徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lに関するホラエなこと

L
クラウザーさん
根岸
角川
docomo

5人同時進行+カムイがチラリズムでなにがなにやらですが
皆様いかがお過ごしでしょうか。

わたくしは若干乗り遅れ気味です〓■●

とりあえず、まずは
「ホリプロありがとう」

『L change the WorLd』のDVD
私はホリプロメール会員のやつで申し込みしました。
メール会員限定特典の12Pブックレットは
“名場面集”と書いてあったから
劇中の写真だと思ってあまり期待してなかったけど
たとえ見たことある写真だとしても
ことLとなると集めずにはいられないので。
だのに、なにあの大サービス〓■●
『L change the WorLd』からだけだと思ってたら
『デスノート 前後編』の写真もあった〓■●
しかも未公開写真あり〓■●
愉快な直筆メッセージ〓■●
定価で買って悔いなし〓■●
まったくもって悔いなし〓■●
25日発売なのに24日に届いたし
ホリプロで買ってよかった~!
ホラエだったホリプロ!

で、DVDはメイキングから見てしまって
やばすぎて死にかけた

〓■●~~~+。:.゚=□○0゚.:。+

まずオープニングで泣きそうになった。
その後も何回か泣きそうに…。
メイキングで泣けるって…。

そんでやっぱり
Lの格好なんだけど猫背じゃない
Lともつかないケンイチさんともつかないあの人
あの人のいろんな姿が
真剣な姿が
美しい姿が
お茶目な姿が
大好きすぎる

〓■●~~~+。:.゚=□○0゚.:。+

翌日DVD(メイキング)の感想を語り合おうじゃないか
と、松友さん2名と渋谷に集合したら
TSUTAYAの角川文庫コーナーがケンさんだらけだわ
角川文庫の無料冊子がケンさんミニ写真集状態だわ
読みたい本に栞がついてるわ
限定カバーはかっこいいわで
瀕死。
挙句の果てにinvitationでとどめを刺された。
その後もPARCOにてジャックブラック目当てで手にとったフリーペーパーに
でっかいGRAND BAZARのケンさんを発見するわ
うちわもらいにタワレコ行ったら
柱が実写クラウザーさんとアニメクラウザーさんになってるわ
店内はクラウザーさんだらけで衣装の展示まであるわ
フィルムを買いに寄り道したさくらやでdocomoの最後のピース
Bizホーダイのリーフレットを発見するわで
大変な騒ぎだった。

肝心のDVDの感想は

◇メイキングがとにかくヤバい
◇ブックレットに綴られたメイキング監督の文章が良すぎる
◇佐藤Pは封入特典の座談会でちょっと余計なことを言ったと思う
◇あのセリフに (笑) はつけちゃいけないと思う
◇この映画、もっとこうすりゃもっとよくなったんじゃないか

ってのを
延々と青く、そして熱く語っておりました。
なにも私一人が語ってたわけじゃなくて
3人ほとんど同じ意見だったと思う。
Lから受け取ったものはたくさんあるし
心が動かされたのも本当なんだけど
映画としてALL OKとは思ってない。
だから延々語れてしまう。
私はやっぱり
Lを守ったのは松ケンで
LがちゃんとLだったことと
Lが伝えたかったことがブレずにいたことで
この映画はもってるんだと思う。
この映画のいろんな疑問点をLが凌駕した。
だからこそL以外も深く掘り下げてくれていたら
もっともっといい映画になったんじゃないかと思わずにいられない。


そして今日
DVDを入手したのにDVDで本編を見ないうちに
目黒シネマで『L change the WorLd』鑑賞。
もう、いろいろ死にかけた。
ちょっとレトロで味な雰囲気の映画館の階段に

Filmography.jpg
松山ケンイチフィルモグラフィー!

