徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のセックスを笑うな レビューと雑記

昨日『人のセックスを笑うな』を観ました。
公開直後に怒涛のL祭が始まっちゃって
右を向いても左を向いてもLLLLでLに浸りたかったから
この映画は初日に観たっきりになっていて
1か月以上も間があいてしまいました。
が、久々に観て
やっぱり
すっごく好きです。

なんて可愛い映画なんだろう。
みんな可愛い。
ユリはちょっと別次元にいて、そのユリに翻弄される
みるめも、えんちゃんも堂本も
可愛くてしょうがない。
やっぱりニヤニヤしっぱなしだった。
みるめにとっては決して幸せな形で終わってないけれど
それでも観終わったあとほわ〜っとした気持ち。

それは多分、人を好きになったときのいろいろが
いっぱいいっぱいつまってて、
映画の中に幸せな時間や空気が溢れているからだと思う。
そして幸せだけじゃなくて苦しさや少し残酷なところも
他人からは時に滑稽に見えてしまうことも。
そういうの全部ひっくるめて
人を好きになっちゃうって
こういうことだよね
って思う。
人を好きになる瞬間を
また味わいたいなって思う。
苦しくてもいいからまた人を好きになりたいな
って思う。
そういう映画。

井口監督はこの映画を
‘原作と同じ台詞はないけれど雰囲気は同じ映画’
と仰っていました。
私はあらかじめ読んだ原作も凄く好きで、
そう言われてみれば同じ台詞はあんまりないです。
(実は1個ある☆)
それに映画ではユリが別人のように
チャーミングで魅力的に描かれている。
だけど確かに原作と映画は同じ雰囲気を纏っている。

原作を‘30分で読める’‘あっさり’と評する人が多いけど
私はその短い話の行間を読むのが好きでした。
台詞と台詞の間に空気がある。
それを感じて読むのが好きで。
映画も会話のない時間が結構多いと思うし
人物のアップなんかも少ないと思う。
だけどそこに流れてる空気が好きだし
その時間こそがこの映画の大事なところなんだと思う。
そこで何を想い何が動いているのか。
そういうところが私は好きで
そういうところが
原作と映画は‘違うけど同じ’なんだと思う。

『人のセックスを笑うな』
大好きな1本になりました。
家に帰る道の途中で、自然とAngelを口ずさんでました♪



松ケンファン限定上映会 ★ 追加情報↓
        
◇非売品オリジナルグッズプレゼントの抽選があるそうです!
◇本編上映前にメイキング『人の訛りを笑うな』(約3分)の上映が決定!
◇参加者がポストカードに「人セク」及び「貸切上映会」の感想を書く
 主催者がまとめてファイリング⇒松山さんに送る企画が進行中!

ちなみに上映会は通常には無いレイトショーの時間帯で開催されます。
これは映画が予想以上のヒットを記録しているため
一般のお客様が観られる機会を減らさないように
という映画館と主催者さんたちの配慮からで
ヒットとそれに対する配慮が嬉しいです☆

※上記上映会の募集は2/29をもって締切になりました

雑記はネタばれありなので続きに♪

...続きを読む

スポンサーサイト

L 弾丸&リベンジ舞台挨拶ツアー

雨ニモ負ケズ!風ニモ負ケズ!雪ニモ負ケズ!
29日旭川&札幌リベンジツアー緊急決定!!!

