徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週1L+α

4/11に、CQNでの上映が終了するということで
最後の『L chnge the WorLd』を観てきました。

中田監督がジャパンプレミアで
「1週1L」と仰ったときは
「いやいやいやいやいや、それは言い過ぎですよ監督」
と思ったものですが。
気付けば1週1L
むしろ1週2Lになってる週すらありました。
自分でもびっくりです。
同じ映画をここまで見るなんて。
後にも先にも『L chnge the WorLd』だけだと思います。
ムーブオーバーでCQNに移動するまでは
本当に1週1L守ってました。
(前売りのおかげで守れたとも言う)

佐藤Pの戦略にまんまとはまり
チョコ、ケーキ、ペロペロキャンディー、ひょっとこ、
TSUTAYA串刺し、Vapプレスリリース、ローソンDVD、
と特典を求めて前売りケンを7枚も買い
しかもその前売りケンは舞台挨拶では使えなくて
プラス試写会もある、っていう状況に
消化できるのだろうかと正直眩暈がしてましたが

結局前売りケン足りなくなった(;゚;艸;゚;)

3/22にCQNのムーブオーバー初日に
チームデストークショーに行ってからはLを観てませんでした。

2週間の間が空いたことと
その間に『潜水服は蝶の夢を見る』という
松ケンとは全く関係のない
しかしとても印象深い素晴らしい映画を挟んだことで
これは相当なスタートダッシュ(涙の)になるのではないか…
という予感がありました。

前の晩に準備万端整えて
『スピンオフ松田』を見て泣きましたし。
スピンオフ松田を初めて観た時は、佐波さんの
「命をかけて事件を解決したのは私達じゃない、彼よ」
「確かに天才かもしれません、
 でもまだ、まだ二十歳そこそこの青年なんです」
に号泣でしたが、今回久々に見て佐波さんはもちろん
全部通して松田がキました。
そのあと『L FILE No.15』を通しでじっくり見て読んで
もうLを劇場で観るのは明日で最後なんだ…と思ったら
今までピンときてなかった何枚かの写真も全て愛おしくなり
久々にワタリの日記を読んでやっぱり泣きました。

そんな私、最後の『L chnge the WorLd』の映画冒頭
ずっと背を向けていたLが
初めて顔を見せるところで…

「97%の確率でキラは」
ブワッ!!!!!
「日本にいます」
ブワワワワーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!

そのあとキラ事件を振り返る映像とともにL Lawlietが流れて
Lのロゴが下からズンズンズンズ〜ンと出てくるところでもう
ブワワワワワワワワワワーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッッ!!!!!

今までで一番早い涙でした。
今までは映画を最後まで観てLが辿る最期を知っても、
映画館に行けばまた会える
という気持ちがあったんだと思います。
でも、この日は
本当に最後のLなんだ
“さようなら、L。”なんだ
と思ったら
涙やばかったです。
Lのシーンのほとんどで泣いてたと思います。
だって、もうLはいなくなってしまうのだから。

ニアに向かって
Find happiness
と言った時の表情が
何度も観ているはずなのに
何故か今までとは違う表情に見えました。

Lが残したメッセージ
大切にしていきたいです。

ありがとう、L。






そして狂乱の2か月の記録。
『L chnge the WorLd』 1週1L+α
1週間は月曜日スタートの日曜日締めでカウント☆


◇公開2週間前◇
◆1L
1/25 集英社33誌合同試写会
この日初めて『L chnge the WorLd』を鑑賞する。
なんだかんだ言って、一番最初に観たこの日の素直な反応が
自分の正直な感想なんじゃないかな、と思う。
レポはコチラ。
感想はコチラ。