今までの出演作のフライヤーが一挙に張り出されてて圧巻。
デスノートはあの衝撃のポスターがドーン!
初めて実写Lを目撃した時の衝撃を思い出す。
このポスター、シリーズ中で一番好きだ!!!
という話でとわさんと盛り上がる。
その他にも松ケンのインタビューの雑誌をコピーして飾ってあったり
手作りでこの上映を盛り上げようという気概が伝わってくる。
目黒シネマ素敵。
特になんの期待もせず
単に映画を観に行こうとしてただけだったので予想外のウキウキ。
そしてチケットをもぎると、更にとんでもないもんがあった。

applenote.jpg
テグスで吊ってあるリンゴとデスノートならぬLノート
プラプラ揺れている
泣かすぜ目黒シネマ。゚+(。゚´д`)゚+゚。


sign_poster.jpg
寄ってみたらポスターがサイン入りだった罠+。:.゚=□○0゚.:。+

一番好きなポスターにサイン!!!
テンションが瞬時に沸騰して飛ぶ。
写真にとってもいいかと確認すると
目黒シネマのお兄さんは快諾してくれて
「反射してサインが撮れない~」ととわさんに言ったら
お兄さんすかさず「反射しちゃいますか?」と言って
イーゼルからポスター外して撮りやすいように立ててくれた。゚+(。゚´д`)゚+゚。
2人してLの頭上のサインばっかり撮ってたんで
「竜也さんも撮ってやろう」と竜也さんのサインにカメラを向けると
「こっちの方が貴重なんですけどね~、Lって入ってますから」とお兄さん。
…ん?

って、よこよく見たら両方松ケンのサインじゃないか。゚+(。゚´д`)゚+゚。
最初目黒シネマのスタッフさんが細いサインペンを渡してしまって
細すぎてサインがよく見えなくなってしまったから
太いペンで再度書き直してもらうことにしたらしい。
その時に松ケンがどこに書くか困ってしまって
じゃあリンゴに書こう、とこの位置になった。
けれど竜也さんの頭上だから竜也さんのサインだと勘違いする人がいるだろう
ってことで L と入れてくれたらしい。
ブベラーッ!
そんな配慮が行き届いたサインなのに
竜也さんのサインだと思いこんでスルーした自分。゚+(。゚´д`)゚+゚。

でででで
持ってるというのに展示のされかたで卒倒しそうになったのがコレ

L_white.jpg
柱一面L+。:.゚=□○0゚.:。+

しかもH
Hっていうのが憎いじゃないか目黒シネマ+。:.゚=□○0゚.:。+
超Lだ、べぇべぇべぇ
これ自宅でもやりたい
拡大コピーして貼っただけなのに凄い威力発揮してた+。:.゚=□○0゚.:。+
ああああああああああああああ
いろいろありがとう目黒シネマ!
ホラエ目黒シネマ!


というわけで、楽しすぎるロビーに長居しすぎて開演ギリギリに着席。
にもかかわらず
『起』でケンさんが座ってた席が空いている!
もちろんそこを死守。
というか、その両サイドを死守。
あえてケンさんが座ってた場所は空けておいて
左にとわさん右にわたくしでエアーケンさんを挟んでみました。←
妄想狂でよかった。
上映中もケンさんと並んで映画を見ているかのような錯覚に。←

で、前日にあれだけダメ出ししていたのに
本編観たら
やっぱり泣く。
ぽろぽろ泣く。
泣いたところが初めて観た時と一緒だった。
間があいていたから新鮮な感覚で観れたのだろうか。
やっぱりLはいい。

誤解してほしくないのは
Lだったらなんでもいいと言ってるわけではないということ。
きちんとLという人物のことを想って創られてるLだから
だからいいんだ。

ケンさんが
Lのことちゃんと考えて演じてくれて
本当によかった。
メイキング観て映画館でまた観れて
感慨深いです。

そして今またメイキングを観賞中

〓■●~~~+。:.゚=□○0゚.:。+
〓■●~~~+。:.゚=□○0゚.:。+
〓■●~~~+。:.゚=□○0゚.:。+
スポンサーサイト

GO TO PARCO!

