徒然松山記

或る松山ケンイチファンの日記

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼き狼 レビュー

今更ながら‘蒼き狼’レビュー。
観た時の熱い勢いで書いたら、すんごい長文になってしまったのね(汗
なのでここ数日で短くしてたんですが
結局短くなりませんでした(笑

【単なる一映画ファンのレビュー】ネタバレなし
【完全なる松ケンファンレビュー】大いにネタバレ
の2本立てとなっております。

完全なる松ケンファン視点はネタバレのため、続きに置いておきます。
鑑賞後にご覧下さいませ。
ではでは。


【単なる一映画ファンのレビュー】

正直なところを一言で伝えると

もう既に2回観ているのに、もう1回映画館で観たいと思っている!

というところです。
なかなかこう思える映画って少ないですよね。
お金払う訳だし。
とにかく、あの馬はもう1回大画面で観たいです。
あとは画面の世界感が好きなのかな~。

ここから先は結構な長文です。
これでも削ぎ落としたんですが…。
愛ゆえの長さと思っていただければ幸いです。

大作は大作の楽しみ方があると思います。
DVDでよかったかも…と思う映画がたまにありますが
‘蒼き狼’は映画館で観る映画だと思いました。
舞台挨拶レポでも書いた様に
馬の迫力や美しさ、自然のスケールは本当に巣晴らしかったです。
それに加え、女優陣の美しさ!
とにかく若村さんが凄い。
10代のホエルンは本当に可愛かった。アップでも全然気にならない。
綺麗じゃなく、可愛い。
なのに最後はちゃんとばあちゃんになってる。
これは凄いです。
実年齢はいくつですか?
それから男性俳優陣の気迫!
これらは家のTV画面でみるのと映画館の大画面で見るのとでは全く違う。
この迫力は映画館サイズです。

でも、大作ならなんでも面白いという訳ではありません。
その昔、‘蒼き狼’と似たような
今までにない騎馬数の戦闘シーン
類を見ない制作費という宣伝文句で‘天と地と’という角川映画がありました。
映画館で見たのですが、私にはいまいち響かなくて。
だから実は‘蒼き狼’にはあまり期待していなかったのです。
反町隆史があんまり好きじゃなかったし、
松ケン出るからとりあえず行っとくかって感じで、
凄い宣伝費だけど大丈夫?ほんとに面白いの?なんて思ってました。
でも、ちゃんと面白かった!

ちなみに我が家では反町さんのことをポイズンと呼んでいました。
(彼の作詞した歌のタイトル)
が、蒼き狼鑑賞後は敬意を表してポイズンからハーンに格上げされました。

ドラマとしてもうまくまとまっていたと思います。
いくら迫力があっても物語がつまらなかったら面白いとは感じません。
ジュチが戦うシーンが無いことに関しては
松ケンファンとしては残念ですが
映画の流れとしては全く気になりませんでした。
一人ひとりを掘り下げたらとんでもないことになるんだと思いました。
むしろ、ハーンは戦うジュチを自分の目では見ていない訳だから
ジュチの戦闘シーンが無いことで
ラストシーンで観客がチンギス・ハーンと同じ想いを共有できるのではないかと思いました。

また、テキスタイルや民族衣装などが好きなので
衣装やインテリアも楽しめました。
デールの色彩やアクセサリー、お布団(?)のステッチなどは見ていて楽しかったです。
これも結構大きなポイント。

日本人がモンゴル人を演じることについては全く抵抗なかったです。
映画じゃ珍しいのかもしれないけど、舞台じゃ当たり前ですよね。
日本人、よくギリシャ人とかローマ人になってるじゃないですか。
そんな感覚です。

Araさんの日本語がやっぱりぎこちないところは
「他部族だから訛りがあるんだね」と勝手に拡大解釈。
適度に想像力を働かせます。笑

とにかく、‘蒼き狼’は映画館で観るための映画でした。
面白かった!

安心安心。



で、続きには完全ネタバレジュチケンフューチャーレビューがあります
【完全なる松ケンファン視点】

膝を抱えて登場するジュチに萌え(笑
いいんですか、あんなに拗ねてて。
デールで手が隠れてるのとか激可愛いんですけど!
ジュチに関してはこの映画以外全く知識ないんで
可愛すぎてちょっと心配です。
弓を射る時にこれを使うのです、のジュチは何度見ても死にそうになります。
2度目の北方行きを命じられてテムジンにくってかかるも認められず
ハサルを振り切って出て行ってしまうところなんぞは
涙にキュンキュンです。
TVCMじゃ涙に気がつきませんでした。
あと、自分もやっと天下分け目の戦に行ける、
と喜ぶ姿は本当に無邪気な笑顔で、こんなに愛くるしくていいのか?
武将なんだからもっとキリリとしていなくていいのか?
なんて心配になるほどひたむきで愛らしかったですね。
結局可愛いさにやられまくってるんですけどね。

松山さんがキネマ旬報で
『結局僕がこの作品で出来たのは
父に尽くしたいというジュチのひたむきな部分だけで
極端に言うとそこしか出来ませんでした』
と言っているように、ひたむきさと父親に認められたい!
という想いを物凄く感じることができました。
松山さんは弓のシーンがカットされたことで
何故自分はあそこまでしか出来なかったのか、と自問しているそうですが
確かに武将としてのジュチの強さはあまり表現されていません。
しかし、私はそれすらも監督および角川氏の演出なのではないか?
と思いました。
最後に毒に侵された瀕死のジュチ皇子が
大帝国の王である父親に心配をかけたくないという理由と、
隊の長である自分の病気が分かったら敵に攻め込まれてしまう、
だから敵に知られてはいけない
という理由で毒のことを隠していたというエピソード。
それが判明する時に、初めて武将としてのジュチが表現されるわけですが、
そこで誰もが
「ジュチー!そうだったんか!」
と感動するわけで。
だから、最後の武将っぷりにインパクトを与えるために
その他のシーンはあえて‘ひたむきジュチ’‘拗ねジュチ’をフューチャーするという手法?
と考えたんですが。
いかがなものでしょうか?

ジュチが謀反を企てたと誤解し激昂するハーンに
死にそうな声で「ハーン…、チンギス…ハーン」
と呼びかけるところが凄く好きです。
そこからラストまで、本当に素晴らしい松ケンでした。
ハーンの腕を掴むジュチの手がなんとも切なかったです。

ジュチ、登場シーンは少ないですが、良い役でした!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://tmcooo.blog93.fc2.com/tb.php/27-1f857c63

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。