徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭ゲバ 第1話  *2話についてコメント欄に漏れ出ている件

凄いズラ




松ケンの
いいところと
松ケンの
凄いところが
ものすごいたくさん詰まってた。

凄かった銭ゲバ。

なにより
ドラマとして面白かった。
70分
アッ! という間だった。
松ケンだけが凄いんじゃなくて
ドラマとして完成度が高くて、ぐいぐい引き込まれた。
それが凄く嬉しかった。

とはいえ
ケンさん本当に凄いな。
『銭ゲバくん』とか『銭ゲバマン』にならなくて良かった本当に。
(出典:日経エンタテインメント河野P)


「手に入れてやる」
の表情にゾクっとした。


凄い凄いとは思ってたけど
まだまだこんなに凄いところが出てくるなんて。
本当に凄い。

楽しいだけのドラマじゃない。
答もないかもしれない。
でも必要なのは答えじゃなくて
観た人それぞれが何かを感じ、考えること。
ケンさんもミムラさんもそのようなこと仰っていた。



わたくし
ブログを全く更新できておりませんが
一応きっちりきっちりケンさん雑誌は全部(←)買っていて
読んだ感想とか
書こう書こうと思うのですがなかなか書けなくて
そんな中でもここ最近1番
ぐわああああああああああああああぁぁぁああああああ
っときて
いつか絶対書かなけりゃ!!!
っと思っていたのが
ピクトアップ#56の松ケントーク。(←もはや最近じゃねぇ、昨年の雑誌
高橋歩さんとの対談でケンさんは
高橋さんの著作について

『読むと、確かにすごくよくわかる。
でも、「これは答えだな」って思ったんです。
答に至るまでの説明とか過程がないなって。』

と言っていて
わいはもう、こいつは凄い!
と思いました。
答えだけがあってもダメだということを
ちゃんとわかっている。
23歳で。

『いい言葉だけ知って、わかった気になって、
自分の経験がそこについてきてないことが、
すごく怖いなあと思ったんです。
僕自身、経験が少ないし、周りも見れてないから』

もう本当に凄いねこの人は。
気づけばケンさんのファンになって2年がたって
21歳だったケンさんは今23歳で
肩書きのない21歳、と言っていたのが
自身を役者と言い切るようになって
いろんな人に出会って
いろんな現場に入って
いろんな役を生きて
いろんな文章を書いて

そして
必要なのは他人から与えられた答えや正解じゃないんだ
って言う。

どうしよう
ほんと凄いよケンさん。
かっこよすぎた。
本当に惚れ直した。
凄い衝撃だった久々に。

そんなケンさんが
あえて軽いタッチにせず
原作に忠実に作ることを選んだ銭ゲバ。

今回のドラマに明確な答えはない。
だけど答えのないところとしっかりと向き合いたい
と語るケンさん。

このドラマで貧困や格差が無くなるとは思っていません
とも言っていたな、ケンさんは。

だけど
視聴者も
答えのないところに向き合えるドラマになってるんじゃないか。
そいういうドラマの予感がした。
よかった。

と第1話を観て思ったのでした。

わいと感覚が似ている(とわいが勝手に思っている)松友さんが
試写会で第1話を観て
「この松ケンを待っていた!」
と書いておられたんだけどれども
観終わって、まさにそのとおりだと思いました。
狂気を孕んだ感じや
憂いを帯びた佇まいはもちろんのこと
必要なのは答えじゃないと語るケンさんに
今まさにふさわしい役が風太郎なんじゃないかと。

だからケンさんのいいところと凄いところを
おしみなく銭ゲバに注ぎ込んでほしい。
注ぎ込めるドラマであってほしい。

第2話もその次もその次もその次も
最終回までずっとそうでありますように。

みんなの中に何かが残るドラマでありますように。



とにかく明日の第2話が
もの凄く楽しみであることは
紛れもない事実。
スポンサーサイト

A HAPPY NEW YEAR !!!!!

photog029.jpg

今年もよろしくおねがいするべぇべぇべぇ!!!!!

丑年 元旦


旧年中は大変お世話になりました。
後半は更新が滞りましたが
まっさんへの愛は変わっておりません!!!!!
年末はカムイに腰を抜かし
陽人さんに期待が高まり過ぎ
もう怒涛すぎてなにがなにやら
〓■●

2009年も大活躍間違いないしのまっさんに
おいていかれないように頑張りますので
本年も何卒よろしくお願い到します!!!!!←

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。