携帯にホリプロメールが届いて小躍りしそうになりました☆
もちろん私自身は行く事はできませんが
24日の舞台挨拶が悪天候により中止になってしまい
北海道の舞台挨拶に行く予定だったファンのみなさんも
チームデスのみなさんも、そして松ケン本人も
どんなにか胸を痛めているだろうと気が気でなかったので
関係者の方々の迅速な対応に
手がちぎれるくらい拍手を送りたいです。

...続きを読む

『人のセックスを笑うな』 松ケンファン限定上映会のお知らせ

postcard_hitoseku

3月1日開催 参加者募集中♪

松山ケンイチファンによる
松山ケンイチファンの為の
松山ケンイチ初☆恋愛映画『人のセックスを笑うな』貸切上映会

mixiコミュニティ『松山☆天然☆ケンイチさん』で発足したこの上映会
みるめのシーンで変な声が漏れ出てしまったり
うっかり叫んでしまったり
ニヤニヤしすぎたり
はたまた泣いてみたり
といった、一般の方々と一緒では憚られてしまうことが
全て許されるという非常にありがたい上映会です。

もちろん、いろいろアレすぎて一人でこの映画を観れません…
という内気な仔猫ちゃん達にもうってつけではないでしょうか。
なにしろ会場にいる全員が松山ケンイチファンですから。

私もこの日ばかりは遠慮せずにあのシーンやあのシーンやあのシーンで
「ひっ」とか「きゃっ☆」とか「ぶっ(ΦωΦ)」とか声に出して
えへら~☆っと鑑賞したいと思います。
楽しそうです。

参加には事前のお申し込みが必要ですので
ご希望の方は下記のリンクページからお申し込みくださいませ♪
↓ ↓ ↓
Long Love Letter | 『人のセックスを笑うな』上映会のお知らせ

L change the WorLd レビュー 

昨日また観てきました『L change the WorLd』。
本当はスウィーニー・トッドを観に行ったんですが
窓口でうっかり「17:00のL」って言ってました。
驚異の7回目。
人生初。

初日舞台挨拶の日に3会場で観たのですが
バルト9が一番音も良くて席も見やすかったので、
やっぱシネコンいいわ~、とバルト9に出向きました。
一番前や端っこの席以外はほぼ埋まってました。
日曜日の17:00、新宿という土地柄のせいか、カップルが多く
私の両隣もカップルでした。
お菓子をポリポリ食べまくってるカップル達と
窓口でLって言った瞬間から泣きそうになって
スクリーンに向かって歩いてる間も思い出して泣きそうで
映画始ってすぐのタイトルバックのLの文字で泣いた
温度差のありすぎる私。
でも両カップルとも笑うところでは笑って、
最後は泣いてる様子だったので、「でしょ?」って嬉しくなりました。

公開から1週間、まだまだ人気沸騰中の『L change the WorLd』。
観た直後にネタバレなしの感想を書きましたが
そろそろご覧になった方も多いと思うで
思いっきりネタバレの感想を続きに書きたいと思います。
核心に迫っちゃってるのでまだ観てない方はお気を付け下さいませ。

...続きを読む

L change the WorLd 初日舞台挨拶・4 外伝

2月10日、つまり『L change the WorLd』初日舞台挨拶の翌日
わい6時に起きました。
午後の。

何故かというと…。

...続きを読む

L change the WorLd 初日舞台挨拶・3 新宿バルト9

◆池袋から新宿へ移動

◇新宿の舞台挨拶ではK♪さんと合流予定。
 当然新宿待ち合わせにしていたものの、
 山手線の渋谷ホームにLの大量ポスターがあったはず!と気付き渋谷に変更。
 K♪さんとの久しぶりの再会に喜びつつも
 Lのポスターが全てなくなっていてとわさんと3人でがっくり。
 公開前までだったのか…。結局1回も見なかった。ショック。


◆新宿バルト9 20:50
 
◇のんびりしすぎて雪の中をダッシュ。
 会場でまゆさんと合流して4人で着席。
 最後の回だからかちょっと短めのご挨拶でした。

...続きを読む

L change the WorLd 初日舞台挨拶・2 池袋シネマサンシャイン

◆池袋シネマサンシャイン 15:40

◇上映中の反応が超新鮮で笑い声も多くフレッシュな池袋。
 初めて観る人が多いんだな~きっと。いい反応だな~。

◇映画観てやっぱり泣く。今日3回目なのに凄く泣く。

◇というか、登壇者の出入り口に近過ぎる席。

◇松ケン登場、近っ!!
 「きゃーーーーーーーーー!!!」と言ったと思う。
 超かっこいい。
 入口に一番近い方にサインをしていた。ふお!!
 しかも出てきた時から笑顔な感じ。

