徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BARFOUT!と+actとピクトアップ 今さら…

風邪完治!!!

優しいお言葉をかけて下さったみなさま、本当にありがとうございました☆
更新できてないのに、みなさん優しくてホロリです。
で、松ケンファンブロガーさんも同じ時期に風邪ひいてる方が多くてびっくりしました。
流行ってたんですね。
みなさんお大事に!!!

そして松フリさん情報によると
次号のGyaoでは、松ケンがLへの想いを語ってるらしいじゃないですか!!!!!!!

ぎゃーーーーーーーーーーーーーーぼーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

11月は雑誌ラッシュ前哨戦っぽいし。
あああ、次から次へと新しい松ケンが出てくる。
その前に、もう発売からだいぶと時間がたってしまったアレらの感想を書こうと思う。
今さら何を書いているのかと怒られそうです。
4冊分あって腰を抜かすほど長い上に
自分の備忘録的な感も否めないので
ササッと続きに隠しときます。

ササッ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


BARFOUT! Volume146
正義の名の下のぼやき 第一ぼやき

そこからか~~~い!
とツッコミたくなる気持ち
…お察しします(笑
ただ、ずっと書きそびれていたんですが
この回凄く好きなんですよね。
だから書き残しておきたくて。
豚カツについて延々語る松ケンの事を(笑

単純に凄く面白かった。
勘ぐったりしなくても
ズルッ から始まってもういろいろ面白くて、気付いたら笑ってた。
何回読んでもクスッと笑えた。
でも後半部分の

きっとひとつで成り立ってるものなんかないんだよなぁ…

とか

貴方は肉以上の存在にならなくていいんです。
自分ができることをすればいいんです。

という文章から何かを読み取ろうとするのは、多分もう癖です、私の。
でもそこを深読みしなかったとしても文章として面白かったと思う。
好きだ~この回。面白いもん。

そんで、文末の

お巡りさんからも、お願いします。

が、まさかあんなところに繋がるという高等技術を使っていたとは…
という意味でも画期的な回だったと思う!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


+act VOL.13

バアフの連載が↑の感じだったから
松ケン結構精神的に安定したのかな、って思っていたら
次に出た+actがグルグルだった。

でもグルグルしているようでいて頑固な部分もある。

私はカポーティーもファウストも読んでないし観てないから
ちょっとズレたことを言ってしまうかもしれないけど
確かに陰や負との葛藤から生まれるものは大きいと思うし
心で占める割合は違っても、誰もが持っているものだと思う。
誰もが持っているものだからこそ
人はその片鱗を見つけたときに、その片鱗に惹かれてしまうんだと思う。
だから改善する必要なない。
ただ私は、陰は必要だけど完全に陰に取り込まれてしまってはいけないと思っていて、
そのバランスをとっていくことも成長のひとつなんだと思う。
松ケンは今、陰の部分を必要だと思う気持ちが強いのだろうか。

自己防衛のくだりは
私は松ケンの友達ではないから深いところまではわからないけど
(そもそも雑誌のインタビューなんて他人の視点が入るから
松ケンそのものがわかるわけはないんだということくらいはもちろん分かっているさ~)
私は今までの松ケンの発言が自己防衛の為のポーズだった、
とは全く思わないので
最初読んだ時は「袋小路にはまってしまったのか松ケン」と思った。
だって、常に真摯に話しているという印象だったし。

きっと松ケンはバランスを取るための作業を
計らずもインタビュー上で行っていたんじゃないかと思う。
自分を肯定することや、自信をつけるための言葉を語る。
その作業自体は、バランスを取るためには必要なことだと思う。
人間そんなに強くないから。
私は日記(ブログじゃなくてノートに書く本当の日記)で
自分を叱咤したり、自信をつけるための言葉を書いたり
時にはグルグルした想いをただただ書き連ねてみたりもする。
そうすることでバランスをとっているんだと思う。
それを松ケンはインタビュー上でやってるんじゃないかな。
無意識に。
だから‘自己防衛’だと指摘されたみたいだけれど、
それは‘バランスを取る作業の一環’で、必要な作業でもあったんじゃないかと思う。
ただそれを全て見せる必要がないと思ったら
もちろん見せなくてもいいものなんだと思う。

