徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSUTAYA on line 松山ケンイチ単独インタビュー      と、すばる

TSUTAYA on line 松山ケンイチ単独インタビュー


ヘケーーーーーッシュ!!!


びっくりしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
スッゲーかっこいい人がLの話してた!!!

ヘキャッ!
びっくりしすぎて
生まれて初めてサイン入りポラプレゼントに応募してもうたよ。
インタビューでは初めて聴く話やLの内面に関する気になる話があったり。

早くLの新しい映画観たい。

しかも小説すばるの表紙
殺す気だよね…。

早くLの新しい小説読みた

い…ような?
読みたくないような。
映画を先に観たいような
でも我慢しきれないような。

ハァ、
とりあえず落ち着け。
スポンサーサイト

神童 DVD

発売日に入手してたのに、あれやこれやでやっと観ました。
『神童』のDVD。


秋口にノベライズを読んだのですが
サントラを聴きながら読むと本当に映画の『神童』が甦ってくる感じでした。
映画にはないエピソードや映画にはないうたの感情もあるんですが、
それでもやっぱり映画をなぞっていくような形で私は読んでました。
読んでる時は映画の世界に浸ってました。
なので、待望のDVDです。


映画の感想は今までたくさん書いてきたので割愛しますが
今年観た映画の中でも本当に心に残る映画の1本になりました。
『神童』をいつも手元においておけるなんて
とっても幸せです。
もちろん映画館のスクリーンで観た方がいいにきまってるんですけど
いつでもこの映画がそばにあるというのは
とってもとっても嬉しいことなのです。


それに限定版は映像特典もいっぱいあって超贅沢!!!
M-ON!は私見たことあったのですが、見れなかった方も多いと思うので
松ケンと信ちゃんと二人でワオを創り上げていってる様子が収録されていて
非常に嬉しいです。
“トークイベント”は監督と信ちゃんのトークショーに足を運んでレポしましたが
あの時の雰囲気がこうして収められていていい感じです。

私としては見たことのなかった“香港・神童特別上映を訪れて”
が非常に面白かったです。
松ケンは出てないですけども香港の様子を知れたし
成海璃子ちゃんがすごく可愛いし
中でも~萩生田宏治監督、自らの映画の日々を語る~がとっても面白かったです。
私、萩生田監督好きだ~。
「好きなものに寄っていればそっちにいけると信じて疑わず」
にやってきたらこんな素敵な映画が出来たんですね。
自分が進みたいことの傍にいるっていうのは大切なんですね。
知らない人もいっぱいいたけど
映画界の著名人と萩生田監督の繋がりのお話も盛りだくさんで面白かったです。
そうそう、先日大好きな『リンダリンダリンダ』を見てたら
美術協力のところに萩生田監督の名前を発見したんですよ。
あれ?こんなところに繋がりが?しかも美術?と不思議に思っていたんですが
RIPPLE OUTのマミナミさんが書いて下さった
萩生田監督と山根貞男教授のトークショウレポート
で理由が判明しました!
それがこの香港の話ともちょっとつながっている気がしました。


そしてそして“初日舞台挨拶サーキット”が!!!
キャホ~♪
こりゃいいですね!!!
ドアにぶつかる監督が可愛すぎます。
私は渋谷の2回に参加できたんですけど
レポもしましたけど、
やっぱり私の記憶と文章じゃ限界があるし
雰囲気全ては伝わらないし
こうして松ケンやみなさんの“そのまま”が残るというのは嬉しい限りです!!!
うひょ~♪
嬉しいな~♪


それで、DVDのパッケージやポストカードに
「何か月後かにわざわざどっかのホールを借りて撮った」写真が使われてますよね。
やっぱりいくらひねり出しても映画の時のうたとワオとは雰囲気が違っていて
成長した“その後のうたとワオ”って感じがしました。


原作はまだ読んでません。
原作はワオもヨーロッパに行ったり、もっとお話が広がってるらしいので
映画とはまた違う、多分映画のその後っていうのとも違う
うたとワオのお話を知りたいと思ってます。


最後に
心に残る映画に巡りあえて嬉しいし
心に残る映画に松ケンが出演していることも嬉しいです。





椿三十郎 試写会

椿三十郎の試写会に行ってきました!
六本木の完成披露試写会の他にも
サプライズで新橋のヤクルトホール試写会にも松ケンが登場!
デスノのサプライズを思い出しますね。
やっぱりサービス精神旺盛だな~、松ケン。
しかし私はそのどちらでもない半蔵門のTOKYO FMホールでした。
゚+(。゚´д`)゚+゚。

松ケンに会えなかったのは残念だけど
映画はとっても面白かったです!!!
会場は本当に笑いが絶えなかったし
私もいっぱい笑いました。
椿三十郎と室戸半兵衛の殺陣がかっこよかったですし
音楽も効果音もよかったです!

