徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青く、熱く、美しい男

役が“憑依”したかのような彼の演技を見るたびに、
俳優になるべくしてなった人だなと思う。
だが、その裏側で彼は、苦悩し、葛藤している。
そういう姿もまた、松山ケンイチの美しさだ。

―invitation No.65  美しい男 松山ケンイチ



少し前の話になるけれど
invitationが凄く良かった。
松山ケンイチは俳優になるべくしてなった人だと私も思う。
けれど、松ケンが
カメレオン俳優、とか
憑依型
と呼ばれることに
すごく抵抗があった。
映画ごと、役ごとに異なる人間を演じ切る松山ケンイチに
そういう代名詞がつくのは当然のことなのかもしれない。
でも、その代名詞が、あまりに安易に使われることで
その役を、その感情を
いとも簡単に松ケンが手に入れてしまえるかの様な気にさせて
好きではなかった。
彼が役を演じる上で
いかにその人物について深く考える人であるか
私達は知っている。

だから
苦悩と葛藤の上に成り立っている松山ケンイチであり
それが彼の美しさなのだというこの文章が
とても好き。

松山ケンイチに
天が与えた才能があるのだとすれば、それは
役を一人の人間として捉えることができるということであり
その人間について深く考察できることであり
悩めるということである。
だからこそ
カメレオンのようにも
憑依したようにもなれるのだ、と
私は思う。

中田新一監督が先日のポレポレのトークショーで
悩むところが松山ケンイチのいいところであると発言していた。
更にGyaoMagazine2007.4月号で
萩生田監督がこうも言っている。

「(撮影中は)恐れずに悩む人ですね。
 だけど考えて考えて考え抜いた末、
 ポンと全部忘れて真っ白になって演技する。
 メイク室なんかでずっと考えてるわりに、
 演技する時は潔い。
 “考えることは損なことじゃない”って
 彼自身が分かってるんじゃないかな。
 考えて、計算して演技するというよりは、
 考えたことが演技にどう出るか試しているところもあるかもしれません。
 現場の力を信じているんですよね」

悩める松山ケンイチ
考える松山ケンイチ
そういう姿に惹かれつつも
考えた末にポンと真っ白になるということに強さを感じ、
逞しく、頼もしく思ったから
萩生田監督のこの言葉をよく覚えている。


悩んで悩んで
考えて考えて
そうして手に入れたキラメキを携えて前を向いている。
それこそが
役者、松山ケンイチ
人間、松山ケンイチの魅力なのではないだろうか。






秘かに次の記事に続く…
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://tmcooo.blog93.fc2.com/tb.php/263-b0056896

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●鍵コメさん
同じことを私も思うよ
って言って貰って私は凄く嬉しいのです。
松山ケンイチに対して真剣な想いを抱いている人が
自分以外にもいるってことがたまらなく嬉しい。
レポでもなく最新情報でもないこの話に
もったいないほどの言葉を頂いて
こちらこそ本当にありがとうです。

………。

わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!
よかったよ〜〜〜!

正直、「tmcさん、久々に書いたと思ったらこういう話?」
「つまらない」って思う方もいるよな、って思ってたんで
同じ時期に同じようなことを思っている人がいるって
それがわかっただけで心が震えました。
それに、まさかこの時期に1年以上前の萩生田監督の言葉を
頭にしている方がいらっしゃるとは思いもよらず。
それにもとっても驚きました。
そしてやっぱり嬉しいのです。

しかしこの続編として書いたLcWの本音については
本音が炸裂しすぎてみなさんを置き去りにしてしまいそうだな
とも思っています。
なので、あれをアップする前にこのコメントを頂けて
よかった
って思いました。
本当にありがとうございました!
これからも、あなたと同じ想いを共有しながら松山ケンイチを好きでいたい。
そう思う私なのでした。

┏○

Re: 青く、熱く、美しい男

つまらないなんて!
tmcさんの、こういうの(上のL文も合わせて)、好きです。待ってました!
「徒然松山記」のこのデザインがまたtmcさんの文章にピッタリですもんね☆だから、そうでないと、って勝手ながら思ってたり^^
ケンイチもカメレオン俳優って呼ばれることには、疑問みたいですよね〜。あ、それは肩書き嫌いだからか〜。
でもキャッチーでわかりやすくて、ワタシテキにはアリっちゃあアリ^^
ケンイチ好きな我らがわかっていたら、それでいいかと思って♪勝手な思いとぷち優越感(笑)

ケンイチって、考え抜いた結果、実際やってることが違ったりするけど、それがいいカンジになってたりしますよね。
自分を信じてるから、自分が好きだから、自分が自分を味方してるから、できることなんだなぁって、うれしく思います。
2007年4月のGYAOがよく出てきますねーー!tmcさんすごいっ☆
萩生田監督、なるほどなぁ…。

何の更新もしてないマイブログを読み返してみて反省。
去年はなかなか語っているのになぁ^^;
http://d.hatena.ne.jp/yuing/20071128
とか…、ん?語ってないですね。好きかわいいしか書いてないか(笑)
ワタシも、がんばろうっと!たまには考えないとっ!