◇携帯で写メってるピロリロリ~ンって音が結構鳴る。
 なんで注意しないんだろうな~と思う。

◇松ケンのみでお話が続いたところで
 「ゲストをひとり紹介します。Lのことが大好きな中田監督です(笑)」と松ケンが言うと
 昨日のTVジャックのLの色違いTシャツを着た中田監督。
 と!
 佐藤P、モジャ、フムフム、仏陀が手をつないでゾロゾロと連なって登場!!!!!!
 わ~~~!!!場内大爆笑。
 「Lバイオレットの監督、中田秀夫です(笑)」
 「Lブルーのプロデューサー、佐藤Pです(笑)」
 「Lモジャのモジャです(笑)」
 モジャ~!爆笑!
 松ケンも素で笑っちゃってる。
 フムフム何故か飛ばして小杉仏陀氏へ
 「Lレッドの宣伝プロデューサー小杉です」
 マイクを渡そうとするも話さないフムフム。そこで松ケンが
 「あの、マネージャーです」と紹介。

◇そのLレンジャーを撮影する牛田元さん。
 「撮影してんの牛田元だよ!」とemさんに耳打ち。「なんで分かるんすかーーー!」
 だよね。わいもびっくり。

◇いろいろポーズしたりして面白いLレンジャー。
 Lレンジャーに本気で笑ってる松ケン。
 あの、くしゃってなる笑顔わかります?Last nameで香港行った時
 竜也さんとステージの上でなんかボタンみたいなの押す時に、くしゃ~ってなる笑顔。
 ああいう笑顔が飛び出した!
 手で口をおさえて笑ったり、歯を見せて笑ったり、すっごく楽しそう。
 「あの、この人達が酔ってるって思われるかもしれないですけど、真面目にやってます」
 って言ってました。
 うん、知ってる(笑)

◇フムフムが他の人が話してるときちょっとフムフムって頷いてるのが笑える。

◇あ!LレッドだけLのロゴの下にlawlietって書いてある!!!!手書き~!!!
 「レッドだけlawlietって書いてあるよっ!」ととわさんに報告!
 emさんはほぼ同時に気づいてた。
 
◇仏陀が携帯を取り出し愉快なLレンジャーを撮影。
 そんなことしたら写メる人増えちゃうよ~、なんて思ってると松ケンが
 「あの~、ちなみにこれ撮影オッケーですからね」
 と下北訛りで爆弾発言。

◇ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
 だから写メ注意してなかったのか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 っつうか、デジカメもってねぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
 
◇映画のために電源切ってた携帯を慌てて起動……。
 起動時間なげぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

◇起動後すかさず撮影サイズを1Mに変更!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 撮影撮影!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 距離は近いのに写メると豆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
 ズームは?ズームどうやんの??????????!!!!!!!!!!!!!
 自分の携帯なのにズームの仕方が分からないアホすぎる!!!!!!アホ!!!!
 可能な限りのボタンを押してみるも結局ズーム分からず!!!!!!!!!!!!!
 っていうか1枚撮ったら保存時間なげぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
 保存してる間に6人揃ってやったズームインもLポーズもこちらへの目線も
 終~~~了~~~!
 tomocoさん残念です。

◇結局携帯での撮影は諦め、肉眼で笑顔の松ケンを堪能することに切り替え。

◇しかしズームインしてるときのケンイチさんは本当に楽しそうだった。
 客席からズームインやってって言われて
 「ズームイン」って、なんで?みたいな感じで笑いながらやってる松ケンが可愛かった。