◇公開2日前◇
◆2L
2/7 ジャパンプレミア
2回目の試写会。
レポはコチラ。
感想はコチラ。


◇公開第1週目−1週4L◇

◆3L
2/9 初日舞台挨拶 丸の内ピカデリー1回目

◆4L
2/9 初日舞台挨拶 丸の内ピカデリー2回目

◆5L
2/9 初日舞台挨拶 池袋シネマサンシャイン1回目

◆6L
2/9 初日舞台挨拶 新宿バルト9

レポはコチラコチラコチラ。
楽しすぎた舞台挨拶後の夜お茶の様子はコチラ。


◇公開第2週目−1週1L◇
◆7L
2/17 新宿バルト9
感想はコチラ。


◇公開第3週目−1週1L◇
◆8L
2/24 丸の内プラゼール
シネコンはみやすくていいと思っていたけれど
やっぱり丸の内のスクリーンのデカさはいい!!!
ということに気づく。
『L Wardrobe of change the WorLd』なる展示があり
衣装と小物をガン見。
Lのスニーカーが大きくて
「L、足大きいんだ」と思ってドキドキした。
携帯のバッテリー切れで写メれなかったが
来週もまた来るし(←)その時デジカメで撮ればいいや、と思う。
そういえば、とわさんが地元の映画館でLを見た時
おしゃべりしている不届き者がいて、
危うく傷害事件を起こすところだったというのを聞き爆笑していたが
この日、うっかり自分が傷害事件を起こしそうになった。
うぬれ、カップルめ。


◇公開第4週目−1週1L◇
◆9L
3/2 丸の内プラゼール
前日は、『人のセックスを笑うな』松ケンファン限定上映会だった。
すっごくいい上映会で、みるめをあますところなく堪能。
その帰り道、とわさんと「明日、L観ちゃおうか…」となり
よもやの2日連続松ケン映画鑑賞。
この日初めてL列をゲットする。
窓口のおねいさんに「席のご希望はありますか」と聞かれ
「L列で」とハモッた大人2名。
そして無残にも衣装の展示は終わっていた…。
Lのスニーカーを写真に残せず激しく後悔する。
ロビーで待ってる間にカップルが
「中の声が聞こえる!なんでみんな平気なんだろう…」
と言ってロビーを去っていった。
そう、プラゼールは待ってる間、音が漏れまくり。
でも9回目だから漏れてても大丈夫なんです私達。←
そして久々に大泣きした。涙腺が決壊した。
7Lと8Lの時も泣いてはいたけれど
初めて見たときや初日ほどの涙は出ていなかった。
何回も見過ぎて映画に慣れてきてしまったのかもしれないし
いろいろ面白いところを発見してやろう、とか
疑問点を解消するべく目をかっぴらいて確認せねば、とか
BOYの柿の種とか吉沢が投げたものとか
お菓子とか画面のはじっことか見たりしてたからかもしれない。
何回も観ているからこそできるんだけれど。
でも、前々日にとわさんのレビュー(コチラ)を読んで
初めて観たときの気持ちを思い出していたから
この日は初めて観たときの気持ちが甦ってきてちょ〜泣いた。
そしたら隣のとわさんもちょ〜泣いてた。
間に『人のセックスを笑うな』という別の映画を見て
一旦Lから遠ざかったことも涙に拍車をかけたのかもしれない。
そして、同じ松山ケンイチが演じているのに
みるめとLは全然違くて
前日にあんなに虜になったみるめが
Lを観ているときは全然脳裏に出てこなかった。
同じ人が演じているとは思えなかった。
松ケンって本当に凄い…と思った日だった。


◇公開第5週目−1週1L◇
◆10L
3/9 丸の内プラゼール
プラゼールでやってる間は大きいスクリーンで観たい!
ということでとわさんとemさんとまたまたプラゼールへ。
もちろんL列。
上映前にブルーシップのおかしな点についておおいに語る。
そのせいかこの日は全然泣かなかった。
このまま泣かずに終わるか自分?と思ったら
ニアのところで隣のカップルが泣いた。
男性の方も憚らずに泣くのでちょっともらい泣き。
丸の内にいる素敵カップルの心をLが動かしていることに
感動する。