変化するのとしないのとどっちがいいんだろうっていうのは、
どっちがいいとかじゃなく、
変化が必要な時は変わるし必要なければ変わらないんだと思う。
それは常に揺れ動くし
その過程を経ることで人は成長できるんじゃないかと思う。

‘思う’ばっかりでうまいこと書けん…。

松ケンの伊織様考察が非常に面白かったです。

それと、あの毎回笑っちゃう連載ページのプロフィール写真は
松ケン本人が選んでるのかしら?
だって今回のは編集の人が選んでるとしたら相当な冒険ではないかと思うのですが。
かなり面白い☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ピクトアップ #49

と、+actを読んで↑のように色々考えてはみたものの
さすが精神科医の名越康文氏には敵わないのであった(笑
しかも松ケンも+actの時よりも前に前に進んでる気さえする。
そんなピクトアップの対談。

「役者として」というのが前提の話で凄く面白かった。

ああぁしかし、語ることで実体から離れてしまっていたのか松ケン(笑
ごめんよ勝手に松ケンを考察しちゃって。
でも全部見せなくていいからほんと。
と言いつつまだ語るけども(笑

本当はみんな何重にも人格をもっていて、狂っているけど
社会生活を営むための自分自身を形成するために、<自我>を必要としている、とか
こもることや見えない傷、かさぶた・価値観
持ってる材料は変わらないけれど、どれを大事にするかで人は変わる
のくだり、
っていうかもう対談全部が
+actの‘陰’やら‘自己防衛’やらで勝手に考察したこととリンクして
すんごく面白かった。
本当はキネマ旬報まで脳内リンクした。
で、このあとのBARFOUT!にも続いていくし。

それで
成長って楽しいし過去の自分を笑えるようになる
と松ケンが言っていたのが頼もしかった。
よく考えたらまだ22歳なのにそんなこと言えるなんて
松ケンって本当に目が離せないと思った。

だから私はきっと懲りずにこれからも勝手に考察してしまうよ。
ごめんね。

それから二人が語る「映画とは…」のくだりはブンブン頷きました。
だから映画が好き。

<身体で語る哲学者> から得るものは大きいな~。

でも、なによりも
松ケンが名越先生と対談することで
ホッとできたり気持ちをラクにすることができてよかった
と思ったのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


BARFOUT! Volume147
甘い甘い蜜地獄 第一地獄

文章の組立てが凄くうまくなってる!
連載初期は松ケンファン以外にはチンプンカンプンになりかねない可能性もあったと思うんだけど
ここ数回は本当に、前情報なく読んだ人にも響くようになってると思う。
それはとても大きなことだ。

人は過去の記憶から形成されているという話は私も大学時代に人から聞いて
なるほど、と思った。
咀嚼した上でそこから何を選びとってどうアウトプットするのかが大事だと思う。

人任せですみません。

って、松ケン言っているけど
自分の中だけでああだこうだど理論をこねくりまわすより
人は人と交わることや経験を重ねることで大きく成長できるのだから
次の現場に期待することは単なる人任せではないと私は思う。
そしてきっと松ケンはそんなことわかってて言ってるんだと思う。

カムイ外伝がかなりの転機になりそうなのですね。

どんなカムイになるのか
またカムイを経てどんな松ケンになるのか
すごく楽しみ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


うう~ん。
もう全ての記事が繋がってる気がする。

そんで、なんとなくピクトアップ#48の信ちゃんとの対談を読み返したら
松ケンは全然ネガティブじゃなくて、カラッとしててタフだった。
それは相手が信ちゃんだからなのか、その時松ケンがそういう状態だったからなのか。

どっちかわかんないけど
人間はいろんな面を持っているもんね。
私は結構豚カツのユーモラスな松ケンとか、
危うさの中に垣間見える松ケンの強さが好きだったりします。



…っていうかびっくりだよ。
すげ~長いよ。
こんな大作にするつもりはさらさらなかったよ。
松ケンが深すぎるからだよ。



そして最後まで読んでくださった方
私の勝手な松ケン考察にお付き合いいただき
ありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://tmcooo.blog93.fc2.com/tb.php/172-80252d1b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: BARFOUT!と+actとピクトアップ 今さら…

tmcさんすごいですよ〜〜!読みごたえありました。私はバアフは読んでないんですが、ピクトや+アクトともリンクしてる感じなんですね。
ピクトで名越先生と対談してほっとしてる松ケンには私もよかったね、と思いました。
連載を読んでこんなに深〜く考えて、しかもそれを文章にするのってすごいことです。はい。
私なんて「松ケンの連載だ、ワーイ」「松ケンの写真だ、ヤフー」(゜▽゜)ですよ。。。
深い“愛”を感じましたよ!