公開前に黒澤版を見ようかどうしようか迷ってる間に意外にも試写会に当選し
結局黒澤版を見ずに森田版を見ました。
新旧を見比べるという楽しみ方もあるかもしれないけれど、
そして黒澤版を愛してやまない方々がどう感じるのかはわからないけれど
純粋に一つの映画として森田版『椿三十郎』をまっさらな状態で見てみると
とっても面白い映画だと思いました!
まさにエンターテインメント!
楽しかったです!

ホリプロ公式の伊織様からのメッセージも笑いました。

どアップにキュン☆ → マゲ!? → スーツ!!!

プッ(ΦωΦ)

公式の動画は松ケンのオモシロな部分が出てることが多くて大好きです。
制作発表会見の写真撮影でずっとカメラ目線の松ケンとか
さりげなく面白すぎです。
椿の撮影中に撮ったってことはもう1年前の松ケンなんですよね。
それを公開直前まで温存しておくとは…フムフムは本当にやり手だ。
丁度1年前のこの頃に松ケンが気になり始めて
公式動画でのお茶目な松ケンを発見して更に大好きになったことを思い出します。
「牛焼肉定食ください」とか大好きでした。

そんな素敵な笑いのセンスの松ケンが好きです。
そんな素敵な笑いのセンスが椿三十郎の伊織様にも活きてる気がします。

いやいや面白いです☆椿三十郎。
うちのおじいとおばあにもおすすめ。
父ちゃんと母ちゃんにもおすすめ。
妹にもおすすめ。
もちろんココを読んで下さってるみなさんにもおすすめの映画ですっ!!!



松ケンだらけですね

大変大変!

温泉行って露天風呂でうかれて風邪ひいてる間に
松ケン雑誌や松ケン情報がいっぱい

〓■●

頭ぼーっとしてるし、寒いし
本屋さん行くの嫌だな~
明日でいっか…

なんて私が思うわけがなかろう!!!
風邪っぴきのくせに本屋へ突撃。
帰りにコンビニにて楽天で買った『神童』を受取り。
ただいま帰りました。

みなさんが「松山ケンイチguide」なんじゃないかと言っておられる「日本映画Guide」は
1軒目の本屋さんでは売り切れてて
2軒目は本の角が50ページくらい折れてるやつと
表紙にボールペンの跡がついてるやつしかなかったんです。
明日都内に出るのでその時キレイなの買う!

結局
「acteur」
「キネマ旬報」
「この映画がすごい」
の3冊を購入。
まだパラッと見ただけなんですが
どれも写真もインタビューもよさげです!
早く読みたい!

この映画がすごいの写真が意外にいいぞ!と思ったら
「よみぴあ」の中身がもっとやばいらしい!
明日頂ける予定なので楽しみすぎる。

とりあえず今からお風呂に入って体を清めて
上記3冊を読まなきゃ!

ああ、神童のDVDも見たい!
DVDに隠れてるワオが素敵だった。びっくり。サプライズ。
ポストカードもみたことない写真があって、予想外のお得感!

おお、そうだ、ナビゲートDVD
『L WorLd change of the WorLd』も予約しなくては!

っていうか、小畑健氏書き下ろしのL!!!!!
なんっじゃこりゃああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

〓■●
〓■●
〓■●
〓■●
〓■●

久々に見る新しい L 。。。。。。
死んだ。
凄い威力だった。

あ、Cutは発売日に信州にて購入していたのです。
もう…

ロッキング・オンで写真集出せばいいじゃん!!!

いつもいつも
インタビューと写真が物凄くクリティー高くて
大満足ですCut。

ではでは。

明日は『椿三十郎』の試写会に行ってきます!
舞台挨拶が無い方の…ρ(-ε- )

L 予告動画  追記アリ

L change the WorLd、公式HPで予告動画みました。

いつもの座り方で椅子に座り、一人でチェスをしてるLがとてもいいです。
初めて見るシーンでした。
とても良すぎて…。

L…。

あぁ、あのLの姿に
色々詰まってる…。
詰まり過ぎてる…。

L…。


200711190137 写真追加

圧巻
L_maeuri
自分の分×4セット + 松友さんに頼まれた分×4セット = 8セット


L_flier
フライヤーも貰ってきました!