◇公開第6週目−1週2L◇
◆11L
3/13 渋谷シネパレス7F
京都に住んでる妹が実家に帰ってきた。
初見の妹と『L』鑑賞。
丸の内では上映前にi'll be waitingが流れていたけれど
シネパレスではサントラが流れてた。
BOYがワタリの部屋でお菓子を探してるときの曲とか。
流れてる曲が違うだけで
上映前の待ち時間がいつもと違う雰囲気で新鮮だった。
シネパレスのスクリーンは丸の内と比べたらかなり小さいけど
なんか良かった。
スクリーンと客席のバランスがいいのかな?
画面がクリアに感じたのと、音もよかった。
そして初めて観る妹の空気を察知したからなのか
自分も初めて観た頃のように新鮮に泣いた。
映画が終わったあと妹と目が合って
妹が自分の目をゆび指しているのでよくよく見てみると
泣いてショボショボになっていた。
もともとマンガのDEATH NOTEは妹が買ってきたものなので
Lのスピンオフにどういう感想を持つだろうか…とドキドキしていたが
「面白かった」という感想に安心する。

◆12L
3/16 丸の内プラゼール
もちろんL列。
前の週と全く同じ席でウケた。
丸の内はまだまだ人が入っていた。
客層は親子連れ、カップルはもちろん中年の方も多く、
笑い声やすすり泣きも聞こえる。
嬉しい。
この頃から自分が何回観たのかわからなくなってくる。
この日で前売券を使いきる。
前売券を使える劇場での公開が3/21までだから丁度よかった。
と思っていると、emさんが3/21までに使いきれない…とのことで
指定劇場前売券を1枚譲ってもらう。


◇公開第7週目−1週2L◇
◆13L
3/20 渋谷シネパレス6F
指定劇場用前売券が使える期限に来れる最後の日。
やっぱでっかいスクリーンがいいから丸の内で、と思っていたが
蜷川妄想劇場を見てお喋りに夢中になるあまり
丸の内の時間に間に合わなくなってしまい
渋谷のシネパレスに変更。
でも、シネパレスも画面綺麗だったし音もよくていい映画館だった。
だから問題ないない♪と思っていたら…
何故か6Fの小さい方のスクリーンになってた…。
嘘だと言ってほしかった。
1週間前の素晴らしい7Fのスクリーンとはうってかわって音も小さく
不完全燃焼。
音、音楽が映画にどれだけの影響を与えているか実感。

◆14L
3/22 渋谷アミューズCQN シアター1
ムーブオーバー。
(という言葉をこの映画で初めて知る)
シネパレスからアミューズCQNに劇場を移す。
その記念としてのチームデストークショーに参加。
チームデスはすっごく面白かった。
トークショーのレポはコチラ。
CQNは決して大きな劇場ではないけれど
音が凄く大きくてとても大満足で映画を堪能できた。
(シアター2でスウィーニー・トッドを観た時よりデカイ音だった
 中田監督がお願いしたのだろうか?
 CQNは席とスクリーンのバランス諸々含め
 シアター1が一番好きかもしれない)

事前にとわさんと
朝10:00にトークショーのチケットを入手してから
上映開始の19:15までの時間をどう潰そう、9時間もあるぜ
というのを検討していたときに閃いた。
「ネットカフェのシアタールームで
 デスノート前・後編の上映会しちゃえばよくね!?」
ということで、実はこの日
『DEATN NOTE 前編』
『DEATH NOTE 後編 the Last name』
『L change theWorLd』
3本立て!
というひょっとこな会を秘かに自主開催していた。
公開直前に金曜ロードショーで観ているはずなのに
やっぱりCMが入らない、家族がいないという環境と
画面の大きさ、音の大きさからか、かなり集中。
もはや金ローは観たことにカウントできない。
シアタールーム最高。
前編では今のLとは違う華奢なLに驚愕悶絶。
後編も最初のうちはツッコミ入れたり分析したりしながら鑑賞。
で、やっぱり『Last name』はすっごく面白かった。
『L change theWorLd』はわりと分かり易く勧善懲悪だけど
『DEATN NOTE』はそうじゃないところが面白かったんだ。
そしてとわさんの一言
「やっぱりLと月が同じ画面に入ると緊張感ありますよね」
に驚嘆。
いや、そうなんだけど、それが面白かったの知ってたはずなんだけど
本当にそうだったから。
『L change theWorLd』には無い緊張感だった。
正直なところ、『L change theWorLd』が公開して少したってから
批判的なレビューを読んだり
ずさんなところや物足りないところなどを書いてる文を読むにつけ
それにひっぱられて泣けなくなってる自分が嫌だった。
自分も「もっとああだったら」と思うところはあるから
言ってることは分かるんだけど、
そういうことを言われることで
Lまで否定されてるような気になってしまったんだと思う。
いい映画だった、面白かったと思っているのに
惑わされている自分が本当に嫌だった。
でも、こうして前作を見て、その面白さの理由を改めて確認して
やっとそういう批判を理解した上で超越した。
『L change theWorLd』は
結局、いろんな意味でLの映画で
この映画を支えているのは
L以外の何者でもないんだ。
と思った。
そう思ったら何かが吹っ切れた。