本日帰宅しましたら
PARCOカードの請求書が届いておりました。
して、同封されているPARCO CARD NEWSなるものに
こんな方がいらっしゃった!!!!!

...続きを読む

横綱文庫 老人+バレリーナ篇  *ネタバレなし

(((( ;゚Д゚)))

ちょ〜かっこいい

ちょ〜やべぇぇぇ

私の一番好きな松山ケンイチが

そこにいた!!!!!



...続きを読む

面白い映画

今日『アフタースクール』を観てきました。
凄く面白かったです!!!
脚本が練られてる!!!
まさかそういうことだったとは〜って感じで
同じ内田けんじ監督の『運命じゃない人』を見たときの驚きを
また体験することができました!!!
笑いとトリックが最高です。
あの笑いってセンスがいい人じゃないと出来ないと思います。
そういう意味で大泉洋さんも堺雅人さんももちろん佐々木蔵之介さんも
本当にうまいな〜と思いました。
おすすめです☆
『キサラギ』が好きな人は楽しめるんじゃないかと思います。

で、映画館がシネクイントだったので
DMCの90秒予告を見ることができました。
イエッフ〜♪♪♪
PCで観てるから知ってる映像なんだけど
もう大画面で観ると笑いが倍増でした。
ヒヒヒヒッ、ヒャヒャヒャヒャヒャッ
他のお客さん達も笑ってました。
シメシメ(ΦωΦ)

フライヤーも今日初めて実物を見たんですが
最高です★
はぁぁあああ★
DMCやばいな〜★

NOクラウザー、NO根岸★
NO根岸、NOクラウザー★

...続きを読む

Rolling Stone 日本版 NO.16

ププ~~~~~ッ!!!

ちょ~笑った!!!

即買い!!!


前に恥ブログで「笑える」って煽られてた『ぴあ』が
何故か自分的にはそれほどでもなかったことを今告白します。←
なので、同じく恥ブログに「結構笑える」
と書いてあった今回のローリングストーン、
あまり期待しないようにしておりました。
が!

やべーーーべぇべぇべぇ!!!
こりゃ笑ったわい!!!
結構どころじゃなく
心の底から!!!

こんな仕掛けをするDMCスタッフのセンスに
メルシーボークゥ(°∞°)b♪

あえて詳細は書きません。
自分でめくってみることをおすすめします。
つか、ローリングストーン日本版て初めて手にしたんですが
ウォシャレ雑誌なんすね。
そんな雑誌に載っちゃうなんて、‘彼’大出世じゃないですか。
Ψ(`∀´)Ψウケケケッ

外園誠の声といい
最高すぎるなDMC!!!
早くDMCが観たーい!!!
観たすぎるーーーーー!!!


...続きを読む

単なる近況だこりゃ

美味しいもの食べて
早くツノ治そう


うひゃひゃっ♪

前日にクラウザーさんがワイドショーに御出演なさったことですっかり油断し
6/6のアフレコのワイドショーを全滅させてしまった自分に凹み
相~当~腐ってたんですが
KYODONEWSで見れましたアフレコ風景。
グフッ…グフフフッ…
外園誠のトーン
ちょ~ウケる
センスあるな~
松ケン
(ΦωΦ)キョホッ


あと、我が家は渋谷まで電車で1本ではありますが
川を越えねばならない田舎のため
地元には松ケンのまの字もケの字もなかったんですが
秘かにケンさんが川を越えておりました!!!
先日最寄のdocomoショップに出向いてみたらば
店内は
白いソファで素足にシューズの色男ケンさん特大ポスターや
ケンさん&堀北さんのポスター(サイズ違いでいろいろ)
パンフレット各種
ポップたくさん
と軽く松ケン天国状態+。:.゚ヽ(*゜∞゜*)ノ゚.:。+
父にプレゼントするらくらくホンを選ぶフリして
ケンさんを堪能して参りました!!!
イエッフ~!!!