予告動画の最後のチェスを見て切なくなったり
映画館にフライヤーが出てきたり
どんどん公開が近づいてきている感じがして、気持ちが相当前のめり気味な今日この頃。




椿三十郎 OFFICIAL BOOK 

ドンッ 〓■●

即死。

椿ムック即死。

1,680円出してでも買いなさい!!!


写真6P(伊織2P 松ケン4Pでした)
インタビュー2P

写真がどれもヤバすぎ。
みなさんがアップしてる椿を手に乗せてるやつが一番ヤバいわけなんですが
見開きのアップの笑顔に「ヒィッ」っだし
眼を閉じてるやつにだんだん吸い寄せられていく怪しい自分がいます。

井坂伊織に的を絞ったインタビューも面白いですし
松ケン以外のページも面白くて読み応えありで
正直全く期待してなかったんですが
期待してなくてごめんなさい!!!
と、ぴあ編集部に向かって謝りたくなる程です!!!
どこにあるのか知らないけど、
帯に 発行元:ぴあ株式会社 東京都千代田区って書いてあるから
とりあえず千代田区方面に敬礼
(゜∞゜)ゞビシッ

本年度発行された松ケン関連書籍ヒエラルキーで
間違いなく一番上の三角のところに分類されます!!!!!!!!!!!!

テトラポット・メロン・ティー もとい デトロイト・メタル・シティ

松ケンがクラウザーさん!!!!!

(((( ;゚Д゚)))

(((( ;゚Д゚)))

(((( ;゚Д゚)))


本日午前7:33の驚愕。
松友emさんより
松山ケンイチ次回作 デトロイト・メタル・シティ クラウザー/根岸役
というびっくりメール入電。
びっくりしすぎて面白い返信できなかった。

松ケンもクラウザーさんも大好きですが
よもや松ケンがクラウザーさんになる日が来ようとは!
まったくもって予測不可能!!!!!

デトロイト・メタル・シティ
マジで超面白いんです。
何年ぶりかで声出して笑いながら読んだですよ。
凄いマンガです。
超絶オモシロです。

だからこそ
その面白さが映像化できるのかーーー!?
というなんともいえない複雑な気持ち。
クラウザーさんの行動や発言が映画向けにソフトになっちゃったら面白くないし。
実際DMC映画化の新聞やネットのニュースでも
クラウザーさんの決め台詞が伏せ字になっちゃってるし。
私も私でいたいけな中学生や小学生がこのブログを読んでるかもしれないと思うと
○○○○とか○○○とか○○○とか、
クラウザー語録を書きたいけど書けない訳で。

しかしケンイチは言ったという。

「公然猥褻カットにあこがれを持ち、
 1秒間に○○○を11回言い放つクラウザーさんに震えてしまいました」

松ケンならやるな。
なんのためらいもなく、
公然猥褻カット。

その他、松ケンの原作およびクラウザーさんへのコメントを見てたら
いつもの通り
松ケンは大丈夫だ。
しっかりクラウザーさんになってくれるに違いない。
と思いました。

そんで、クラウザーさんのメイクして
おでこに“殺”って書いてる松ケン想像したら
笑えました。

だからあとは
脚本の人と監督さんにがんばってもらうしかないデス!!!!!

笑わせてくれ!!!!!

ゴートゥDMC!!!!!
ゴートゥDMC!!!!!



追記
ジャギ様誰だろう。
気になる~。

ジャンプ50号 STEADY 2007.12  MEN'S NON-NO 2007.12

あの~。
11月の雑誌、全部買ってるんですけど、大丈夫ですか?
と、自分に問いたい。

ジャンプがひどい。
ソファーみたいな椅子にコテンッてなってるLが…。

松友emさんから
椅子コテLが、Lのあんよがキャナリやばい!
1.5cm×2cmくらいなんだがかなりやばすぎる写真である!
という内容のメールを
もらってはいました。
もらってはいたんだけど
ほんとにヤバかったーーーーーーーーーーーー!!!!!
非常ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに可愛らしい
というか
手足が長すぎてLすぎるというか
ほっとけないというか
なんというか

ヤバい。

この1.5cm×2cmのためだけに買ったと言っても過言ではない。
前にジャンプ買った時にも書きましたが
単行本派なのでジャンプ買っても漫画は読みません。
巻頭カラーのNARUTOもONE PIECEもBLEACHも
単行本が出るまで我慢!
Lを探してる間にうっかり見えちゃった「輪廻眼」って何?「車輪眼」より凄いの?
と気になっても、我慢だ単行本が出るまでは!