そうしてシアタールームの観賞会
最後の30分は涙涙涙だった。
この間にあの23日間があったんだと思ったら
Lを想ってどんどん涙が出てきた。
特に「月くんも救えずに」は
『L change theWorLd』を観たあとでは重みが増していた。
LがKに向かって言った言葉を思うと
本当に泣けた。
『L change theWorLd』を知ったあとの『Last name』は
今までで一番泣けた。

そしてもちろん
『DEATN NOTE 前編』
『DEATH NOTE 後編 the Last name』を観た直後の
『L change theWorLd』は
これでもか、ってくらいに泣けた。
今まで泣いたことなんてなくて
外国語を操るLのかっこよさにに惚れぼれしていたはずの
ジョアン王妃のヨット転覆事故や拳銃密売などの
ワタリの残した未解決事件のファイルを1人で処理してるシーンで
涙出てきた。

その後も琴線に触れるところが増えてて
上映が終わってチームデスが登場してもまだ泣いてた。
チームデスの登場に感動して泣いてると思われたらどうしよう
違うのに
と余計な心配をした。

この、3本立ては
自分の中では凄く意味のあるものになったと思う。
そしてこの日で1週1Lは終了した。

2週間の間をあけて、いよいよ最後の『L change theWorLd』に。


◇公開第10週目−3週1L◇

◆15L
4/11 渋谷アミューズCQN
劇場での見納め。
感想はこの記事の冒頭に。

最終的に15回『L change theWorLd』を観た。
だけど、大事なのは何回観たかとか
どれだけ泣いたかってことではなくて
Lから感じたことを
どれだけ大切にしていけるか
ってことだと思う。

この映画でLから受け取ったもの
忘れずにいたい。




と思ったら、Lまだ終わってなかった罠。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。
 →煩悩の国の人間万歳
  『ひとまず、渋谷CQNにおいての見納めL。』

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://tmcooo.blog93.fc2.com/tb.php/236-78fa58f5

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

ふぉ〜。゜+(。゜´д`)゜+゜。

すごいです、tmcさん!ちょいとした歴史ですな、こりゃ。
感動しました。

素敵カップルにウルッときたり、ひょっとこな会を開いたり、ブワワワ〜〜〜!!!ってなったり、ご一緒していたわけじゃないのに、なんだかとてもとても共感してしまいました。

私もこないだ見納めしてきたんですが、あれは何ていうんですかね?黒背景に「集英社 少年ジャンプ」とか出てくるとこで、早くもウルッときました。
いくらなんでも、涙くん、フライングしすぎだろう。

でもって、帰りのロビーで男子が、「松山ケンイチ、超かっけぇ」と感想を話しているのを聞いて、なぜか泣きそうになりました。
うん、超かっけぇよな、あいつって言いたかった(。´Д⊂)

見納めたつもりですが、またLに会いにシネパレスへ行ってしまいそうです。

追伸:「潜水服は蝶の夢を見る」よかったですか?母から薦められたので、気になってたんです☆

  • 20080414
  • ツナコ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

tmcさんの愛…思い…伝わってきましたーーー!
ジョワーーー!(涙)
1回1回のLの記録、すごく真摯に正直につづられていて、感動しました。

私は、前売りは子どもに使ったり人にあげたりして減らしたので、回数は及びませんが、多分、五、六回位見ました。
でも、感情の流れがtmcさんと同じで、ふふー^^ってなりました。
最初感動→やっぱ感動→コネタ探し→周りの評価が気になる→やっぱり大好き♪泣く!
みたいな。不思議ですね〜。
こんなに見に行った映画は初めてでしたが、何度見ても飽きないのもすごい。
3/2のプラゼール、私も見に行ってて、ニアミスしたかもですねっ^^確かに、大きくていい劇場でした。
早くDVDで1人でじっくりと見たいですー(気が早い!?)