◇退場する時握手やサインに応じていました。本当に優しい。

◇ブクロ最高~!!!(IWGP)

◇終わったあとも大興奮に包まれるファン達。
 わいも大興奮だったが、次の回のチケットをお譲りする方と待ち合わせのため急ぐ。
 舞台挨拶終了の時間がそもそも待ち合わせ時間を過ぎていた。

◇小学2年生の息子さんといらしゃるということで、
 待ち合わせ場所に行くと超可愛い小学生とママンをすぐに発見!!!
 話しかけると息子氏が「よかった~~~!」と本気の安堵の声を出したので
 それが可愛すぎた。と同時に
 「ごめんよごめんよ~、見れないかもしんない!と思ったよな~。ごめんよ~」と思う。

◇チュッパチャプスのキーホルダー(?)やお菓子などお礼をいろいろと頂いてしまって
 逆に恐縮。ありがとうございます~!
 お互いケロロ軍曹が好きだとわかっていたので、写真撮影がOKだった旨伝えて
 「健闘を祈るであります!」とエールを送る

◇あとでわかったが、息子氏はなんと
 ママンお手製のLロゴTシャツ&ストレートジーンズを着用していたそう!
 しかも「Lって書いて」と息子氏自らねだったそうな。

◇しかもしかも、息子氏は映画が始まってすぐ裸足になり、L座りで映画を見始めたそう。

 。゚+(。゚´д`)゚+゚。
 。゚+(。゚´д`)゚+゚。
 。゚+(。゚´д`)゚+゚。

 可愛すぎる。
 松ケ~~~~~~~ン!!!!!
 小学生男子にこんなに好かれているぞ~~~~~~!!!!!
 って松ケンに伝えたい。

musukoshi


◇その後待ち合わせしてた初対面のふうさんと合流するはずがメールにてこずっていると
 なんと、更に更に待ち合わせしていたともさんから「ふうさんと一緒にいます」とメールが!
 みんな繋がってるんですね~。驚き。

◇ふうさんが参加する18:40の回が始まる時間が迫ってきて
 心待ちにしていたふうさんとの嬉しはずかし感動の初対面に浸る間もなく
 「写真撮影OKだから!しかもこの席入口超近いから!がんばってください!」とお別れ。
 一路新宿へ。

L change the WorLd 初日舞台挨拶・1 丸の内ピカデリー

今回、舞台挨拶で松ケンがすごくいいことばかり言うので
あまり間違って伝えたくないという思いもあり、
松ケンの素晴らしい発言はTVやネットの記事、
メモをとってらっしゃるブロガーさんにおまかせして
オモシロ発言や行動+わいの珍道中的な感じでお伝えしたいと思います。
4回参加した上にその後のオマケが楽しすぎて超長いので
会場ごとにエントリを作成しました。

ではまず丸の内から☆


...続きを読む

L change the WorLd ジャパンプレミア・2 ~奇跡のあと~

今回こんな奇跡に巡り合わせてくれたとわさんに感謝です。
25日の試写会に続き、プレミアに全滅した私を誘ってくれた
私の神です。

それから昨日書き忘れましたがケンイチさんはマイ箸ならぬ“マイペン”を持ってました。多分。
最初からサイン書いてくれる気満々だったんですね。
なんていい人!!!

続きにしたためた奇跡のあとの私は
映画の内容に触れまくってますのでネタばれしたくない方はご注意ください。


...続きを読む

L change the WorLd ジャパンプレミア ~ごくごく個人的な出来事~


ケンイチさんとわたくしが

握手をしました。







はああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

すっごくすっごくすっごくすっごくすっごくかっこよかったです。
なんだろう。かっこいいっていうか、かっこいんですけど
あんな綺麗な男の人見たことないです。
ケンイチさん、笑ってました。
目が合ったかといえば合ってません多分。
私が一方的にケンイチさんを眺めていました。
が、本当にめちゃくちゃかっこよくて細くて白くて鼻が高くて

手は皆さんが仰るようにひんやりしてるのかと思ったら
あったかくてしっとりしてて大きくて
ぽにゅっ
って包み込むような握手でした。

ううううううううううううううううううううわああああああああああああああああっ!!!!!