  • 20071031
  • yuki ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ぐるぐるです。

マミナミです。どうも。お加減いかがですか。
考察お疲れ様でした。
考察、どうしたってしちゃいますよね
&一緒になってぐるぐるしちゃいますよね。

このあいだ、深夜にやっていたNHKの「椿三十郎」の特番で監督がいっていたことと、松がプラスアクトで述べていたことがほぼ一緒だったり(ということは、松は監督の言うことをキチンと信じて解かって自分のものにしていたんだなぁ…)、あのプラスアクトに「逃げ道」への糸口がなんだか見え隠れしていたり…ちょっとこの三冊、「問題提起="+act"」、「問題解決=ピクト」、「解決報告…だがしかし…=バアフ」とまあ、いまだにぐるぐるしています私の中で(笑)
松は身体じゃなくて、存在自体で哲学している気がします。

そうこうぐるぐるしている中でも、プラスアクトの「僕は悪魔みたいな人間になるわけで」発言に、この間の信ちゃんへの暴露メッセージを思い出したりして大笑いしたマミナミでした。
…すいません、なんだか意味不明な文章になってしまいましたが。

Re: BARFOUT!と+actとピクトアップ 今さら…

超 大 作・・・!!!
ていうか もはや 感動巨編。
愛が満ち溢れる4冊分の考察集、ありがとうございました!敬礼。
バアフとピクトの対談については、私もこれは是非記事にしたい!と思っていたのですが、感じたことがなかなか文字にできずちんたらしていたところ
tmcさんがわいの思ってたこともスッキリそのまま
書いて下さったので もう思い残すことはありません!!!(笑)
マミナミさんの「問題提起」→「解決」→「報告・だがしかし・・・」も、まさにそのとおりですねえ〜
ピクトで、松ケンが今のタイミングで名越先生と対談してくれてること、私もなんかほっとしました。
あ゛〜松ケンを考察・哲学することは本当に面白いですね。。。
人の成長を見守ってる場合じゃないくらい自分のほうが全く発展途上の人間だというのに
ケンイチの成長の観察に病みつきです(⊃Д`)))

そして、tmcさん風邪完治したんですねーー良かったです☆
これからまた寒くなりそうなのでお体気をつけてくださいね♪
年末年始の松ケンフィーバーがいよいよ始まりますし
体力つけとかないとーー!!


こんにちは

お久しブーです、tmcさん☆風邪完治してよかったですね(^^)更新楽しみにしていましたよん。
私は松ケンのインタビュー読んでいて、わかるようでわからないことが多かったんです。わかったフリはしたくないから何度も読むんですけど、それでも完全には理解できなくて。だからtmcさんの考察読んで、なるほど〜とか、そうそう!ってスッキリしました☆ありがとうです、tmcさん!

人間って自分の中にあるモヤモヤを、人と話したり言葉にすることで少しずつ消化していくんですよね。でもそれってけっこう大変な作業。モヤモヤを言葉で表現することは難しいし、人に思いを明かすことだって勇気がいるし…だから松ケンてすごいなーと思うんです。同じようにtmcさんもすごいです。
カムイ後の松ケンがとっても楽しみです!!カムイに入っているときの松ケンは、佇まいとか顔付きとか、びっくりするくらい変わっちゃうんじゃないだろかと密かに思ってます☆
(わーん!長文な上に、支離滅裂ですみません!)