  • 20080414
  • ゆいんぐ ♦vImNjv4s
  • URL
  • 編集 ]

●ツナコさん
共感していただけましたか〜うわ〜ん。゚+(。゚´д`)゚+゚。
あ、あ、あ、わいの涙くんも
黒背景に「集英社 少年ジャンプ」のところでフライング気味でしたよ。
最後と思うといろんな感情がこみ上げてきちゃってねぇ…。ウルウルと。
ひょっとこな会はおすすめです。
っていうか、あの時チケット売り場でお誘いすればよかった!!!
そしてそして

> 帰りのロビーで男子が「松山ケンイチ、超かっけぇ」

に泣きそうになりました。。゚+(。゚´д`)゚+゚。
男子…う、嬉しすぎる。゚+(。゚´д`)゚+゚。
うんうん、超かっけぇよ、うわ〜〜〜ん
わいもまたシネパレスに行っちゃいそうです。
っていうか絶対行くなこりゃ。

*『潜水服は蝶の夢を見る』は、とってもとってもとっても観て欲しいです劇場で!
 トレーラー見て、暗くて重い実話映画なのかと思ってたんですが
 全然違いました。すごく泣きましたけど。すごくよかったです。
 早くも今年のトップ3入り間違いなしな予感です。
 ちょうど今CQNでやってます!
 この映画をお薦めするなんて、なんて素敵なツナコ母さまなんでしょう☆

●ゆいんぐさん
ビエ〜〜〜〜〜〜〜ッ!
感動だなんて滅相もないです。
でも、Lとの軌跡を刻む〜!と思ったらですね、巨編になってて自分でもびっくり(笑)
小ネタ探しの時期とかを経てやっぱり途中周りの評価とか気になりだしますよね。
でもやっぱり一番最初に立ち戻りました。
ゆいんぐさんも同じでよかったです。素直に書いてよかった〜。゚+(。゚´д`)゚+゚。
何回も飽きずに観れるのってすごいですよね。
松ケンだ出てるからって全ての映画がそうだとは限らないと思います。
試写会で観たとき、この映画なら前売りケン消化できる!って思いました。
プラゼールでニアミスですね〜、あの会のあとですよね、ムフフ☆
ちなみに3/2に観たのは16:00の回です。
わいもDVD出たらまたじっくり堪能したいです!!
佐藤Pによると、通常より早くDVD出るらしいですよ!!


tmcさんの感想読んでたら、また泣けてきました。゚+(。゚´д`)゚+゚。

こうしてみると、本当に狂乱の2ヶ月!!
色んなことを思い出して、胸いっぱいです。
素晴らしい記録をありがとうございます。
リンクもありがとうございます。
傷害事件未遂(笑)、忘れとりました。


まだ、終わってなくてよかった・・・。。・゚・(ノε`)・゚・。


  • 20080415
  • とわ ♦Gp7H1WZc
  • URL
  • 編集 ]

●とわさん
。゚+(。゚´д`)゚+゚。
狂乱の季節はとわさんとともにありました。
分かち合える人と一緒にLを観ることができて
とても嬉しかったです。

傷害未遂…ふわふわで可愛いとわさんの中に一瞬
初音が見え隠れしたわ(笑)
L関連ならやりかねないなこの人、って思った(笑)

そして、まだLに会えるってわかって本当によかったよね。・゚・(ノε`)・゚・。  

L♪

こんにちは☆
こちらでは初めましてでしょうか。
スミマセン覚えてなくてぇぇ(((‘Д’; 三 ;’Д’)))
昨日ケータイから地道にポチポチ見ていたら
なんだか泣けてきました。うるるん。
本当に観る時の体調とか気持ちによって
色んな表情を見せる映画だった気がします→勝手に

私もですね、一度だけ傍に座った中年カップルが
上映中やらエンドロール中に大声で話すので
あやうく流血の大惨事になるところでしたが、
「もういい...もういいよ」の精神で(どんな?)
乗り切りました。ふぅ。