サインもしてもらいました。
というか、ケンイチさんが私の前で立ち止まり、隣の人のサインなどをするもので
‘私の頭上にケンイチさんの顔がある’という至福の何秒間かを過ごしました。
サラサラサラサラと流れる様に美しく何枚もサインを書いていくケンイチさん。
かっこよ過ぎ。
そして近過ぎ。

なにこれ。
なんのご褒美!!!???

こないだの東京試写の時、手を伸ばせばそこにケンイチさんがいる距離で
本当は握手したかったけど
隣の席の奥様が立ち上がらなったから、その人を強引に押しのけてまでは行かなかった。

そのご褒美!!!???

なんていうか、笑顔も髪型もスーツも醸し出す雰囲気も
全てが極上にかっこいいケンイチさんで
しかも“L”という特別この上ない役のジャパンプレミアという大きな大きな舞台で
このような奇跡が私に舞い降りるとは。

真面目に生きててよかった。

後になって思えば
指を見ればよかった爪を見ればよかったほくろを見ればよかった唇を凝視すればよかったと
やるべきことがいっぱい浮かんでくるのですが

ムリ!!!!!

あんな素敵な人を目の前にして
何かを意識して行動するなんてムリ!!!!!
ケンイチさんの前に自分が存在してるということでいっぱいいっぱいでした。
詳細とかディティールとか全然ムリです。
頭真っ白。
あんなに近くにいたのによく覚えてない。
顔よりもスーツの部分ばっかり覚えてるような気さえする。

かっこよかった
綺麗だった
あったかかった
しっとりだった
松山ケンイチって生きてるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

それだけで精一杯です。

気付けば遠ざかっていくケンイチさん。
ああ、しかも私ったら、Lのチラシにサインをもらうはずが
うっかり待ち時間の暇つぶしに読むつもりで持ってきたGyaoを差し出してた。
「私、雑誌を買っちゃうほどあなたのことが好きなんです」
という無言のアピールのつもりだったのか。
両隣を見ればLのチラシにLの文字入りのサインを貰っている。
私のGyaoにはもちろんLのない普通のサイン。
しばし後悔。
だけどね、今家に帰ってきてGyaoを見てみると
これは本当に宝物だなって思いました。
ケンイチさんの残したもの。
それだけで十分。


そんなわけで舞台挨拶は半分頭真っ白でよく覚えてなくて
でもケンイチさんが
「スウィーニー・ドットのレッドカーペットに行かせてもらったんですけど
 ジョニー・デップが写真とか撮らないで
 ファンの人にサインとか握手をしていたのがすごくかっこよくて。
 僕やマネージャーは今までサインとか握手とか
 時間が無いからごめんなさいって言って断ることが多くて
 やろうと思えばできることだったのに
 なんで今までやらなかったんだろうって」
それで今日はレッドカーペットでサインや握手をしてくれた
というような事を言ってたのは覚えてて
私は本当に

ジョニー・デップありがとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

って叫びたいです。

っていうかケンイチさん
スウィーニー・ドットて…ドットて…。
会場からクスクスって笑いが起きてましたが誰も注意せず何回もスウィーニー・ドットと…。
しまいには司会の伊藤さとりさんまでつられてドット発言してたような…。
しかもジョニー呼び捨て。
そんなところが大好き。

ケンイチさんは凄く鼻声だったと思う。
風邪かな、ノロかな、鼻炎かな。
でも明らかにいつもより鼻声だった。
第一声から思いっきり鼻声で
体調が決して万全ではないだろうに、こんなにファンのことを想ってくれて

ケンイチさんありがとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

って叫びたかったです。
実際は握手したときに極小の声で「ありがとうございます」って言っただけ。
ああああ、届けこの想い!!!