  • 20071101
  • ツナコ ♦ehuBx04E
  • URL
  • 編集 ]

●yukiさん
私も「連載イエッフー♪」「写真だ写真だ薄眉だー、ヤフー♪」ですよ(゜∀゜)
なので+actとピクトを読んだ直後の感想読み返したら写真のことしか書いてなかったです(笑
でも先月は全部の記事がリンクしている感じで興味深くてこんな長文になっちゃいました。びっくりびっくりです。
プラスアクト、松ケンが晴々できてよかったですよね。
正直、こんな長文呆れられてしまうのでは?と、書いた後に心配になったので
“愛”が文章に出ていたとしたら本当に嬉しいです。
ホッ…☆

●マミナミさn
お加減はばっちしです!
それで一緒にぐるぐるぐる〜です。はい。
やっぱり考察しちゃうんですよね。

「問題提起="+act"」、「問題解決=ピクト」、「解決報告…だがしかし…=バアフ」
まさに!まさにそうですね!さすがマミナミさん。
もう+act読んだ時は私もぐるぐるしちゃって大変でした。バアフはやっぱり「だがしかし…」なんですよね。カムイ明けの連載が楽しみです。
松は身体じゃなくて、存在自体で哲学している気がします。
ま!まさに!う〜ん。松ケンもマミナミさんも深い。
全然意味不明なんかじゃないです!ウンウンって頷きまくりです!
こうやって一緒に考えたり成長できる松ケンだから好きなんでしょうか私達。

私もあの信ちゃんへのメッセージはかなり笑いました。
悪魔め…キヒヒヒ☆そんなお茶目なところも好きですよね、私達松ケンファンは☆


●K♪さん
敬礼(゜∞゜)ゞビシィッ
K♪さんがご自分のブログで感想書きますって仰ってたのにアップが伸びてたから、もしや私と同じことになっているのでは?と勝手に想像していたのです(笑
私もピクトとバアフは面白い!記事にしたい!と思って感想アップしますと書いたもののなんかうまいこと書けなくて、そんで+actもちゃんと書いてなかったから書きたいと思ったんですけど、でも+actが一番難しくてグルグル何回も書きなおしました。
3冊まとめて読んで、書き始めたらだんだん頭のグルグルがまとまってきました。
う〜ん。書いて良かった!
っていうか、あり?K♪さんはもう書かないの?(笑
マミナミさんの「問題提起」→「解決」→「報告・だがしかし・・・」は本当にまさに!でした。
+actだけ読んだ時は、松ケングルグルになっちゃった…と思ったけど、どんどん変化していってて、ピクトは本当によかったねって思いました。
私も人の成長ばっかりに気を取られている場合じゃない発展途上人なんですけど、
もうケンイチが眩しくて眩しくて☆追わずにはいられないのです。
一緒に成長したいものですね!

風邪は今回に懲りて気をつけます!ありがとうございます♪
フィーバーフィーバー、イエ〜イ♪

●ツナコさん
お久しブーです!
(ブーって超笑ったんですけど、これは流行ってるんでしょうか?ブー☆)

「わかるようでわからない」これわかります。
松ケンって「人間として自分に点数をつけるならば、 100点をつけたいです」みたい凄くストレートにがつんとくる言葉の時と、まわりすぎてよくわからない時があると思います。10月はグルグル月間だったような気がします。
私も読んだ直後は凄く読み応えがはあったんだけどモヤモヤ〜っとしていて、書いてるうちにクリアーになってきて、それがツナコさんのスッキリにも繋がって凄く嬉しいです☆
ツナコさんが仰る通り、言葉にするのって凄く勇気がいることだと思います。
「別に必要性がないのなら自分を見せたくない」っていう松ケンの気持ち、凄くよくわかるんですよね。
松ケンはそれでも言葉を発していて、本当に凄いと思います。だから惹かれるんでしょうね。
私は全然凄くないですが、わかったフリはしたくないからっていうツナコさんと同じで、表面上だけ取り繕ったことは書きたくないな〜と思って、一生懸命カ書きました☆
私の勝手な考察なので「違うよ」っていう方もいらっしゃると思うんです。ビビリなんでアップするのちょっと勇気が必要でした。
でも今自分が感じたことを形にできてコメントまで頂けて、やっぱりアップしてよかったです。

カムイ後の松ケン凄く楽しみですよね!!!
それで私達はカムイ後の松ケンの言葉を、また何回も何回も読むんでしょうね。
楽しみです☆
(全然支離滅裂じゃないし、とっても嬉しかったです♪)







  • 20071101
  • tmc ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。