しかし都内はCQNもプラゼールもバルト9も音が良かったです。
うちの方は音が小さくて絶対監督の言ってたボリュームを守ってないっしょ!と思いつつの鑑賞でしたから。

「97%の確率でキラは・・・」のシーンと
オープニングのLがズンズンのところが大好きで
毎回「ちょ!巻き戻し!」と思うので
早めにDVD化という話はとってもうれすぃーです。わーい♪
でもやっぱり大画面のLには勝てないってわけで
後はレイトショーのみですが、私でも観て帰れる時間なので
あともうちょっとLに会いに行きます。わーい♪

  • 20080416
  • ういろうでグッジョブ! ♦vyOXLB1w
  • URL
  • 編集 ]


よくよく考えると、ほとんど一緒に見に行ってましたね、コレ・・・。
本当、分かち合える人たちと観るLってやっぱり違いますよね。
安心して泣けました。


傷害事件はさすがに、Lの顔に泥塗るわけにはいかんのであれですが、
「邪魔はそこまでにして!!!!!」
くらい、言い放ってやればよかったですね。

  • 20080416
  • とわ ♦Gp7H1WZc
  • URL
  • 編集 ]

●ういろうでグッジョブ!さん
えっとえっと、管理人権限で確認してみたところ…
プレミアレポの時に一度コメント頂いてました〜―+。:.゜ヽ(´∀`。)ノ゜
どうやらわたくしども、近くの席に座っていた様ですよ。むふふ。
しかし、あの感動のプレミアからもう2か月…
月日が経つのは早いものですね。
その2か月の間に
感動したりうがったり感動したり感動したり
いろんな見方で『L change the WorLd』を観ました。
でも一貫して飽きなかったのが凄いと思います。
そんなわいの記録で泣けたなんて…
ういろうでグッジョブさんご自身の記録や感情を呼び起こせたんだとしたら
本当に嬉しいです。よかった!

ういろうでグッジョブさん、流血未遂!!!
「もういい…もういいよ」の精神
。゚+(。゚´д`)゚+゚。
。゚+(。゚´д`)゚+゚。
。゚+(。゚´д`)゚+゚。
人間は生きていればやり直せるチャンスが残りますからね…
中年のカップルさんにも映画鑑賞のマナーをやり直して頂きたい。
あ、そういえば私の地元は川崎なんですが
中田監督がチッタが良いって言ってたんで行こう行こうと思いつつ
行きそびれてしまいました。残念。
レイトショー、音がいいといいな〜。

はい!DVDになったらオープニングリピートしてしまって
前に進むのが遅くなりそうです!
うわ〜、L〜
。゚+(。゚´д`)゚+゚。
。゚+(。゚´д`)゚+゚。
。゚+(。゚´д`)゚+゚。

●とわさん
「邪魔はそこまでにして!!!!!」

。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。
。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。
。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。
ハツネ


↑凄いセンスだとわさん!
言ってやればよかった!!!
しかしほんと、安心して泣けた。
舞台挨拶で感極まって泣いたのもLが初めてだったしな〜。
そのときも隣にはとわさんがいました。
これからも末永くよろしくお願いします☆


ぶほっ!!!
こっ、こちらこそ!!ふつつかものですが・・・!!!
末永くよろしくお願いします。


初音さんの名言は、emさんがCQNで合流した際に、
素晴らしい使用方法されていらしゃったので。

これも使えますな・・・。

  • 20080417
  • とわ ♦Gp7H1WZc
  • URL
  • 編集 ]
ひょえ〜

度々こんにちは〜☆
わぁっΣ(‘□’ノ)ノわざわざ調べて下さったんですね。
スミマセン〜スミマセン〜
ジャパンプレミアの時にコメントしたのは覚えてたのですが
私の中でお三人で1セットとなっており・・・
→区別ついてない!?ヒイィ(゚Д|||)(|||Д゚)ィィィ

チッタは監督が観易そうな劇場とおっしゃってましたね☆
舞台挨拶の数日後に観に行かれてたとか。
どこに住んでらっしゃるんでしょ。
確かに座席が頭の上の方まであるのでまったりしますよね〜。
あと段差がかなりあるので、前に座った人がどんなに座高が高かろうと
(私のように・・・(-_-lll))スクリーンが見易かったデス!