あと、「この映画は新しい区切りを迎える人に見てほしい」
というようなことを言っていたと思います。
「こんなにたくさん続けてサインを書いたのは初めてで
 正直間違えたのがあって(笑)」
とも言ってました。笑えました。
でも私は正直自分が貰ったサインが合ってるか間違ってるか全然わかりません。
それから金井勇太さんが「一人で背負ってやっている松山さんが凄いと思いました」
というようなことをおっしゃっていてジーンときました。正確じゃないですが。
きっと会場にいた方の素晴らしいレポやネットの記事、ワイドショーや動画などで
正しい発言がわかると思います。
でも私は私で今日のことを自分の記憶として留めておきたい。

握手した時、ケンイチさんを見るために顔を上に向けたから
今でも顔を上に向けたら思い出します。
そして笑ってしまう自分。

アハッ とか ヒヒッ とか ンフッ とか。

壊れた。

待ち時間の時こんな会話してたんですけど
「大規模なプレミアって初なんだよね。どんな感じなんだろう。
 蒼き狼の時の兵士みたいにさ~、生化学機動隊とか出てくんのかね。
 うひゃひゃ」

ってアホーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
お前にはもっと凄いことが起きるんじゃ!
目を覚ませ!
そして服を着替えろ。
防寒第一でオシャレとか考えてなかった。
こんなにケンイチさんと接近するのなら、
一張羅のピアス付けていくんだった。
お気に入りのニット着ていくんだった。
うがーーーーーーーーーーーーっ!

でもでも、本当に
ケンイチさん
幸せをありがとう☆

そしてこの幸せは映画観賞中も続くのですが
それは次回へ。


ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
今Oha4とかいう番組のイチオシネマなるコーナーにケンイチさんが!ケンイチさんが!!
おはようございますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
ノーマークだった、予約してなかった全然。
録画ポチッ!!!間に合った!!!
夜更かししてコレ書いててよかた。
小さな幸せ。

明日ついに ・*:.。. .。.:*・゜ジャパンプレミア゜・*:.。. .。.:*・゜

1週間ぶりにワタリの日記読んでまた泣いた人誰ですか。

わいです。


週刊少年ジャンプの神・小畑健氏の“超L!!”松ケンに喜びの舞いを舞ったのは誰ですか。

わいです。


雑誌の記事は雑誌のカテゴリーにしてきたのに、L関連の雑誌の所感だけは
うっかりDEATH NOTE*L change the WorLdのカテゴリーに入れちゃうの誰ですか。

それもわいです。


Lのことになるといろいろ壊れるらしいです。
ああああ、そして明日ついにジャパンプレミアなんです。
わいの頭の中はまだまだ先々週の東京試写会での至近距離を通り過ぎた笑顔のケンイチさんが鮮明に残ってますが
韓国のオールバックや香港のままゆ、台湾のズームインくらい衝撃的な何かをケンイチさんは披露してくれるだろうか。


高まり過ぎる期待 〓■●


日本各地を飛びまわるキャンペーンや
アジアの超タイトなスケジュールのキャンペーンをしてくれた松ケン、中田監督、麻由子ちゃん、
高嶋さん、工藤さん、佐藤めぐみさん、
佐藤P(!)、モジャ(!?)、フムフム(!!??)、仏陀(祝・ブログ復活←)
その他、関わった全ての方々
本当におつかれさまです!
こんなにたくさんのキャンペーン活動をしてくれて
たくさんの人が『L change the WorLd』の素晴らしさに触れることが出来たと思います。
そして2日後に迫った公開日、更にたくさんの方々がこの映画を観て感じてくれる様に
明日のジャパンプレミアが素晴らしいものになることを心から願っています☆


Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。