で!
本日ついに!
通勤電車にまでケンさんがぶらさっがっておられました!!!
白いソファで足を組んでる色男ケンさんの
中吊り広告!!!
ヒャッハ~♪
田舎へようこそ~♪
通勤が楽しみすぎるわ~♪


あ、そういえば
通勤といえば最近は専ら本を読んでおりました。
貴志祐介の『青の炎』です。
角川文庫(笑)
【文句は、自分に言え】のオビに
【読みたくなるまで遊んでろ。】の栞がくっついてて
あらすじが面白そうだったんで買ったんですが
読みたくなるまで遊ぶどころか
読みたくて読みたくてたまらんくらい面白いです今のところ。
先日友達に薦められて読んだ白石一文の『私という運命について』
の良さがわいには全くもって分からなかったので
今貪り読んでます『青の炎』を!!!
あっという間に読み終わりそう!!!
横綱のケンイチさんのおかげで
面白い本に出会えました☆

しかし暫くの間
電車の中ではケンさんを眺めるのに集中することになるので
『青の炎』はバスの中と布団の中で読むことにします。
早速今から読みながら寝たいと思います(°∞°)b☆

...続きを読む

L & docomo

L+docomo.jpg

事故でしょコレ

〓■●〜〜〜+。:.゚=□○0゚.:。+
〓■●〜〜〜+。:.゚=□○0゚.:。+
〓■●〜〜〜+。:.゚=□○0゚.:。+


...続きを読む

デスノート イッキミナイト @TOHOシネマズ六本木ヒルズ

仕事が変わったのとイッキミナイトの後遺症とで
眠り病が発症中のわいです。
こんばんは。

こんなに遅くなってしまい
果てして需要があるのか無いのかビタ一文わかりませんが
イッキミナイトの様子を記録★


2008.05.30

【23:10】
六本木ヒルズ到着。
あと20分で上映開始となるロビーは
デスノートファンの熱気に包まれていて
会場の雰囲気に気圧されて気分が物凄く高揚した!!!
たくさんの松友さんとも会えて更に興奮。
当日までどの程度の観客数なのか皆目見当がつかなかったけれど
265席のSCREEN5にはかなりたくさんの人!!!
凄く前と凄く横の席以外は埋まってた。
女子が多かったけど
男の子だけのグループもチラホラ。
そんな中わいをほっこりさせたのが
少年とお母さんという2人組。゚+(。゚´д`)゚+゚。
みんなデスノートが好きなんだ!!!


【23:35】
デスノート前編 上映開始。
スクリーンの大きさも音の大きさも申し分ない。

いつも家のTV画面で観てる画だ!!!
なのに違う!!!
全く違う!!!
タイトルバックからして全然印象が違う!!!
大きなスクリーンと大きな音が
こんなにも映画の印象を変えるとは!!!
眠気なし。
Lの合成音を聞いただけでドキドキする。
合成音なのに
合成音からLの声が透けてるよ。
そして、ワタリが捜査本部のみなさんをご案内するあたりから
来る…来る…来る… 〓■●
と、登場前からドキドキ最高潮。
心臓張り裂けそう。
そして

足ポリポリ

キタ 〓■●〜〜〜+。:.゚=□○0゚.:。+

約2年振りにスクリーンで見た前編のL
すげ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
体の線が細い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
華奢〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そして指〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もうあの体形には戻れないんだと思うと
なおさら愛しい。
体形だけじゃなく、いろいろ超Lだった。
細かい仕草とかほんとLなんだ!!!
初めて見たときの衝撃を
もう一度味わえた気がした。


