」を読んだ人は、絶対に
「あーっ!!!」
って嬉しくなるシーンがあります!!!
そのシーン、新垣巡査っぽくて好きです。

新垣ケンイチ巡査は、ロボとはちょっと違う面白さがありました。
映画の中で楽しいスパイスになっていたと思います☆
sb_sub08.jpg
↑こちらの画像はレビューで使ってください、と試写会で頂いたおみやげです。



<映画の感想>
クスクスっていっぱい笑えます。
あったかい映画だと思います。
上原家の子役の二人がと~っても良かったです。
黒木役の子も良かった。
私、ケーディー開発の人が超ツボでした。笑える。
というか、豊川悦史も天海祐希も北川景子も松ケンも
それ以外のキャストみんな良かったと思うし
映画の中には人の温かさも沖縄の魅力も家族の素晴らしさもあったんですけど
sb_main.jpg

sb_sub02.jpg



原作が鮮烈すぎた!

映画も面白いかもしれないけど、
原作はもっと面白いんだよ~。(私の原作の感想はコチラ
原作を読んでない自分には戻れないから
あぁ、あのシーンがあったらもっと面白いのに、とか、
そこもっと突っ込んだらもっと伝わるのに、とか思ってしまう。
でも映画は2時間で限りがあるし、
その中で伝えたいことを分かりやすく伝えるために
ソフトに優しくまとめたのかな~って思いました。
分かりやすくコメディーになってたな、っていう印象。
なので、映画『サウスバウンド』を面白いと思ったら
是非原作を読んで欲しいな、って思います。
飄々としていながらも面白く
更に深~い『サウスバウンド』の世界を楽しめると思います。

で、原作を先に読んでいて面白かった場合、
たいていの映画はハードルが高くなってしうもので。
続きに、原作と映画の違いやネタバレが少々含まれた率直な感想を書いています。



...続きを読む

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。