ただ舞台挨拶の時よりボリュームが小さい気がしました。
109シネマズ川崎の方も劇場が大きい分、
ボリュームの足りなさがものすごーく気になりました。
勿体ない〜。

CQNはあんなに小さいスクリーンなのに、
ボリュームだけでこんなに迫力が出るんだ・・・とびっくりでした。
シネパレスはまだ一度も入った事無いので楽しみでーす♪
ひっそりと座席に馴染んどきます(/=_・)チラッ

  • 20080417
  • ういろうでグッジョブ! ♦vyOXLB1w
  • URL
  • 編集 ]
どうもはじめまして!

…って、今回は冗談です(いつぞやは失礼しました!)、お久しぶりです。

tmcさんの壮大なL鑑賞記録、後れ馳せながら読ませて頂きました。tmcさんの松Lに対する深い愛情を感じて泣きそうになりましたよ…(ノ_・、)
回数は及ばないものの、回を重ねる毎の感情の流れには私も大きく頷きました。ほんと、これだけ観ても飽きないばかりか、毎回違う感じを味わえるなんて初めての体験ですもん。

しかし…ななな何ですって?またシネパレスでやってるですと?!
私、前売りケン使いきれてなくてCQNの最終週に怒涛の週3Lを遂行したというのに…(T_T)
でも前に観たシネパレスよりCQNの方が断然音がよかったから、それはそれでよかったのかなぁ、とも思ったり。この迫力だからこそ、まだもっと劇場で観たい!という気持ちが強く残った感じがあるので…。今回はどうなんでしょうねぇ。
まだ終わらせ難い気持ちはありありなんですけど…ああ、どうしよう(>_<)

  • 20080417
  • ゆう姉 ♦NkOZRVVI
  • URL
  • 編集 ]

●とわさん
幸せになろうねっ。(違う

emさんは言葉に関する超天才ですな〜。
いつもお二人のおかげで楽しい松ケンライフでございます☆

●ういろうでグッジョブ!さん
管理人は管理画面から簡単に調べることができるのですよ。
ホホホホホ。
なので、どうか恐縮されませんように〜。
ういろうでグッジョブ!さんとの交流は
わいも探偵さんでの交流の方が印象に残ってましたもの☆

チッタの段差はほんと前の人を気にしなくていいので楽ですよね〜。
あと、チッタに入ってるイタリアンラーメン屋さんが気になってるんですよ。
なんだそれ?みたいな。
トマトラーメンを食ってみたいのです。
飲食店の半券サービスもいいですよね。
って、音小さいんですか!?
それは悲しい。
本当に音が大事な映画ですよね。
ういろうでグッジョブ!さんが仰る通り
CQNは劇場の規模とかけ離れた爆音で
音だけでこんなに迫力が違うんだ!と同じくびっくりしました!
シネパレスは7Fは凄くいいんですけど6Fは要注意です。
6Fだったらどうしよう…。
いい音で最後のLを締めくくりたいですよね。
座席は前の空間が広く、背もたれが高いので楽ちんですよ〜♪

●ゆう姉さん
おひさしぶりです♪ありがとうございま〜す。

愛…燦々と…。 ←
もうLに関しては尋常じゃないですね。
でも、尋常じゃない方がいっぱいいらっしゃるとわかって嬉しいです♪
ゆう姉さんも同じような感情の流れでしたか!
本当にひとつの映画をこんなに何回も観ることってないので
それ故の感情の動きも初めての経験だから、驚くやら狼狽するやらで…。
最後にまた初めて観たときのような気持ちに戻れてよかったです。
それにしても飽きなかったですよね〜。

ハッ!最終週にCQNで1週3L!その記録も凄いですね!
でもおっしゃる通り、もしシネパレスが6Fだったら
CQNの方が断然音が大きくて迫力あります。何気に客席数もCQNの方が多いですしね。
だからCQNで前売り使いきって良かったのかもしれません。
終わらせたくないけど迫力あるところで終わらせたい…。
その葛藤すっごくすっごくわかります!!ああああ、わいもどうしよう。゚+(。゚´д`)゚+゚。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。