というように、
単行本派の私が買ってしまうほど威力があるジャンプだったので
買わない人も是非立ち読みしてみてください。
椅子コテLを!!!!!
でも初めて聞く情報がどっちゃりで
「えええ?そんなにバラしていいの?」って思ったので
ネタばれしたくない方は文字を見ないように
器用に写真だけ見て下さい。
椅子コテLはP.22です

〓■●



それから、先日婦人画報の値段にびっくりして置いてきてしまったSTEADYですが
無事連れ帰りました。
婦人画報の写真の衝撃と
CREAのインタビューの衝撃に隠れてしまった感のあるSTEADYですが
こりゃああ、めっちゃツボです。
視線がヤバいです。
射抜かれました…

〓■●

素敵すぎ。
1Pしかないし、STEADYは自分にはちょっと幼すぎるので
ぶっちゃけ本誌の内容に全く用はありませんが
買わなかったら後悔する!!!
と過去のお馬鹿な自分が叫びました。

過去のお馬鹿な自分とは。
物凄~くツボだったメンノン4月号を
1Pしかないからと先延ばしにしていたら見事に買い逃し
その後定価以上で買った自分です。


そして、その過去の自分が
メンノン12月号も買っちまえ!
と叫びました。
ヴェロニク・ブランキーノを着こなす松ケン

〓■●

メンノンとクールトランスの松ケンは
かなりの確率でかっこいいです。
100人がアウターを着こなすという今回のメンノンの企画で
100人の中で松ケンと瑛太だけ1P扱い!
ファッションアイコン松ケン

〓■●

P.22の瑛太さんの着こなしが素敵だわ、と思ったら
島津由行氏だった。
松ケンも機会があったら大御所・島津由行チョイスを着てみてほしいと妄想。

それから今回のメンノンの特筆すべきは
P.36

「ジョン・ローレンス・サリバン」をめぐる3人衆!

!!!
個性的すぎーーー!!!
誰?
誰が松ケンのお友達なの?
前にお友達がいるブランドって言ってませんでしたっけ?
うむ~。
さすが松ケン。
一筋縄ではいかない濃いブランドだ。



というわけで、
今後の雑誌も全部買ってしまうのか自分。
そんな余裕はあるのか自分。



つづく

不思議な髪型

万年筆ベストコーディネイト賞2007の授賞式
ズームで見ました!

…?
あれ~!?
思ってた髪型と違ーう!!

11/8の“不思議な賞を受賞!”という記事を書いた時点では
夕方のニュースを見てなかったのでこの画像だけしか見てなかったんですよ。


mannenhitu

これだけ見ると、髪をピシーーってまっすぐに分けて
ツヤッと光沢があって、綺麗にピッと固めてる感じに見えたんですよ。
それで「昭和の文壇の人みたい~☆」なんて思って
すてきすてき~ってうかれてたんですが…


なんでしょう、あの不思議な髪型は。
分け目も無造作ですね。
前髪もふにゃふにゃ~って無造作で
ピシィーーッにも光沢にも程遠いですし、それに…
まさか後ろにおだんごがくっついているなんて想像できませんでした!


不思議な賞を不思議な髪型で受賞する松ケン。
カムイのためにくっつけたエクステをおだんごにしてるんですね。
早くおだんごじゃなくてかっこいいカムイ姿が見たいです。
でもでも!スーツの襟にパイピングが入ってたりしてオシャレだし
しかも三つ揃いだし
他の受賞者の方と並ぶとスタイルの良さが物凄い際立っちゃって
見慣れるとこの髪型でもやっぱりかっこいい~♪
って思う私は病気ですか。
ですね。


それから、戸川滋比古に見えます。
『食卓の魔術師』が映像化されることがあったら
戸川滋比古役は是非松ケンでお願します。
そして下の注釈なしに戸川滋比古が分かった人とはとても仲良くなれそうな気がします。
知らない人は面白いので興味がわいたら読んでみてください。

戸川 滋比古(とがわ しげひこ)
syokutaku

shigehiko'

shigehiko2

『動物のお医者さん』の佐々木倫子が描く、“忘却シリーズ”『食卓の魔術師』『家族の肖像』『代名詞の迷宮』に出てくる登場人物。視力も記憶力も悪くないにもかかわらず、人の顔と名前を覚えることができない高校生の主人公・黒田勝久の友人。花形満に憧れて彼の髪形を真似しているナルシストだが、隣人で小学校6年間同じクラスだったにもかかわらず、勝久が自分を覚えていなかったことにショックを受け、以来何かと勝久に絡んでくる。
(Wikipediaより抜粋)

不思議な賞を受賞!

キャーーー!!!
万年筆ベストコーディネイト賞2007にケンイチさんが選ばれた!!!