  • 20080712
  • ゆいんぐ ♦vImNjv4s
  • URL
  • 編集 ]
Re: 青く、熱く、美しい男

ああ、誰が言ってくれた言葉か忘れてましたが(確か他の人もどこかで同じ様なこと言ってくれてた)考えぬいた末に本番ではそれを忘れたかのように自然にその役をやってくれるみたいなことうろ覚えですが憶えててずっとそれが私の中の松山さんの俳優としてのイメージでした
いろんな人がいろんなとこでいろんな彼を語ってくれますが(実際会った人で)なんだか私はこのイメージが彼の真実なんじゃないかと思ったんですよ
なんだか解り難い文ですみませんi-201
だからtmcさんがこういう風に書いてるの読んでもう号泣ものです
こういうトモさんの語りが「好き」を共有できて好きですありがとうございました^^

  • 20080712
  • とも ♦XAUl15Aw
  • URL
  • 編集 ]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●ゆいんぐさん
この熱くるしいブログを好きと言ってくださって、とても安心しました。
ありがとうございます。
┏○
テンプレートのデザインは人セクの時のピンクも気に入ってたんですけど
たまにこう青く熱く燃え上がるから、やっぱこっちの方がしっくりくるな〜
と自分でも思ったりしています。フフフ。

カメレオンに限らず、松ケンはカテゴライズされることが
あまり好きではないんじゃないのかな〜と思ったりします。
私自身も「女だから」とか「B型だから」とかカテゴライズされるのが
あまり好きじゃないんですけど、まあ、規模は違いますが
それに似たような感じがあるかな〜と思いました。
ひとつの言葉でくくられるのを好まないというか。
その言葉の奥にちゃんと個人を見てくれていればいいんですけどね。
&私は欲張りだから、松ケンのことを知らない人に松ケンを伝えるときに
彼の一番の魅力である内面を伝えてほしいと思っちゃうんですよ
(だからたまに「決して美形ではないが」って書かれることは逆にアリです。←)
で、カメレオンも憑依型も無しではないんですけど
その先をちゃんと伝えてくれって思っちゃうんです。
それがプロのライターの仕事だよね、って。
“短い文章の中でも初めて読む人にいかに本質を伝えられるか”
それがプロだよな〜って。
だから今回のinvitationのライターの相田冬二さんは
まさにプロだな〜と思います。
求め過ぎ?

松ケンは考えることを恐れないことが魅力だと思います。
自分を知るためには考えることって必要だと思うので。
年を重ねて考える内容が変わっても、考えるという行為は変わらない。
そういう意味でも萩生田監督のインタビューはかなり印象的で
私の中の松山ケンイチはこのイメージになっていたので凄く覚えてたんです。
あまり覚えてない雑誌もあります 。・゚・(ノε`)・゚・。

私も好きとかっこいいと奇声しか書いてない日もありますよ。←
実際この記事をアップした翌日は 
RolloingStone見てかっこいいかっこい騒いでましたから 〓■●
お互いブログはマイペースでやっていきましょ〜♪

●ともさん
ともさん、もしかしてそれも萩生田監督じゃないですか!?
ピクトアップ2007年2月号 肩書きの無い21歳 の特集の時 〓■●
ちょいと確認してみてください。
それに、もしその記事じゃなかったとしても全然分かり難くなんかないです!
だって、私の中でもまさにそのイメージなんですよ、俳優松山ケンイチは!
そしてその本質は “肩書のない21歳” から 
“22歳、職業・役者。松山ケンイチ” となり
23歳となった今でも変わっていないと思うのです。
だから、実際に彼に会ったことのある人や、仕事をした人が語る彼の姿の中でも
そこに焦点を当てて表現してくれている人の言葉はすごく覚えてます。
そして、ともさんとこの想いを共有できるということがすっごくすっごく嬉しいです。
最新情報も何もない、発売から一体何日たってるんだって内容の語りに
こんなにもありがたいコメントを頂いて私が泣きそうなのです。うぐっ。
本当にありがとうございました。

┏○

●鍵コメ kさん
私こそいつもあなた様に想いを代弁して頂いてるようなものです!
書きぞびれていたことを的確に表現してくれて
いつもありがたく思っているのは私の方です!
今回も頂いたコメントにどれだけ頷いたことか!
頷きすぎて首がとれます 〓■  (((●

