徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクトアップ #48  松ケントーク第4回

なんだこれは。

凄い。
凄くよすぎる。
凄くかっこよすぎる。
凄く強いんではないのか松山ケンイチ。

なんか、凄い惚れた。









それを誌面にうまく引き出してるのはやっぱり信ちゃんこと
清塚信也さんなのではないかと思う。

ところどころ他の雑誌で言ってたことが出てくる。
あ、これパピルスとか、これはCREAとBRUTUSとか、これMAQUIAだ、とか。
でもそれを深いところまで探ったりだとか
そこからの変化をわかっていたりするのは
やっぱり信ちゃんだからで。
そんな信ちゃんだからこそ松ケンも淀みなく言葉が出てくるわけで。
是非半年に1度くらいの頻度で信ちゃんと対談してほしい。
信ちゃんとの対談が一番顕著に松ケンの変化を感じることができると思うから。

それで、やっぱり松山ケンイチは凄い速度で変化しながら前進してる。

たまに、松ケンって言ってることが違うとか、コロコロ変わるって言う人がいるけど
私はそれが変なことだとか、駄目なことだとか全然思ってない。
むしろ凄くいい変化をしてると思ってる。
いっぱい吸収していっぱい感じて
そして松山ケンイチを形成していってるんだなって思える。






ピクトアップ#48 松ケントーク第4回。
よすぎた。

ちにみにP.85の一番下の写真の松ケンが異常に好きです。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://tmcooo.blog93.fc2.com/tb.php/133-fb4ca72f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: ピクトアップ #48  松ケントーク第4回

>是非半年に1度くらいの頻度で信ちゃんと対談してほしい。

同感。
最高のインタビュアーだと思います。


言うことがコロコロ変わるのは本人も自覚してるし
もう、しょうがないって感じですよね
だって人間だもの
変化してるもの
それも尋常ではないスピードで。

それが「生き急いでる」風にも見えて
時々ふっと苦しくなるんですが…
その実、ケンさんはけっこうしぶとそう(…)と思うときもあり。
本当に面白い人です、松山ケンイチ。

ケンイチを哲学するのが最近の趣味でございます…。

  • 20070816
  • em ♦-
  • URL
  • 編集 ]

●emさん
#44の信ちゃんとの対談も凄くよかったですもんね。
本当に良きインタビュアーです。

変わるのは当たり前だと思います。
それが、なんていうか、きちんと自分の中で咀嚼して変化しているのがわかるから
素敵だな、って思います。

今回は信ちゃんが「ケンちゃんはネガティブにならない」
って言っていたのが印象的。
いろいろ考えてるけど決してネガティブではないんだな〜と。
強いんだな〜と。
だからたくさんたくさん考えてもこの人は大丈夫なんだなって。
そう、emさんのいうしぶとさを持っていそう。
信じてもらえないかもしれないけど
私、高校の卒業文集で好きな言葉に
「ポジティブ」
って書いたくらいネガティブな子だったんで(←)強い人に憧れるんです。

だから松ケンの中に強さをみつけると
凄く惹かれるんですよね。
しかもただ明るいだけの強さじゃなくて
色んな面を持っていて、空っぽで強いんじゃなくて
考えてなお強いっていうのが今回とっても惹かれたところ。

私も最近趣味が松山ケンイチを哲学することになっております…。

  • 20070817
  • tmc ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: ピクトアップ #48  松ケントーク第4回

昨日やっと入手しましたピクトアップ。
もう、面白すぎるしかっこよすぎます、松山ケンイチ。同時に信ちゃんも。。。

#44の特集を読んだときに、この人はなんでこんなに考えても悩んでもマイナス方向に行かないんだろう、答えがでなくっても立ち止まらないってすごく強い人だな。と感じて、
今回の対談ではその強さがすごくグレードアップしているし、さらに前向きになっていてびっくりしました。
前と違って、「幸せを守る人間は強い」とかいうことを意識するようになったことが大きいんでしょうかね。
松ケンを哲学・・・もしや私も気付いたらソレが趣味になっているかもしれない・・・(笑

あっ。余談ですがP57で岡田義徳君が松ケンのことを「頭でっかちなところもあるけど感覚が鋭くてすごく面白いヤツ。久々に人間として付き合いたいなと思った」ていってるのがすっごい嬉しかったです☆

●K♪さん
もう本当に面白いしかっこよすぎる。この2人は最高ですね!

松ケンって凄く考えてるけど、そこから負のオーラを出してないところが凄いと思います。松ケンはパルパティーンに囁かれてもダークサイドには落ちなそう。
更に、カポーティーだった時期(←)から脱却して凄く強くなったと思う。芸術が生まれる原動力についての発言とか明らかに変わってるし、K♪さんが言うように「幸せを守る人間は強い」「死んでもいいって戦うよりも、生きたいと思って戦う方が人間は強い」って思うようになったのが強さのグレードアップに大きく関わってるような気がします。
「失いたくないものができたのに、保守的になるどころか、何も怖くないんだよね」発言は、かっこよすぎてびっくりしました。
「古い価値観を失って、新しい価値観を得る。今の僕は当分その繰り返しかもしれません」
というSWITCHでの松ケン本人の言葉が、このピクトアップに関する記事とコメントで私たちが哲学した松ケンの全てを表しているのかな、と思いました。
SWITCHも良かったですね〜。
8月は雑誌少ないですけど、バァフ、ピクト、SWITCHと内容が濃いものが多くて嬉しいです。
K♪さんのブログでもよく松ケンを哲学してますよね。大好きです!

で、よっちゃんの記事、私もすっごい嬉しかったです☆
人間として付き合いたいなんて、最高の賛辞じゃないですか!
よっちゃん自身の記事も良かったし、そんなよっちゃんに興味を持たれちゃうなんて、やっぱり松ケンは素敵な人なんだわ〜!



  • 20070821
  • tmc ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。