 →ココに写真
 →ココに記事

キャーーー!!!
なにこの髪型!!!
なにこの三つ揃いのスーツ!!!
万年筆からイメージしたビジュアルなの?
まるで万年筆で執筆する昭和の文壇の人みたい!!!
古き良き銀座の文壇バーとかに出没しそうな雰囲気ですよ!!!
素敵~

この賞、松フリさんのところやmixiで松ケンがエントリーされてるのを知った時は
不思議な賞があるもんだな~と思いながらも
指の綺麗な松ケンにぴったり!とばかりに私も1票を投じましたの。

指の美しさに似合うのはもちろん
今、2つの連載において自ら文章を綴っている松ケンにとっては
本当にぴったりの賞になりましたね。
嬉しい~!!!


「書くことは自分と向き合える数少ない時間。いつも(万年筆を)胸ポケットに入れていきたい」
 -松山ケンイチ談-


そしていつもながら松フリさんの情報の早さに感謝です。
松フリさんのおかげで明日のワイドショー、予約ばっちり♪

婦人画報 DECEMBER2007 と CREA DECEMBER2007

婦人画報


高けぇぇぇぇぇぇぇ(((( ;゚Д゚)))





……。





屍 〓■●






わいは屍と成り果てました…。
息も絶え絶えです。
もちろん金額のせいではありません。


松ケンが素敵すぎるからです。

無垢な感じがする。



インタビューはないけど、
少しだけ添えられている言葉がいいと思う。

とか冷静に書いている場合ではない!!!!!
とにかく屍化必須の婦人画報!!!!!
1100円?たった3Pの為だけに?
払ったともさ!!!!!




CREAも素敵。
インタビューはもう、それ完全に恋だよね!?
松ケンが切ない~、なんだそれ松ケン!!!!!
松山みるめは本当にユリに恋していたんだね。
恋してる感覚を思い出しちゃったじゃないか…。
そして永作女史のパーカーの紐をつまんでる写真が凄く好きです。
小さくて華奢な永作さんとの身長差で、
松ケンってこんなに大きいんだ、って
うわ~、やっぱり男なんだってドキドキした。
扉の写真もなんだかセクシー…


屍 〓■●


steadyもよかったです。
うひゃーーーーーーーーーーっ!!!!!!!
ってなりました。
眼差しが素敵だった。
けどさ、婦人画報とCREA、2冊で1700円て…。
まさかの高額出費にびっくりしちゃってsteady本屋さんに置いてきちゃった…。
でもやっぱり買えばよかった…。
って今後悔してるから多分近々に買うと思います。

怒涛の薄眉×ホラエ牛田の攻撃に早くも完敗です。
この調子でtmcの屍が猛スピードで増えていくことは想像に難くない…。

とりあえず今夜はこの2冊をうっとり眺めて眠りにつこう



日経エンタテインメント!12月号とGyao Magazine No.017とヒゲ

なんじゃぁぁぁ、公式の写真!!!!!
変わっとる!!!!!!
超かっこいい!!!!!
セツナヒゲ。

うふっうふっ☆
Lクランクアップ報告会見のフリルヒゲもやばかったし。
あの会見の松ケン超かっこいいです!!!!!
あのスーツ何?マジやばいんですけど。
襟のところのクルミボタンが素敵~。
そしてなんと言ってもあの黒フリルシャツ!!!!!
何回も言いますが、フリルシャツ着てる松ケン大大大好きです!!!!!
男であんなに厭味なくフリフリが着れるのは松ケンしかいない!!!!!
更に髪が伸びて、もう言うことのないカッコ良さでした!!!!!

そして日経エンタテインメント…
う、薄っ、薄っ、薄眉!!!!!
足細ーーーーーーーっ!!!!!
やばーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!
会見のヒゲスーツフリルのトリプル技にもっていかれっぱなしだったけど
日経の22歳っぽいカジュアルな洋服もいいかも☆
アンケートをもとにした分析ではルックスよりも演技力を評価してる人が多かったり
個性的というイメージが他の俳優に比べて断トツだったり
40代男性からの評価が高いというのが面白かったです。

発表された時はGyaoばかりに気を取られてたけど
日経がやばかった11月2日。

でもGyao読んで、
ああ、松ケンはやっぱりLのことちゃんと分かってたんだって思って嬉しかった。
そうそう、プライベートで行ってみたというメイド喫茶だけど
どういうものか知るために行ったというのなら
撮影前に行かないと意味が無かったんじゃないかと…(笑
うっかりにもほどがある。

なにはともあれ、今後の雑誌ラッシュがますます楽しみになる2冊でした♪ルルル~

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。