【25:55】
15分休憩の後
デスノート tne Last name 上映開始。
やっぱすっごく面白い!!!
いや、LcWのツッコミどころの多さの陰に隠れてたけど
改めてスクリーンで観ると
デスノートだってやっぱりツッコミどころ満載なのだ。
張り込み中にパンを食いながら死んでいくFBI捜査官とか
ミサが第2のキラ容疑で逮捕された時
捜査本部の人達がみんなサングラスかけてんのとか
ウケるし。
何回見てもあのキラ対策室のピンクの壁とLロゴはないし。
その他いろいろツッコめる。
けど、Last nameはよくできた話だよな、やっぱり。
とにかく面白かった。
やっぱりLast nameが好きだ。
この映画、起承転転転結だ!!!
最後号泣。
あの緊迫したLとライトの最後の攻防からラストシーンまでを
またスクリーンで観ることができて
本当に心底この企画に感謝した。
エンドロールではおさまりかけた涙も
スノーからテーマ曲にかわるあたりで
再び涙腺大決壊。
あの2曲の繋がりがすごく好きで。
大劇場で大音量で聞いたら、そりゃもう凄かった。
大鼻汁。
あああぁぁぁぁ好きだLast name。
Last nameを劇場でもっともっと観たい。


【28:14 15分休憩】
実は
前編の前半で寝てしまいそう(L未登場だから)という予想に反し
後編の後半で無意識に仮眠をとってしまったのだが
休み時間中に
「高田のとこやばかった…」
「高田で…寝t…」
「高田…」
という声が周囲のそこかしこから聞こえてきたのだった.:`;:゛;`(;゜;ж;゜; )
高田清美…すまない。
高田の裁きあたりだった、わいが一瞬寝たのも。
でも、ケナック渾身の高田の生足はちゃんと見たよ(°∞°)b☆


【28:30】
L change the WorLd 上映開始。
タイトルバックで号泣。
直前にみたばかりのデスノートの内容がフラッシュバックして
Lの運命を想って
ものすごく泣いた。
そしてその後…
寝た(((( ;゚Д゚)))

だって、28時って何時?
前の晩の睡眠不足もたたり…不覚にもというか
案の定というか(←)ブルーシップのあたりで撃沈。

特技:Lの登場シーンのみ起きること

映画の見方としては間違っておる。
それは分かっている。
しかし眠さには勝てなかった。
ああ、前の晩無理しないでちゃんと寝ればよかった…
自分の馬鹿!!!

そしてびっくりしたのがエンドロールの後のあのシーン。
なんと
携帯のバイブが鳴り響いた。

邪魔はそこまでにしてっ!!!!!

。゜(ノД´゜)゜。
。゜(ノД´゜)゜。
。゜(ノД´゜)゜。

無音のシーンだから
バイブなのにブーッブーッって音が爆音状態だよっ。
しかも、Lがデスクに向かって座ってるところから
最後のあの文字が終わるまでず〜っと鳴ってた。
作品が好きで来てる人のはずなのに
と思うと非常に残念だった。
あんまり携帯鳴らしてると
初音に殺されっぞ!!!

映画観るときは携帯の電源は切りましょう。
びっくりしたよもう。

そして、デスノートと一緒にイッキに観ると
L change the WorLdが
やけにあっさりした映画に見えたことにもびっくりした。
(今、それはお前が寝たからだろ、という声が聞こえましたが…)

デスノートは言ってみれば前後編合わせて4時間強の大作で
LcWは2時間で
単純に時間の差だということも出来るけど
それだけじゃない気がする。
という話はまた今度。


とにかくまた映画館でこの3本を観ることが出来て
Lという人に再び会うことが出来て
イッキミナイトというイベントに
本当に感謝しました。
映画はスクリーンで輝きを増す
という当たり前のことを
もの凄く実感しました。
輝くLに会えて嬉しかった。

願わくは
デスノートシリーズ3本を続けて観れるイベントが
もっとたくさんの劇場で行われますように!!!
もっとたくさんの人がこの興奮を味わうことができますように!!!

ありがとうございました!!!



...続きを読む

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。