>本当は、ケンさんが凄いのは 変幻自在に演じ分けられる才能を持ってるからだけじゃない、
>たやすくそこへ行き着いているわけじゃない、
>そのお芝居が生まれるまでにある濃厚なものが 
>彼の才能であり魅力であり個性なんだということを
>もっと皆に分かって欲しいのに。。。

あああああああああああああああああああああ、そういうことなんですよ。
そうなんです。
それを私も常々思っていたのです。
神様が松ケンに俳優としての才能を与えたのは紛れもない事実です。
だけど、その才能の上にあぐらをかいていないというところが
彼の真の才能であり魅力であり個性なんですよね。
そしてそれをみんなにもわかってほしい。
才能があるからって楽して俳優出来てるわけじゃないんだよってことを。
役を自分自身として得るまでの過程があるからこそ
役を生きることが出来るんだということを。
才能という言葉だけで松山ケンイチの凄さを片付けてほしくない。

でもね、本来その過程は映画を観る者にとっては見えなくてもいい部分だと思うんです。
裏側を知らずとも作品だけを見て素晴らしいと思えるものが
本当に素晴らしいものなんではないかと。
ただ! 過程が見えなくても、その過程を経たか経てないか、どういう過程を経たのかで
作品も役も、見え方が全く違ってきますよね。得るものの大きさが違うから。
悩み抜いたからこそ得られるモノを松ケンは持ってる。
だからこそこんなにも“映画”に愛されているんじゃないかと思うのです。
でも青くて熱い私はその過程を知るのが大好きなんですけどね。←

kさんが普通日記に書いていたという言葉全てに激しく共感しました。
カメレオンとか憑依型とか書くんだったら
kさんの普通日記をキャッチコピーにすればいいとすら思います!

>悩むことが決して負の方向へ向かわず 前進し変わり続けるしなやかな松山氏

これを読んで、私自身も背筋が伸びる思いがしました!
すみません、あまりに素晴らしかったので引用させて頂きました。
本当に松山ケンイチって強い。
悩むこと考えること、それが全部強さとなってるんですよねきっと。
かっこよすぎます。

Gyaoの萩生田監督の言葉、みんなの心に残ってたんですね。
kさんもだったとは…〓■●
で、ピクトアップの 肩書のない21歳 ひっぱりだしてみました。
松山ケンイチを好き過ぎる理由は
Gyaoで萩生田監督が全部語ってくれたとずっと記憶してたんですが、
読み返してみたらピクトアップの萩生田監督もかなりでした。゚+(。゚´д`)゚+゚。
私、萩生田監督の言葉にやられてばっかりです。
『神童』のDVDのオマケで語ってる監督も好きだし。
この人は信用できる。←

ああああああ、返事が長い。
それだけ青く熱いkさんの長文コメントが嬉しすぎたってことです。
本当です。
自分、これからも青さと熱さ、大事にしていきます。
だから青くて熱い仲間でいてください。

あと、Lについてはそう言って頂けるだけで、もう既に涙が出そうです。
本当本当ににありがとございます。

┏○

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●鍵コメ uさん
こんにちは〜☆
全然全然!!!uさんが上から目線とか思ってませんし!!!
むしろコメント本当にありがとうございます。゚+(。゚´д`)゚+゚。

私もほとんどが直感で好き嫌いを感じてると思います。
でも書くことが好きなので、書いてるうちに
「あ、自分はこう考えてたんだな」とか
「こう思ったのにはこういう理由があったんだな」って気付くことがあります。
それが面白いです♪
uさんの
「若いのに努力家でしっかりした考えを持ってる」
これはまさにです!
シンプルながらに松ケンの本質です。
私はそれを小難しい風にこねくりまわしてるだけな気が…。←

それで、誤解を招くような書き方をしちゃったかもしれませんが
幸いなことにこんなブログを書いていても
鍵コメントを下さる方たちも含め
負のコメントを頂いたことって今まであまり
というか、ほぼないに等しいんです。
きっとuさんのように
自分と意見が違っても「フムフム」と読んで下さっている
器の大きい方が多いんだろうな、と思います。
本当に松ケンのファンは心が広い。
もう絶対松ケン本人の人間性がファンにも浸透してるんだと思います。
お気づかいありがとうございます。゚+(。゚´д`)゚+゚。
で、私自身も、
コメントはなくてもこのブログをコッソリ読んで下さっている何百人の方たちに、
いつも感謝の心を忘れないようにしたいと思っています。
『感謝を忘れませんように』 去年の松ケンの短冊による名言。
今松ケンの知名度もどんどん上がってきてますけど
松ケンの真剣な姿とか
何に対してもきちんと考える姿とか
感謝を忘れないとか
そういう良い部分が新しいファンの方たちにも浸透していったらいいですよね!

これからも、コッソリ覗いてくださってるuさんがいることを胸に☆
たまに熱いですが、今後ともよろしくお願いします!

┏○

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。